本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
2 3 4
5 7 8 9 10
13 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新CM
お大事に(返信済)
(03/26)
大築城の石積(返信済)
(03/19)
(03/11)
(03/05)
(02/26)
最新記事
(03/18)
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6]

本日、お陰様を持ちまして「植物図鑑」に掲載している植物の数が200件に到達いたしました。

あくまでも、城跡めぐりの片手間にはじめたという事情もあり、なかなか収録件数が増えませんでした。
今回は画像の整理・捜索から始まり参考資料等に目を通すことを含めて、約10日間で25件分を追加更新できましたが、しばらく関わっていなかったことから慣れてくるまでに時間もかかり結構疲れました。

このような具合ですので、今後もそれほどは増えないと思いますが、夢の島熱帯植物園で撮影したものなどの在庫も多少はありますので、何とか年に10件くらいは追加していきたいと思います。

拍手[1回]

郡山合戦時に関連していたと考えられる城館の位置関係を古い航空写真に再現してみました。

画像上部の「山王館」(拙サイトでは久保田山王館)は郡山合戦時の伊達氏側援軍の最前線と考えられ、その右の「久保田城」(別名比丘蓮館か)がその出城で、これに比して「稲荷館/郡山城」は伊達氏側に属しているものの敵中に孤立し安い立地であることも明瞭です。
一方従来は郡山城に比定されていた台地に所在している「伝郡山城」(一説には茶臼館とも)の方は逢瀬川の対岸に所在しており、佐竹・蘆名連合軍の陣城説も頷けます。

自分にとっては多少分かり易くはなったのですけど、いちおう関係する文献を可能な限りあたったりしているのでこれを作成するのは結構な手間です。

拍手[1回]

先ほどアクセスカウンターを見ていたら、110万件を超えていました。
近年はあまり更新していないサイトをご覧いただき心より感謝申し上げます。

ちなみに現在の未更新件数は400か所余りとなっております。
にもかかわらず、年内にあと少なくとも50か所くらいは訪問する予定でおります。
年間の探訪件数に対して、その更新件数は2割未満ですので永遠にその溝は埋まることは無さそうです ^_^;

拍手[4回]

季節柄、「更新」のところに、「冷やし中華」を入れたくなるような陽気が続きますが、先日からHP更新を再開しています。

ここ数年はパソコンの不具合などが続いたため、幾度となく更新を中断してきました。
そのうちに、いよいよ更新の仕方を忘れたりするような年へとに突入してしまい、いよいよボケが始まったかとも思いましたが、どうにかして作業しております。

とはいうものの、すでに300か所以上もため込んだ未更新の山が聳えているので、感覚的にやりやすい箇所から手を付けているため、残念ながら今後永久に日の目を見ない箇所もありそうです。
つまりは気の向いたところから手を付けているような次第であります。

そうした事情を考慮せずに、秋以降には性懲りもなく複数の遠征も計画しております。
どんなに更新作業を急いでも、能力的には年間100か所くらいが限界なので、こうした未更新在庫は今後も増え続けていくことになるものと思われます。

「老化に伴うPC操作不能が先か、足回りの劣化が先か」という何とも情けない状態ではありますが、何れにしましても、これに「文献、史料」などの読込作業などを含めると、恐らくはあと数年程度が限度なのかもしれません。

拍手[1回]

さきほどこれまでに訪れた城館跡をあらためてカウントし直してみました。
すると何と未更新の塩漬け物件がとうとう30パーセントの大台を超えておりました。
無論未更新の件数そのものも、とうに300件を遥かに超えているような始末なのであります。

定年退職した2011年以降から各種ブラウザ対応、言語表記、画面解像度、携帯対応など様々な互換性などを一切考慮せずに従来通り更新していくのか否かなどといろいろ思案を重ねているうちに、どんどん記憶も遠視も進むなか無情にも年月だけは瞬く間に過ぎ去り、ただ只管に在庫物件が増殖していく管理人なのでありました。

拍手[1回]

