本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 16 17
18 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新CM
ご無沙汰です(返信済)
(06/19)
その後の今井(返信済)
(03/03)
(01/07)
(01/05)
無題(返信済)
(01/03)
最新記事
(08/19)
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[74] [73] [72] [71] [70] [69] [68] [67] [66] [65] [64]
天候次第で、振替の休みを活用して近々白岡町方面の彷徨を予定。
毎度のことながら、未だ資料集めなどが不十分...などと考えている場合ではなく、彼岸の墓参りにも行かなくては。

4年近く前に亡くなった父親の印象が薄れかけてきていることは確かなようです。
自分のほうが次第にあちら側へ近づきつつあるというにも拘らず、親不孝も甚だしい忌々しき事態。
かといって、彼岸の最中に都立染井霊園に墓参に出かけるのは、極度の線香の煙のアレルギーをもつ自分にとっては大問題なのであります。
4年近く前に実父と義母が続いて亡くなった時には、半年以上もアレルギー性喘息が継続。

簡易型のガスマスクを装着して墓参するよりも、10月上旬に豊島氏関連の平塚城付近の散策と合わせて出かけるべきかなどと思案中であります。


進退窮まった「小高氏館」
2006/09/17 撮影 比企郡滑川町にて

拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
Trackback
この記事にトラックバックする: