本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
8 9 10
13 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新CM
(02/12)
二条城石垣(返信済)
(01/26)
(01/24)
(01/24)
(01/16)
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6]

1月22日の二条城を訪れる前に近くの畑で見かけたタヌキの子です。
体側面全体に皮膚の炎症が見られ痩せこけていましたが、カメラを向けると興味深そうな仕草を見せて2、3歩ばかり前に来てくれました。
おそらくこの近辺を住処にしているようですが、毛皮の抜け落ちたむき出しの皮膚には傷痕のような痕跡も確認され、この先まだ長い冬を越すことができるのか心配になりました。

拍手[1回]

この日は三日月堀さんに同行いただき、今月3度目となる栃木市(旧西方町)方面へ。
午前6時拙宅集合で一般道を古河、小山経由で北上。
真名子の現地到着時刻は午前8時50分。


真名子城(栃木市西方町真名子字本城)
午前8時50分から10時30分、快晴、ほぼ無風
遺構 堀切、帯郭、腰郭、小口、横堀、主郭ほか
比高差 約80m(南尾根筋のアップダウンを含めると約95m)
南西二重堀切方面を下山する場合には足回りはトレッキングでストック+手袋があると安全

以前は南麓の墓地脇から入山が可能でしたが、現在ではイノシシによる農作物被害防止のためのフェンスが設置され登山ルートが閉鎖されておりました。
どうにかして南尾根から北上し途中3カ所の堀切と横堀などを経て3段ほどの帯郭を登ると20分少々で山頂の主郭へと到着しました。
全体として眺望は樹木の叢生により視界が遮られ良好ではありません。
なお今回はこのあとの予定などを考慮して北尾根、西尾根方面へは足をのばしませんでした。

そこそこ有名な二重堀切の遺構は主郭のある山頂から南西方向へと派生した尾根筋の山麓近くに所在しているのですが、山頂の最上段の帯郭経由での下山ルートはほぼ消失しています。
このため当該帯郭から比高差にして40mくらいは、木の枝などにつかまりつつ、九十九折を意識して急斜面を転ばぬようにして、降りてくる必要があります。

真名子城主郭から西方城の尾根筋ははっきりと目視できますが、50m近く標高差があるために上方から見下ろされている感じが否めません。
なお、車の駐車場所は地元の集会所裏に置かせていただきました。


    南尾根の堀切         主郭の帯郭


    西尾根方面           石切場跡


   南西の二重堀切       真名子城家臣団の集落



西方城(栃木市西方町本城、元)
12時00分から14時00分、快晴、ほぼ無風
比高差 約130m

今月11日に続いて2度目なので、北郭から主郭を抜け、ほぼ消滅した西郭方面を確認し、東郭の遺構から横堀経由で主郭東中腹の郭を通り下山。
郭群の所在する尾根筋からは真名子城を俯瞰するような位置関係になります。


  真名子城から西方城方面      北端郭の小口


 東郭群井戸郭付近の石塁跡       主郭付近



二条城(栃木市西方町真名子字本城)
14時10分から15時35分、快晴、ほぼ無風
遺構 主郭、土塁、郭群、竪堀、小口、石塁(石垣)
比高差 約40mほど

東北道脇の小道からイノシシ除けのフェンスをまたいで41号隧道を潜って行きます。
中腹に所在する開山不動尊付近辺りまでは、林道も整備されほとんど藪がないのですが、石祠脇の竪堀辺りから草木が叢生し始めます。
竪堀から下段の郭に入り東側の郭に回り込みながら主郭北東部から主郭東側の上段の郭へと移動し、登れそうな斜面を探していると主郭東辺の石塁が目に入ります。
この辺りから登ろうとしたのですが、足首の筋力が劣化し這い上がれませんでした。
次に南辺へと回り込みましたが、ここはさらに比高差が増えてしまいました。
ここからさらに西側へと回り込めるかと思いましたが、叢生する樹木に阻まれました。
やむを得ず北西角辺りから主郭へとアタック。
どうにかして櫓台のような幅の広い土塁上部へと到達しましたが、そこから先へは足元が悪く殆どすすめなくなりました。
他のネット情報などを参照してみると、以前よりも主郭部分の藪は密度を増しているように見えます。
また主郭切岸の比高差は、あくまでも目測ですが、北側で約10m弱、南側で8m前後、東側で6m強くらいなので、東側からそのまま登るのが一番楽なのかも知れません。


    ここから入る       小祠右脇の竪堀を登る


  主郭東の郭へのルート      主郭東側の石塁


    主郭北側の切岸        二条城の全景



光明寺城(栃木県栃木市都賀町家中字宿)
15時55分から16時05分、日没まで雲が無く快晴、ほぼ無風

ほんの少し日没までの時間に余裕ができたことから、急遽訪問してみました。
今月11日に続いて2度目で、どうにか日没前に間に合いました。

 
    南西部の遺構        内郭北東部の櫓台
 
 
このあと予定通り栃木市図書館で午後6時頃まで資料閲覧、複写。
復路は県道153号線をそのまま南へと戻り下河原田の立体交差経由で国道50号線を西へと向かい佐野藤岡ICから東北道-圏央道-関越道を経由して午後7時50分に帰宅。
体力劣化の著しい年寄にご同道いただいた三日月堀さんにあらためて深謝申し上げます。

拍手[1回]

先週の1月4日に引き続いて今回も栃木市内へ。
今回は夜明け前の午前6時に自宅を出発。
途中多少の信号渋滞に巻き込まれつつも、現地には概ね予定通りに8時20分頃に到着しました。




榎本城(栃木県栃木市大平町榎本、真弓)
午前8時25分から10時50分
平城
確認遺構 土塁、堀跡など
先週の4日に確認できなかった遺構、旧跡などを訪問

■榎本城の規模についての推論(仮説)