昨年7月下旬に発生したディスク故障に続きいまや恒例となってしまった感のあるパソコン環境の不調。
今回は今までの経験に照らし電源ユニット若しくはマザーボードに原因がありそうと推察。
結果はマザーボードの不良。
そのような次第で先月の10日過ぎから今月の20日まで約40日間ほどパソコンに触れず仕舞いの日々が続いておりました。
 進行する老眼そのたもろもろの事情も加味されて、ますます更新作業が縁遠くになってしまうのでありました。

拍手[1回]

ボケ防止もかねてほぼ一年遅れで漸く昨年末に訪れた京都市内の城館跡の整理を始めたのですが、3連続で「寺構え」が続いていることから、この際とばかりに中世の法華宗について調べ始めてしまいました。
有名な「天文法華の乱」は別としても、天台宗と法華宗の関係、法華宗の分派の経緯も本願寺との関わりといったあたりを頭の中で再構成中です。
む、たしか4年前にも同じような経過を辿ったようにも...
このようにしてサイトの更新は再び休眠の時を迎えようとしているのであります(-_-;)

拍手[1回]

物忘れが多くなったのでメモ

PC環境というものは往々にして立て続けに不具合が発生するらしい。
先月末のSSD交換騒動が落ち着いたと思ったら、昨日の25日には、ルーターの不具合によってネット環境が完全に途絶した。
ルーターの機器故障かと思われたが、原因はルーターの通信環境に関する設定にあった。
個人的に問い合わせをしなければ不具合発生情報を明示しないというその不親切さは一貫していたのであった。

2009年頃にも2か月以上悩まされたことがあったが、あの時はたしかNTT局内ユニットの不具合だった。
その原因を突き止めるまでに要した労力、無駄に出費することとなった経費もさることながら、その後のサイト更新途絶の元凶となってしまったことを思い出した。
PCをめぐるサービス環境は昔も劣悪、今も劣悪、そして将来も。
いささか疲れた。

拍手[1回]

近年はフラッシュ画像や動画の広告が多くなりやたらに動作が重たくなった。
メモリは元々8ギガあり、マシン本体もオンラインゲーム仕様なのでそこそこのスペックのはず。
しばらく更新が滞っていたせいもあるが、レンタルカウンターサーバーの表示機能が著しくダウンしているらしく、現状では当該ページを表示するまでに数十秒を要することもある。

念のためセキュリティソフトで何度か完全チェック。
てっきりサーバートラブルかと思ったほど。
 という次第なので念のためメールしておこう。

と思ったが、カウンター一覧の表示方法が変更されていた。
以前は直近に設置した数件を表示する方式で、現在はすべてを表示する方式に変わっていた。
カウンターの使用件数は900件近いことが影響しているとも考えられるが、よく考えれば先週更新したときには表示時間には何の問題もなかったと記憶。
やっぱりメールしよう。

拍手[0回]

久しく更新が途絶えていたが、3年ぶりとなる更新作業をしてみた。
植物図鑑のほうの更新作業としては実に4年ぶりという体たらく。
このような更新作業が滞ったのには諸要因が介在する。
遠因としては、2009年の時に行われた光回線工事の1ヶ月以上にわたるトラブルで事実上回線が使用できなかったことが挙げられる。これにより未更新コンテンツが激増してしまった。
加えて直接的な要因としては、2011年の大晦日から約1年間にわたって継続することとなった頭位性目眩の発生がある。
次に自宅の転居・改築問題もあり、更新作業に要する時間がとれなくなったことが考えられる。
そうこうしているうちにディスプレイサイズ対応問題、ホームページ作成言語問題等が加わり、視力の衰えがこれに拍車をかけていった。
しかし現行OSでは動作不可能と思われた画像圧縮ソフトの「縮専」とバナー作成ソフトの「簡単バナー」が使用できたので、どうにか今後の見通しがたってきたようにも思えなくも無い。
この無料ソフトはXPモードで快調に動作していたが、OSの切り替えの際に代わりのソフトが見つからずPCを更新した2012年の10月頃からは一切の更新を中断していたという事情もあった。
ところが実際に作業をすすめる過程で、かねてから薄々気づいていたと思われる更新作業の具体的手順を9割方以上も失念しているという深刻な事情が存在していることが判明し愕然としている。
というような次第で、当面は更新作業が比較的容易な植物図鑑を中心として手堅く1日1件程度の頻度を以てすすめていこうと思うのであった。

拍手[0回]