本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新CM
(12/09)
(11/30)
(11/28)
(11/11)
(09/24)
最新記事
(12/03)
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
更新に伴う整理作業のためにいろいろと調べていったところ、次々と懸案事項が累積しました。

◎「大舘八幡宮」について
 南方約400mに所在する大舘八幡宮の縁起(※「新田一族の盛衰」(2003/久保田順一著/あかぎ出版)では大舘氏初代とされる家氏が勧請したとしているが、仮にこれが「現地説明板」に記されているように近世の建立(勧請あるいは再興か※この点について「角川日本地名大辞典」では「旗本(黒石藩立藩以前の津軽藩分家)津軽信敏の再建」としている)だとすれば大舘氏との関連性はどうなるのか)とその存在意義について

◎「近世津軽藩代官陣屋時代の実相」―陣屋支配の領域と代官陣屋の所在地

◎「その後氏明以降の大舘氏一族の事跡の記録―氏明の子であるとされている義冬(基本資料「大舘持房行状」)と氏清(基本資料「軍記関岡家始末」)ならびにその子孫の事跡とその記述内容に関する信憑性

等々次々と気にかかる懸案事項がいろいろと累積し始めてしまい収集がつかなくなっています。

拍手[3回]

いちおう本業の方の中世城館跡関連のHPを編集中のこと
昨年11月に訪れた郡山市の「瓜坪館」について色々と調べているうち、ただひたすらに疑問が増幅する一方なので、まず参考になりそうなものは見つからないだろうと思いつつもいちおう「瓜坪館」でググってみた

案の定検索結果はお馴染みの広告宣伝などの項目が嫌というほどずらりと出現
ところが検索結果の少し下の方に行くと多少は参考になりそうなサイトがヒット
おっ物好きな人もいるものだと嬉々としてサイトを開いてみるとなんと自分のサイトであった(^^ゞ

もっとも郡山市富田町にも富田8館のひとつとして「瓜坪館」が存在したという「伝承」のあったことを確認できただけでも有意義なのかも知れない
しかし更新後2年も経過していないのにほぼ完全に忘れているという自分に呆れる始末に
その一方でたまに自分のサイトを覗くのも悪くは無いなどとも思うのであった

拍手[4回]

今年に入り珍しく「植物関係」は90件近く新規追加を行い、「城館関係」も郡山市を中心に60か所近くをコツコツと新規追加しております。
しかし、先週の火曜日にまた「つくば植物園」を訪れ、約4時間半ほど園内に滞在し約120種以上の植物画像とその花の様子を撮影してまいりました。
このため花の未更新画像は確実に約300種以上(細かく集計すると400種近く)となってしまい、そのうち200種以上は植物園などで撮影したものであることから、その名称などの下調べにはそれほど手間がかかりませんが、老眼と気力の低下が進んでいるため、仮に毎日1件ずつコンスタントに更新できたとしても、ざっと1年先まで未更新在庫を抱えていることとなってしまいました。

ほかに城館関係の未更新件数が約500件もありますので、仮にある程度手を抜きながら年間200件ずつ更新できたとしても4年先まで作業で埋まっていることになります。
さすがに古稀を過ぎてまでのHP更新という事態は想定できないでおります。

拍手[3回]

本日、お陰様を持ちまして「植物図鑑」に掲載している植物の数が200件に到達いたしました。

あくまでも、城跡めぐりの片手間にはじめたという事情もあり、なかなか収録件数が増えませんでした。
今回は画像の整理・捜索から始まり参考資料等に目を通すことを含めて、約10日間で25件分を追加更新できましたが、しばらく関わっていなかったことから慣れてくるまでに時間もかかり結構疲れました。

このような具合ですので、今後もそれほどは増えないと思いますが、夢の島熱帯植物園で撮影したものなどの在庫も多少はありますので、何とか年に10件くらいは追加していきたいと思います。

拍手[1回]