榎本城の規模については、一般に「増補版 栃木の古城を歩く」(2015)は「東西約600m×約400m」、「栃木の中世城館跡」(1982)は、「613m×696m」、「栃木の城」(1995)は「337間×217間(613m×396m)」、「大平町誌」(1982)は「613m×396m」、「栃木市史」(1985)は「東西613m×南北396m」、「復刻版 栃木県誌」(1977)は「337間×217間(613m×396m)」、「日本城郭大系」は「600m×400m」、「日本城郭全集」では「600m×400m」などと記しているように、南北方向よりも東西方向に広がりをみせる記述となっています。
この件については、城域の規模について疑問を呈している「近世栃木の城と陣屋」(杉浦昭博/著)が詳しいようです。
同書によれば、あくまでも西側を流れている永野川と東を流れる巴波川(うずまがわ)、杣行川(そまゆきがわ)が大きく流路を変えていないという前提に立てば、自ずから東西方向の広がりには限界があり、「下野一国」(慶安年間の作)の記述を参考にして、それらの通説とは異なる東西方向400m×南北方向600mの範囲内に収まるであろうとの仮説を呈示し、近世城郭の縄張を想定復元されています。
しかし、この仮説はその脈絡からあくまでも「本多氏によるところの近世城郭」としての城域を考察したものと考えられますし、中世城郭としての実際の遺構の広がりについては、北辺は清光院法王寺の北側にも3カ所に分かれているものの土塁や櫓台?をともなう堀跡も存在しているということも事実です。
またその南限については仮に日蓮宗法宣寺境内辺りが有力であるとし、これらが一帯の城郭遺構であるとの仮定にたてば、実際には南北約700mにおよぶという可能性も考えられます。
この点についてはその築城について、恒久的な「地域支配のための城郭」と見るのか、当時敵対していたとされている「皆川氏や佐野氏に対する陣城」と捉えるのかによっても変わってくる可能性がありますが、良質な同時代史料が限られており、かつ残存遺構が分散しているなどの事情から、いずれにしてもその全容を明らかにすることは困難なのかも知れません。



■近藤出羽守綱秀の墓所 午前8時25分から8時45分
天正18年(1590)豊臣秀吉の関東攻略により、八王子城で討死を遂げたとされる榎本城主の墓所です。
榎本城南西の妙性院境内に所在しています。
「とちぎの古城を歩く」(塙静夫/著)などによりますと、「約500m北に所在する曹洞宗大中寺に所在すると」記されていますが、墓所全体の印象から少なくともこの墓石に関してはだいぶ以前からこちらの妙性院に所在しているように思われます。

 
    妙性院          近藤出羽守綱秀の墓所
 

■本多忠純の墓所
 午前8時50分から9時00分
「宇都宮城の釣天井事件」もで有名な著名な本多正純の実弟本多忠純の墓所です。
正純も幕府内の権力抗争に敗れて悲惨な末路を辿りますが、榎本藩2万8千石の藩主となった弟もまた、家臣により惨殺されるという悲惨な死を迎え、養子を跡継ぎとしたものの病死したために榎本城は廃城となりました。


   本多忠純の墓所        古い五輪塔など


■お墓様と西城 午前9時05分から9時20分
いまでも西城地区で信仰を集めている榎本氏の墓所のひとつで、この時点では正確な所在地は分かりませんでした。
もしかしてこの小さな建物を指しているのかも知れないとも思い念のため撮影しましたが、これは字西城に所在している薬師堂と呼ばれる堂宇のようです。
小山氏の一族とされる榎本氏は当主高綱の時に皆川氏との合戦で討死を遂げたともいわれており、「タカツナサマ」または「お墓さま」などとも呼ばれる神社(尊武神社あるいは武尊神社)として祀られているようなのですが、「大平町史」には所在地が西野田字本郷と記されているのみで、今のところ詳しいその所在地については不明です。


    字西城付近          字西城の薬師堂


■北辺の遺構 午前9時30分から10時50分
前回は時間の関係で回れなかった北辺部の城郭遺構を確認してみました。
残存している遺構は大きく3か所に分かれてはいますが、3か所とも東西方向にほぼ直線に並んでいる形態となっていることから本来は北辺部の外郭を形成していたものと考えても良いのではないでしょうか。
特に永野川に近い西側部分の遺構については、櫓台状の地形も観察され概ね城跡北西角付近に位置していたものと考えられます。

 
  法王寺本堂北側の堀跡        同  前


   その西側の遺構          堀  跡


     堀  跡         土塁の東端付近

 
  そのさらに西の遺構        全   景


     南側から           同   前


 永野川と北辺の遺構遠景        同   前



大宮城(栃木県栃木市大宮町)
11時20分から11時50分、晴れ
平城
土塁、堀、櫓台?
別名 御城、大宮陣屋(大宮藩主堀田正虎2万石)、北城(地名)

城郭遺構関連遺構と思われる地形は大宮神社の南域に、次のように4か所ほどに分散して残存しています。
まず、県道44号線(栃木二宮線)から南参道を約200mほど北上すると、この参道東側(進行方向右側)に高い木立が目印となる小祠を祀った櫓台にも見える土塁(1)があります。

  櫓台にも見える土塁(1)


次にそのまま参道を150mほど北上すると、道は大宮神社境内の前で大きく東(進行方向右側)に直角に曲がりますが、この角にL字型の堀跡と土塁状の地形(2)が確認できます。

L字型の堀跡と土塁状の地形(2)


さらに、そのまま参道を100mほど東へとすすむと稲荷社を祀った土塁(3)が所在しています。
 
  稲荷社を祀った土塁(3)


また、(1)の土塁の個所から参道を北へ50mほどすすむと車両通行止めとなった水路沿いの小道があり、これを道なりに100mほど東進すると進行方向にやはりL字型の土塁(4)が現れます。
 
   L字型の土塁(4)


目視で確認できる遺構は概ね以上でかなり断片的ではありますが、北城と御城などから構成される複郭の城跡の存在が想定できるものと考えられます。




光明寺寺(栃木県栃木市都賀町家中字宿)
12時10分から12時35分、晴れ時々曇り、微風
平城
確認遺構 土塁、堀、櫓台?、小口?

