本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新CM
その後の今井(返信済)
(03/03)
(01/07)
(01/05)
無題(返信済)
(01/03)
(01/02)
最新記事
(05/18)
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
車で飛騨市内(旧古川町、旧神岡町方面)に行くには中央高速を松本市経由で高山市に抜けるのが最短なのだが、それでも正味で片道5時間以上は必要らしい。
休憩を含めると実質片道6時間はかかりそうだ。
とくに松本市から先が北アルプスを越えて80km以上もあるのでどうも長そうに思えてしまう。

それに比べればまだ伊那谷方面(伊那市、飯田市方面)の方が正味で約3時間なのでそう遠くは無いのだが、いろいろ調べてみると段丘の田切地形が多いのでいまひとつ盛り上がりに欠けるような感じもしてきた。

当初検討していた恵那方面も悪くは無いのだが、基礎的な資料が決して分では無く更に片道1時間ほどを要し人混みが多そうにも思えたりする。

いずれにしても現下の咳と痰の症状が治まらなければどうにもならないのだが・・・

拍手[1回]

今月は延べ3日間の探訪となった。
中世城館跡だけではなく、中世初期頃の用水路とされている「女堀」や古墳、神社、仏閣あるいは野仏の観賞と焦点が定まらないでいる。
尤も当初はこういうスタンスであったので、本人にとってはけっして違和感のあるものでは無い。

城館跡は合計15か所ほど。
うち明確な遺構のあるものは僅かに2か所であった。
足回りの様子が不透明であるとこから、あまり比高差のある個所には赴いていない。
そうはいっても、今のところはどうにか歩けているので、1日当たり2万歩前後であれば対応できている。

桜が咲き春は少しずつ深まりを見せ始めている。
草木の芽吹きが地表観察の障害となるのは来月20日頃からであろう。
現下の体力/気力に鑑みると、この間に出かけられそうな日数はあと3日くらいである。
今後は少しずつ北上するか、西北へと向かうのかただ今考慮中である。


拍手[3回]

今日は結婚40年であった。
3月でもあり当日はかなり風の強い日で、やたらに砂埃が舞い上がっていたという記憶がある。

始めの頃は別として、子どもが生まれてからはその子育てが生活の中心となり年々この日は忘れがちとなっていったらしい。
その後子どもたちが成人しても、子育て疲れかどうかは分からないのだが、毎年いつの間にか過ぎ去り、どうやら夫婦ともに余り意識してはいなかったように思える。

そして8年前の東日本震災。
ようやく近年になり、家庭的な慶事と社会的な慰霊の日が重なっており、結婚記念日と震災の日が同じであったことにあらためて気がつくような始末なのであった。

還暦時頃はともかく、とうとう古希近い年齢となり記憶力の減退とともに足腰の老化等が進行してきたようだ。
ますます先行きは不透明であり、50周年を迎えるかどうかは全く分からない。
当面は初孫のランドセル姿を見ることが目標のようだ。


拍手[1回]

先月26日から28日まで芽依ちゃんのお守となった。
かくして2月は延べにして12日間のお守であった。

最近は「子どもの歌」の動画がお気に入りのようである。
「線路は続くよどこまでも」もお気に入りの一曲らしい。

今日からは保育園の登園復活予定・・・のはずであるのだが、幼児でもあるので先のことは分からない。

拍手[1回]

(覚え)
20世紀以降における地球科学の見地からはプレートの移動に伴い長い年数を経て山は動くということが定説のようである。
しかしひとりの人間としての高々100年足らずという短い時間の概念からはあくまでも山は動かないように感じる。
「存在」と「意識」の観点から見れば、それはそれで正解のような気もしてくる。


子どもの自分から「地球の成り立ち」という分野はたいそう気に入っていたような記憶がある。
このあと何冊の本を目にすることができるのかは不明だが、現在、地球科学の入門書(おもにブルーバックス)を通読中である。

拍手[1回]