郡山合戦時に関連していたと考えられる城館の位置関係を古い航空写真に再現してみました。

画像上部の「山王館」(拙サイトでは久保田山王館)は郡山合戦時の伊達氏側援軍の最前線と考えられ、その右の「久保田城」(別名比丘蓮館か)がその出城で、これに比して「稲荷館/郡山城」は伊達氏側に属しているものの敵中に孤立し安い立地であることも明瞭です。
一方従来は郡山城に比定されていた台地に所在している「伝郡山城」(一説には茶臼館とも)の方は逢瀬川の対岸に所在しており、佐竹・蘆名連合軍の陣城説も頷けます。

自分にとっては多少分かり易くはなったのですけど、いちおう関係する文献を可能な限りあたったりしているのでこれを作成するのは結構な手間です。

拍手[1回]

先ほどアクセスカウンターを見ていたら、110万件を超えていました。
近年はあまり更新していないサイトをご覧いただき心より感謝申し上げます。

ちなみに現在の未更新件数は400か所余りとなっております。
にもかかわらず、年内にあと少なくとも50か所くらいは訪問する予定でおります。
年間の探訪件数に対して、その更新件数は2割未満ですので永遠にその溝は埋まることは無さそうです ^_^;

拍手[4回]

季節柄、「更新」のところに、「冷やし中華」を入れたくなるような陽気が続きますが、先日からHP更新を再開しています。

ここ数年はパソコンの不具合などが続いたため、幾度となく更新を中断してきました。
そのうちに、いよいよ更新の仕方を忘れたりするような年へとに突入してしまい、いよいよボケが始まったかとも思いましたが、どうにかして作業しております。

とはいうものの、すでに300か所以上もため込んだ未更新の山が聳えているので、感覚的にやりやすい箇所から手を付けているため、残念ながら今後永久に日の目を見ない箇所もありそうです。
つまりは気の向いたところから手を付けているような次第であります。

そうした事情を考慮せずに、秋以降には性懲りもなく複数の遠征も計画しております。
どんなに更新作業を急いでも、能力的には年間100か所くらいが限界なので、こうした未更新在庫は今後も増え続けていくことになるものと思われます。

「老化に伴うPC操作不能が先か、足回りの劣化が先か」という何とも情けない状態ではありますが、何れにしましても、これに「文献、史料」などの読込作業などを含めると、恐らくはあと数年程度が限度なのかもしれません。

拍手[1回]

さきほどこれまでに訪れた城館跡をあらためてカウントし直してみました。
すると何と未更新の塩漬け物件がとうとう30パーセントの大台を超えておりました。
無論未更新の件数そのものも、とうに300件を遥かに超えているような始末なのであります。

定年退職した2011年以降から各種ブラウザ対応、言語表記、画面解像度、携帯対応など様々な互換性などを一切考慮せずに従来通り更新していくのか否かなどといろいろ思案を重ねているうちに、どんどん記憶も遠視も進むなか無情にも年月だけは瞬く間に過ぎ去り、ただ只管に在庫物件が増殖していく管理人なのでありました。

拍手[1回]

昨年7月下旬に発生したディスク故障に続きいまや恒例となってしまった感のあるパソコン環境の不調。
今回は今までの経験に照らし電源ユニット若しくはマザーボードに原因がありそうと推察。
結果はマザーボードの不良。
そのような次第で先月の10日過ぎから今月の20日まで約40日間ほどパソコンに触れず仕舞いの日々が続いておりました。
 進行する老眼そのたもろもろの事情も加味されて、ますます更新作業が縁遠くになってしまうのでありました。

拍手[1回]

ボケ防止もかねてほぼ一年遅れで漸く昨年末に訪れた京都市内の城館跡の整理を始めたのですが、3連続で「寺構え」が続いていることから、この際とばかりに中世の法華宗について調べ始めてしまいました。
有名な「天文法華の乱」は別としても、天台宗と法華宗の関係、法華宗の分派の経緯も本願寺との関わりといったあたりを頭の中で再構成中です。
む、たしか4年前にも同じような経過を辿ったようにも...
このようにしてサイトの更新は再び休眠の時を迎えようとしているのであります(-_-;)

拍手[1回]