別名を細井城とも呼ばれ、小山氏一族の細井光明が弘治年間に築城したとされるもので真言宗光明寺の境内が城跡です。
北東側の遺構を見る限りでは、本来は二重堀に囲まれた形式の城跡なのかも知れません。
現在は寺院として使用されてはいますが全体として遺構の残存状態は良好で、特に南西部の横矢を意識した土塁と堀跡付近のラインも印象的です。


  南西部の堀と土塁         南側の山門


   東側外郭の北半分        北側の内堀跡


  北東部角の櫓台状地形




西方城(栃木市西方町本城、元)
13時20分から15時30分、晴れ時々曇り 風やや強し
比高差約130m(道がよいので20分ほどで北郭の堀切に到達します)
確認遺構 土塁、郭、堀切、横堀、小口、井戸跡ほか多数

東麓の曹洞宗長徳寺近くに13台ほどが収容可能な城跡見学者専用の舗装された駐車場が整備されています。
山城へと向かう道筋は案内標識も多く、まず道を間違えるような心配はありません。
もっともイノシシが出没する模様で、猪除けのフェンスが設置されていました。
折しも谷沿いの道筋を辿り始めた矢先に、北側(進行方向向かって右)の尾根筋からガサゴソという物音は続いておりました。
谷筋の登り道は途中で右(北)へと分岐して、そのまま北郭の堀切から続く竪堀を通り山上の遺構群へと誘われます。
ここで分岐の案内標識とは異なり、そのまま斜面を登る道をとれば水の手とも考えられる山腹の平坦地(郭)へと続いています。


    西方城の遠景        ありがたい駐車場


    登り口付近          現地解説版


東向きの谷筋に見られる削平地    竪堀への分岐点


 北の郭(小口は画像右から)    横堀を伴う防御陣


   二の郭(二の丸)        土   橋
 

  主郭北側郭の虎口と堀切       同堀切


   主郭北側郭の虎口


    主郭北側小口         同   前


    主郭の土塁          主郭(本丸)


    東側中腹の郭      


    南の郭と堀           石垣か?


    井戸郭下の土塁        井戸郭の土塁


  井戸郭付近の複数の郭      東郭の桝形付近


      東の郭           東の郭切岸


 午後3時半で凍ったまま    高速道路の向う側の谷を登る



今回は始めに再訪した榎本城関係だけで約2時間30分を要してしまい、日没時刻も早いので結果的には再訪1か所を加えても計4か所となってしまいました。
さらにこの時期では、デジカメ撮影に相応しい時間帯は午前10時過ぎから午後2時頃までの4時間ほどで、その前後の計2時間はかなり朝日と夕日に影響を受けた画像となります。
探訪には絶好の季節なのですが、デジカメ画像の撮影にはいろいろと制約も出で来るという矛盾も痛感します。
今シーズンはあと1日ほどは栃木県内を回る心積もりですが、いくぶん風邪気味となってきていることから先のことは分かりません ^_^;
 

拍手[1回]

栃木市を訪れたのは2014年6月以来ですが、その時は全く別用で訪れたために県道11号線の辺りを少しだけ歩いただけで、城館関係は全く探訪しておりません。
少し時は遡りますが、現在は栃木市となっている旧大平町を訪れたのは2009年3月頃のことで、ご案内いただいた儀一さんと共に雨がそぼ降る富田城の辺りを彷徨しただけでした。
今回は先月25日のミニオフの影響も加わり、そろそろ栃木県方面にももう少し足跡を残しておこうと考え決行したものです。
宿泊遠征や昨年神奈川の電車を利用した日帰りなどを別にすると、この時期の車での単独日帰り探訪は実に2011年春先以来のことになります。
また、ここ数年は体調不良が続き山城シーズンの最中には長く風邪を拗らせていることも多かったことも関係しています。

さてこの日は午前4時前に起床し、午前5時には一般道経由にて自宅を出発しましたが、未だ辺りは漆黒の闇に閉ざされておりました。
このため日中の感覚と異なり、何と利根川橋の手前で道を間違えるという失態も ^_^;

高速を利用すれば現地までは休息を入れても約100分ですが、まだ新年の4日目ということもあり予想よりも早く約120分ほどで到着しました。



榎本城(栃木市大平町榎本、真弓)
午前7時10分から午前8時10分、晴れ
確認できる遺構 土塁、空堀

早くとも午前7時30分頃の到着を予定していましたが、だいぶ早く着きすぎてしまいなかなか太陽が昇ってきません。
このため到着時刻から日の出を待つべく10分間ほど待機することに。
畑には霜が降り、辺りの凍てつく空気は氷点下で、体が順応するまで少々時間を要しました。
肝心の遺構は城址碑が所在する個所に巨大な土塁と空堀が残されているほかに、その北側の民家宅地北西側および日蓮宗法宣寺境内北西部にも土塁とおもわれる地形が確認できました。
法宣寺の地形については境内の内側からは些か微妙な按配ですが、外部から見る限りでは一応西側と北側が切岸状の地形を成しているのが確認できます。
また法宣寺境内北側の低地(耕作地)も堀跡である可能性も感じられ、法宣寺と城址碑の所在する民家との間にも南北方向にのびる薬研堀状の堀跡地形を確認することができました。
とはいえ城址碑の個所以外のものが、全て榎本城に直接関係するものであるのかは不明です。
 このときは遺構の確認ばかりに関心が注がれて、榎本氏、近藤氏、本多氏関連の墓所参詣を失念してしまいました。
またこの後、夕刻に訪れた栃木市図書館で閲覧した「栃木市遺跡分布地図」によりますと、さらにその北の法王寺の北側付近にも遺構が存在しているようです。


   日蓮宗法宣寺東参道        同寺山門


   日蓮宗法宣寺本堂       同寺境内北西部


    法宣寺西側           法宣寺北側


  法宣寺北側の堀跡?       法宣寺境内北側


   南北方向の堀跡         同    左


                     城址碑


     空堀と土塁          同   左


   城址碑北側の遺構       西側を流れる永野川


   城址全景(西側から)    熱気球が風に揺られて


 午前8時過ぎになっても暗い
 
 
 
 
沼和田陣屋(栃木市沼和田町)
午前8時40分から8時45分、晴れ
確認できる遺構 なし

「近世栃木の城と陣屋」の記述から推測しますと、目安は「岩下の新生姜」で知られた「岩下食品」の工場の東隣り、県道153号線の東側の旧家付近のようです。
幕府旗本土岐氏2000石の陣屋とされているようです。
周辺は栃木市内の市街地の外れですが、すでに宅地化が進み近世陣屋としての面影はありませんでした。


    南東側付近から      県道153号線の東側


    南西方向から       県道153号線沿い


御辺館(栃木市箱森町)
午前9時20分から9時35分、晴れ
比高差ほぼなし
遺構かどうかは不明な地形の段差は確認できる

「栃木の中世城館跡」によれば、かつては水田との比高差2m、東西約120m、南北約150mの規模で、土塁と堀にわり囲まれていたとのことですが、その歴史的な経緯についてはあまり明確ではない模様です。
北側に隣接する「栃木住宅公園」(住宅展示場)側から拝見すると、比高差2mほどの地面の段差を確認することができますが、如何にも新しい造成工事のような印象があります。
また、栃木日産に近い竹林中にも同様の比高差のある平坦地が目視できますが、外部からではその詳しい様子が確認できませんでした。


    西側の公道から       南隣の鷲宮神社


    住宅公園から         同    前


     住宅公園          北側の小河川


なお、ここでこの辺りの公道上で半家ネコさん4匹と遭遇...というよりも地元のネコ4匹が部外者と思われる爺にストーカーされた、と表現したが合致しているのかも知れません。
2匹のネコさんには逃げられましたが残りの2匹とは少しの間だけコンタクトに成功しました。


   少し怒ってます     やっぱり睨まれているようです



館野城(栃木市箱森町)
午前9時50分から10時00分、晴れ
比高差 なし
遺構 ほぼ無し

「栃木の中世城館跡」や「栃木市遺跡分布地図」の記述によりますと、かつては南東に大沼という湧水池が存在していたということですが、現在は文字通り漢字表記が変わり雨水および付近の小河川の遊水池となっていました。
この遊水地から見て北西側の微高地がその推定地とされている模様です。
現状は宅地化がすすんでいるために、その面影は微塵も感じられませんでした。

このあと車を停めたセブンイレブンにて購入したハムサンドで遅めの朝食兼早めの昼食。


   推定域の中心部付近      南東部の遊水地



泉川陣屋(栃木市泉川町)
午前10時30分から10時40分、晴れ

「近世栃木の城と陣屋」によると、真言宗泉光院の南南西約120m付近に所在する民家付近とされているようですが、現在では屋敷林の伐採などもあったのか景観が大きく変わり微高地である以外にはこれといった地形的な特徴を見出すことができませんでした。
なお、泉光院の南約100m地点に長さ80mほどの土塁状の地形が確認できますが、近世以降の屋敷林に伴う風除けなどのための土塁である可能性も考えられます。


   陣屋跡東隣の屋敷林      推定陣屋跡付近


    南側からの遠景       北方の泉光寺観音堂


吹上城(栃木市吹上町元陣屋)
午前10時55分から11時45分、晴れ
比高差約15m

中世城郭の吹上城が廃城とされた後に、18世紀末に代官陣屋として利用され、さらに幕末の天保年間に上総からの領地替えにより有馬氏1万石の大名陣屋が置かれたと考えられています。
確認できる遺構は、吹上中学校南の住吉神社付近と同校北側に残されているとされていますが、すぐ北側がゴルフ場開発が行われているために直接空堀を目にすることは難しく、あくまでも金網越しに眺めるという状況になっています。
またゴルフ場へと向かう道の西側に僅かに土塁の残滓らしい存在を見ることができますが、この年明けの時期でも草木に覆われて見過ごしてしまうような状況でした。


   吹上中学校南側         住吉神社社殿


    住吉神社の参道       境内の郭状削平地


   境内の土塁状地形        境内背後の地形


  ショートカット不成立      土塁跡の残滓か



   校庭北側の地形


木村館(栃木市都賀町木)
12時05分から12時15分、晴れで弱い風が出始める

「栃木の中世城館跡」(1982)の記述をもとに探訪してみました。
鹿島神社の東約100m付近が館址と推定されているようです。
鎌倉初期佐野氏一族木村氏の館跡といわれています。
市道建設により南側の一部が分断されてはいますが、典型的な平地の方形館の趣がありました。
jまた、北辺には一段低くなった長さ約120m、幅約5m(農道部分を含めると約7m)ほどの細長い区画の水田(堀跡の名残か)などが所在して、往時の景観を髣髴とさせてくれるものを感じました。
 
 
   西方の鹿島神社        北側の低地(堀跡)


   北側の低地(堀跡)      北側の低地(堀跡)


  南西方向からの全景       鹿島神社の全景
 
このあと昨年末からの念願であった「かっぱまんじゅう」購入のため隣の鹿沼市へと移動。
翌日の5日は臨時休業だったので、この日の探訪は正解でした。
また、こうして投資をして今後の探訪に支障を来す懸念(家庭事情)を払拭。


 かっぱまんじゆうの松屋     城もあったし河童もいた


 
神楽ヶ岡城(栃木市都賀町木)
13時30分から14時20分
晴れ時々曇り、のち西方に雲が出て曇りになり冷たい風に変わる
比高差約30mくらい
確認できる遺構 土塁、横堀、郭、小口?
綺麗に樹木等の伐採が行われているので、少なくともあと1年くらいは夏場を避ければ見通しは良好ですが、できればトレッキング程度の足回りは用意したいところですし、この時期、枯葉の切岸はよく滑ります(はい、見事に滑りました)

三ノ宮神社の境内経由、あるいはその西側から北へと延びる小道から丘陵を登ります。
リンクさせていただいている「城郭図鑑」さんなどからの情報の通り、今のところは樹木の伐採と地表の笹薮刈取りの効果などで、ほぼすべての横堀を歩き回ることができます。
これがあと10年も若ければ、るんるんとスキップをしたくなるような快適な探訪を味わうことができました。
比高差約30mほどの独立丘陵に占地したその基本的な縄張は、南北方向に連なる連郭式の3から4の郭を横堀で区画するというスタイルのように見受けられました。
特に東側の丘陵地形は比高差は多くはないものの、その斜度は45度を超える急傾斜を成しておりこちら側からの侵入を固く拒んでいることが窺えました。
ただし、仮に城域を主郭が北限として捉えるとすると、主郭に伴う1条の土塁と横堀だけが存在するのみであり、東北自動車道建設による影響もあり、堀切などの明確な遺構の存在が窺えない北側の緩やかな尾根続きに対する防備の物足りなさが幾分気にかかりました。
また主郭から南側へと分枝している2本の尾根筋の間の傾斜の緩やかな浅い谷戸地形付近にも明確な侵入遮断意図が見られず、この方面からの侵入対策をどのように講じていたのかについてももう少し時間をかけて考察したいという気持ちになりました。
そうしたことを含めて、ここ数年以上は縄張図(概念図)作成を諦めている管理人でも、3時間もあればある程度の縄張図が起こせそうな感触がしましたが、日没時刻までの残り時間と、この後の予定、全体的な疲労の具合、サポーターで保護しているものの次第に増幅する両膝の鈍痛などの事情により踏査を断念しあっさりと撤退。


    南側からの遠景       東側からの遠景


   三ノ宮神社参道石段       境内裏の地形

 
   この右の道を登る    破棄されたバイク辺りから城跡


     横  堀           土  塁


   作業用の道かと         腰   郭

 
     小口かも   


   主郭北側付近の横堀


    主郭の南西下         同  左


    小口かどうか?       西側が高い主郭


    主郭の北端部        主郭南の空堀か?


     土  塁         郭を分かつ空堀

 



良く見れば郭のラインも見える

歴史的な経緯としては、その縄張りの指向性も示しているように、皆川氏による北東の宇都宮氏に対する防備を意図したものと考えられているようです。




西方陣屋(栃木市西片町元町)
14時30分から14時35分、曇りのち時々晴れ
比高差なし
確認できる遺構なし
探訪時期は農繁期を除けばいつでも大丈夫そうでした。

「近世栃木の城と陣屋」などによりますと、おおむね西方小学校の北側の水田が陣屋跡ということのようなのですが、目前には沈みかける鈍い夕日を浴びた寒々とした水田が広がっているだけでありました。
せっかくなので、西側に所在する西方城、二条城方面の丘陵をしっかりと目視して本日の探訪を完了。


   推定陣屋跡付近        西方、二条城方面


このあとは、栃木市図書館に立寄り「栃木市遺跡分布地図」「栃木市史」「西方町史」などの必要個所を複写し、帰宅の途へとつきました。




平成の大合併により栃木県内では、それまでは50か所近くも存在していた自治体が25か所に半減してしまい、未だに新しい自治体の名称とその行政区域が頭の中に入らず難儀をしております。
今回は車を利用しているので16キロメートルほどしか歩いてはおりませんが、近年足元の劣化は止まることを知らず、このように痕跡の乏しい近世陣屋跡で無理やり探訪数を水増してお茶を濁すという悪癖に嵌っております(苦笑)
また、老眼の進行も著しく遠近両用使用6年目ですが県別マップルが、年を経ることに確実に見えづらくなっております。
新しいカーナビは画面も大きいのでまだ何とか見えてはいますが、この調子では乱視の調整を試みても、おそらくあと4年ほどで車を利用した単独での城館探訪は打ち止めとなる公算が濃厚になって参りました。
そのあとは主に電車等を利用した近世城郭+整備された有名所にシフト(ほとんど観光地巡りか)していくことになるものと思います。
また、その後の運転免許証の返納はおおむね75歳頃までを想定しております。
と、そのような感慨を抱かせるに十分な一日なのでありました。
(この記事は1月7日に記述しています)

拍手[3回]

今回も史進さんの企画、運営により、午前7時30分拙宅集合にて直登メンバーで栃木県鹿沼方面へ。
三芳インターから圏央道経由で鹿沼インターまで順調に走行。
早朝気温が氷点下になったもののこの時期にしては、ほとんど風もなく城跡めぐりには最高のコンデションでした。




深津城(ふかづじょう、栃木県鹿沼市深津)
午前9時30分から9時45分
平城

延命寺の南を中心として、折を伴った堀と土塁が残ります。

 
     延命寺           折のある堀跡

 
     同  前         西側の土塁と堀跡


犬飼城(いぬかいじょう、栃木県宇都宮市上欠町字根古屋)
午前10時00分から10時30分
台地先端部、比高差約15m

資料館に車を止めて耕作地を抜けて南の台地先端部の竹林を目指すと、手前には幾らか藪がありますが内部は比較的見通しが確保されていました。

 
                     遠  景
 
 
     遠  景          この辺りから

 
    主郭北側の横堀       主郭北側の土塁

 
 主郭から西の郭へ向かう土橋      横  堀


     帯  郭




加園城(かぞのじょう、栃木県鹿沼市加園)
12時10分から13時40分
比高差約60m

加園字宿集落の北、南部は石灰岩採掘や宅地化によるによる地形変動があるが山林中に横堀がまわる主郭ょ中心とした良好な遺構が残存している。
城跡への明確な道はなく、東麓側の耕地を抜け丘陵鞍部から南へ向かうと城跡に到着します。

 
     東麓付近        正面の鞍部から左へ進む


   主郭南部の横堀       主郭北西部付近の横堀


                

 
主郭南西部の横堀と外部の土塁      同   前


    主郭南西の横堀       唯一の城跡表示

   
   主郭と南の郭の間       主郭と南の郭の間

  
     主郭内部          小口?付近


    主郭南西の土塁        南からの遠景

 
    南からの遠景          南からの遠景
 
 


■陣屋
加園城南東の地点ですが、とくに目立った遺構はありません。


     陣屋付近



凸独鈷城(どっこじょう、栃木県鹿沼市加園)
遠景の撮影のみ
採掘により大きく地形が変貌しています。


   加園城の山中から       宿交差点付近から




滝尾山城(たきおやまじょう、栃木県鹿沼市下南摩町)
比高差約100m
中腹の遺構と山頂部の遺構に分かれています。

 
    招魂社跡付近          堀底道

 
     小口か          中腹の主郭土塁

 
  中腹主郭の西側郭         同   前


     同   前         同   前


   中腹遺構の北限         同   前

 
  山頂遺構南端の四重堀切       尾根筋

 
      山頂部         山頂遺構の主郭


   同主郭北西の郭       同北東遺構の分岐付近


  上記画像北東切岸の石      中腹遺構の主郭

 
                 南麓のコンビニ前から


   交差点付近から         南西方向から


■竹ノ内(たけのうち、栃木県鹿沼市西沢町)
遺構の方はほとんどありませんが、滝尾山城の遠景を撮影するには絶好のポイントになっていました。

 
 竹ノ内(手前)から滝尾山城



以上都合7か所を記していますが、実質は4か所(山城3か所+平城1か所)です。
今回の昼食は餃子のみんみん、夕食は佐野SAと珍しくしっかりと摂取しました。

ここ10年以上、独行の時にはおおむね昼抜きが基本でしたが、年齢も上がっているのである程度食事を摂っている方が疲労感が少ないのかも知れません。

今回は自分にとっては現下のところ最も足の痛みが少ない、ローカット仕様のダンロップの靴を使用。
歩行距離も1万6000歩台と短く、また事前の足の養生対策が功を奏したこともあり、足底腱膜炎と内反小指による痛みはおおむね抑止に成功。
急斜面のトラバースがなければ、足首の問題もないので当分はこの選択もベターなのかも知れず。
珍しく風邪も治りこの状態が維持できれば、例年になく来月は計3日くらいは出かけられそうな気がします。
以上備忘録代わりに記しておりますので、詳細なテキストは省略しております。
とはいうものの、画像整理から始めて何と延べ8時間近くを要しました ^_^;

拍手[1回]

まったく天候の先行きが不明。
最新の天気予報では風雨を伴う荒れ模様との由。
しかし宿泊しているホテルの8階から空を眺める限りでは急変の予兆は感じられず。

再び油日方面へ向かい和田をまわるのか、それとも鉄道事情を考慮し確実に15時26分発の上り新幹線に乗車すべく早めに京都へと戻るべきなのかについて逡巡。
南からの強風の場合には、草津線、東海道本線、新幹線などのダイヤに乱れがでることは必定かと予測。

最終的に甲賀山中での天候急変だけは避けるべきと判断。
朝食後に素早く荷物を整理し、資料収集により増えた中味をどうにか収納(たぶん20Kg超)。
重たいスーツケースは宿泊していた駅前のホテルに預託。
午後2時過ぎには京都駅に戻ることを前提に、土産の購入もかねた草津本陣方面散策を決行。




大路井城(滋賀県草津市大路1丁目)
午前9時10分から9時20分 薄曇り
 
小汐井神社の境内地を中心とした近辺らしい。
 典拠は「草津市遺跡目録および遺跡地図」より。


 すぐに雨が降り出す気配なし     今回の宿泊先


    草津駅東口        観光用のモニュメント


      道標         城館跡の南西部付近


     小汐井神社         神社の由緒


   盛土はあります         東側の路地
 


・草津本陣
(滋賀県草津市草津1丁目)
午前9時40分から9時50分 薄曇り

旧草津川(天井川)の南、旧東海道西側。
本陣の建物以外にも、本陣北側に土塁(50mと30mのL型)とこれに伴う堀跡も残されています。


    近世東海道          道標の説明


   道標(明治期建立)       道標の解説


   草津本陣の入口          草津本陣


   北西土塁と堀           北の角付近


     北東の土塁         北西土塁と堀



草津城
(滋賀県草津市草津3丁目)
午前10時00分から10時05分 薄曇り

近世東海道の西側でJR琵琶湖線沿線の一角らしい。
街中の路地にそれらしい佇まいもあるようなないような。
 典拠は「草津市遺跡目録および遺跡地図」より。


     北西角付近         南西角付近


     南東角付近           堂宇


 
矢倉城(やぐらじょう、滋賀県草津市矢倉2丁目)
午前10時45分から10時50分 薄曇り

このあたりから目立って雲の流れが速くなりましたが、本格的降雨の兆しはありませんでした。
現在の東海道国道1号線矢倉交差点北側の稲荷神社境内地のようです。
 典拠は「草津市遺跡目録および遺跡地図」より。


     矢倉橋           矢倉の道標


    矢倉立場の解説         稲荷神社


    神社の土塁




・旧家の土塁跡(滋賀県草津市追分4丁目)

途中みかけた旧家の土塁跡ですが、全体として規模も小さい印象があり、かつその時代背景などは不明です。
 

    南西側の様子        南東側からの様子



追分城
(滋賀県草津市追分5丁目)
午前11時20分から11時40分 曇り
 
だいぶ曇ってきましたが、それでも本格的な雨になりそうな気配はありませんでした。
追分緑地公園北側の八幡神社とその周辺の模様です。
むろん城館遺構らしい形跡は感じられません。
 典拠は「草津市遺跡目録および遺跡地図」より。


     八幡神社         八幡神社の参道


    八幡神社境内        付近の旧家の土塁

 
   旧草津川(天井川)
 
  
  
  帰路、琵琶湖線で14時過ぎに京都駅に到着。
この時点でJR宝塚線は強風のため運休。
15時26分発の「のぞみ234号」に乗車

16時45分頃、新幹線車内のお知らせに赤色の文字が表示。
小田原から新横浜館での沿線火災(平塚市内の倉庫火災)により運行一時休止が示唆。
16時55分頃、「のぞみ234号」減速開始。
その後富士駅にて臨時停車、待機すること2時間近く。
このため車内販売は絶好調の由。
そのまま約2時間遅延で、19時40分頃に東京駅到着。
案の定新幹線ホームは人波で混雑し乗客の疲労感が蔓延。
このダイヤの大きな乱れは深夜まで継続との報道。
自宅への帰還も2時間遅延の午後9時過ぎに。
帰宅時間帯と重複し東武東上線はラッシュ時の混雑状態。
1日目の雨、2日目の濃霧とダイヤの遅延、3日目の沿線火災による車内缶詰。

うーむ、疲れた...

拍手[2回]

前日の予報では、この日が最も天候に恵まれるはず。
午前6時前の早朝、ホテル8階のカーテンを開けて外の様子を観察。
すると、ん、何にも見えない...
早朝で日の出前とはいえ、何か様子がおかしい。
歳のせいと眠い目のせいなのかと、目をこすりよくよく観察。
何と草津駅前では物凄い濃霧が発生中。

ためしに午前6時45分からの朝食前にホテルの玄関から外へ。
やはり50m先の駅舎が視認できない状態。
このため、急いで朝食を摂って外出したものの、午前7時24分発の柘植行の電車は乗り継調整で出発遅延。
ようやく発車の後も、単線待合わせ、徐行運転などにより、約70分遅延し油日駅到着。
しかも、IC乗車券不可の改札なので、現金払いに(帰路に草津駅で清算還付)

目的地は己の体力と足の具合を考慮し本格的な山城は皆無。
比高差は高くても40m以内に限定。
目的地間の移動距離も可能な限り短縮した訪城計画に。

 
 
 
上野城(滋賀県甲賀市甲賀町上野)
午前9時05分から10時10分 濃霧のため見通し悪し
比高差約40m
土塁小口空堀 標柱・説明版なし、案内標識あり
推定探訪可能時期 遺構が見やすいのは11月下旬から4月上旬ころまで

油日駅の改札口から草津線の踏切を渡り南東へ約600m。
その途中油日橋を渡るところから左前方に見える丘陵が目指す上野城です。
この日は生憎の濃霧で上野城付近にいる間はほとんど見通しが効きませんでした。
時折霧が流れるかと思えば小雨がぱらついたりでしたので、また平日ということもあり訪れていたのは小生のみでした。
帰りのルートは北西側から戻りましたが、少し霧が晴れてよくよく周囲を眺めれば登ったところからは僅か100m前後しか離れていない地点でありました。
城跡周辺では最初から最後まで濃霧でしたが、このあと竜泉寺城と木内城に立ち寄った後は少しずつ霧が晴れ30分後にはようやくその遠景を眺めることができました。



 
視界約50m弱、正面が上野城      登り口


     主郭の小口          主郭の土塁


    主郭の小口          主郭の土塁


    主郭の小口         東側の郭の土塁

 
 西側の郭を南北に分かつ土塁      西側の郭


   主郭西側の横堀           同 左


      下山口         振り返っても霧が

   
    忍者横断中        上の画像から30分後

 
 
竜泉寺城(滋賀県甲賀市甲賀町上野)
午前10時45分から10時50分 濃霧
平城
土塁 標柱などは無し
年間を通じて探訪可能

上野城から木内城へ赴くにあたり寄り道をしてみました。
竜泉寺境内の西側に長さ20mほどの土塁の一部が残存し、土塁の北端部は東へとのびていた痕跡を示しています。
こういう状態の平城ばかりが至近距離に点在していれば楽なのですが、そう贅沢もいえず。
この時点で濃霧の方は少しずつ晴れ始める気配を見せ始めてきました。


    西側の土塁         竜泉寺城の全景


     西側の土塁         土塁の北端部




木内城(滋賀県甲賀市甲賀町上野)
10時55分から11時10分 濃霧から薄曇りに
平城
土塁郭 石柱あり
探訪時期 平地なので何時でも行けそうですが、やはり見通しの良い11月下旬から4月上旬ころまでが相応しそうです


堀跡部分を含めても一辺が40mほどのごく小規模な方形館で、道路拡張により消失した南側を除き土塁と堀跡が残されています。



 始めは霧にかすむ遠景から     次第に霧が薄れ


 南側に回り込んだら晴れ始め      城址碑


      堀跡            郭の内部
 
 



前山城
(滋賀県甲賀市甲賀町)
午前11時20分頃
登り口などの情報不足で遠景のみで終了
下記画像の左側が前山城と岡崎城で、右側が中山城方面だと思います。




中山城(滋賀県甲賀市甲賀町)
午前11時20分頃
登り口などの情報不足で遠景のみで終了


岡崎城(滋賀県甲賀市甲賀町)
午前11時20分頃
登り口などの情報不足で遠景のみで終了



油日城(滋賀県甲賀市甲賀町)
午前11時40分から12時10分
比高約30m
土塁小口 標柱などは無し
探訪時期 11月下旬から4月上旬
ルートは山麓の西側からと北側からがあるようです。

主郭土塁は小口部分をのぞいてほぼ全周しており、内部での高さも南西側では最大5mを有する個所もありました。
典型的な削り残し土塁であるように見受けられました。


    西方からの遠景      懐かしく心落ち着く光景


     主郭の土塁        主郭の小口(たぶん)


 西側山腹から見上げた主郭


・白鬚神社

歴史の古さを伝える石垣が見事な佇まいを見せておりました。


     ここは油日         白髭神社参道


    社殿正面の石垣       社殿左側の石垣


    社殿右側の石垣       社殿背後の石垣


    社殿背後の石垣         社殿内から




油日館(滋賀県甲賀市甲賀町)
12時30分から13時05分 晴れ
平城
土塁の一部が竹林の中に残る 石碑等あり
探訪時期 竹林なのでほぼ一年中

油日神社の西側、善應寺境内西側の竹林の中に堀と土塁が残されていることは確認できたのですが、近くで見学することはできませんでした。


   県道131号線から      石碑脇のプレート


      石碑          たぶんこれです

・油日神社北の遺構

油日館の北、県道131号線の東側山林に県道に沿うような形で長さ約100mで東側に土塁状の盛り上がりを伴った幅3mほどの溝状の地形がありました。
古道などの可能性も含め、今のところその正体は分かりません。


 延々と続いていましたが..
 
 
 
滝川城(滋賀県甲賀市甲賀町)
13時40分から14時00分 薄曇り
比高約10m
土塁水の手 現地説明版あり
探訪時期 11月下旬から4月上旬ころまで
 
有名な滝川一益の故地とされている滝川氏の本拠です。
思ったよりも規模は小さく、それでいて水の手の確保(削り残し土塁などからの湧水か) が明確であるという特徴が感じられます。


 県道131号線からの遠景        同 左


   ここは櫟野(いちの)     しつこいけど遠景


      登り口           現地説明版

 
    耕作地か郭か           小口か

 
   民間信仰の石碑       削り残しの土塁(たぶん)


      土塁


      水の手か         水の手と土塁

 


滝川支城
(滋賀県甲賀市甲賀町)
14時15分から14時25分 薄曇り
比高差約15m
土塁小口 標柱などは無し
探訪時期 11月下旬から4月上旬ころまで

滝川氏の支城と考えられているようです。
草木の繁茂のため、全体として遺構の配置がやや分かりづらい印象がありました。


    南側からの遠景        城跡へのルート


      同 前         土塁か(削り残し)


      堀跡か         耕作地か郭跡か


滝川西城(滋賀県甲賀市甲賀町)
14時30分から14時45分 曇り
比高差約15m
土塁横堀水の手腰郭 標柱などは無し
探訪時期 11月下旬から4月上旬ころまで

12月半ば過ぎでしたが、内反小指の具合も芳しくなく、藪がひどいことなどから北側の半分くらいしか見学できませんでした。
全体の配置が掴みにくい印象があります。
この場所はどうも斜面を這い上がるしか方法が無いようですのでストックがあると便利です。


    北側からの遠景          同 前


   近くの神社跡の石碑    この辺りからなら入れます


    たぶん小口かも         水の手


    郭内から小口         北側の集落


奥の土塁の向こう側にも遺構が   北側に張り出した腰郭


   小口部分の土塁       滝川城と滝川西城(右側)


と、いちおうは城館11か所(+その他2か所)を並べてみましたが、実際に行ってみましたのはこのうちの8カ所だけで、あとは登る個所が分からず、正確な位置も不明でしたので遠景を撮影しただけにとどまりました。
天候次第で南の和田方面を選択するという方法もありましたが、資料収集を兼ねていることから今回は上野城、滝川城方面が中心となりました。
しかし
濃霧と電車の遅延などにより誤算が生じ櫟野方面と北野方面へは向かえず仕舞いに。

このあとは当初の予定通りに甲賀図書情報館に立寄り資料収集作業に向かいました。
ところが櫟野の集落から甲賀図書情報館までの道道程約2.5kmが予想外に長く、内反小指の痛みも強まり、さらに途中の道路が工事中のため迂回したことなどから高台にある図書情報館に到着したのは午後3時半を大きく過ぎてしまいました。

資料収集を終えて油日駅に向かうものの左折すべき個所を誤り1kmほど大きく迂回する羽目になり、この道が街路照明がほとんどなく漆黒の闇に。
どうにかして駅には到着しましたが、生憎と草津方面の電車は先ほど出発したので、次の電車の発車時刻までは約40分間の空白。
午後5時を過ぎると無人駅となるらしく、駅舎に明かりは灯れども、ひとりポツンとベンチに腰掛けていても、ホームには乗降客などの人影はなし。
発車時刻の5分ほど前になり、ようやく一人二人と乗客が参集し、自分を含めて4名の乗客に。
よく見れば行きに乗車していた客もいたりして、人そのものの少なさを痛感しました。

さて帰路も濃霧が発生して貴生川駅から草津駅へと向かう電車はまたもや約30分間遅延。
本日も3万歩近い距離を歩行し、足底腱膜炎の方は抑止でき入ましたが、内反小指の方は悪化の一途に。

こうして甲賀の2日目は霧にまかれた一日となりました。

拍手[2回]

その関係資料は8年ほど前から手元にありました。
これまでに出かけようという気になったのも幾度あったことか。
けれどもその都度体調が思わしくないなどして順延に。
遠方でもあることから、近年ではもはや諦観の域。

計画の決定は先月末のこと。
近年の体調に鑑みて、「いま行かなければ、たぶん一生行けない」などという妙な確信も。
今回の足は当初のプランでは新幹線利用+現地レンタサイクルを検討。
しかし、その後は道路の高低差や利用時間などを考慮し、現地での移動手段は徒歩へと変更。
こうすれば行動範囲の制約と疲労リスクはあっても自己責任の範囲内。

さて、目的地の天気予報はこの一週間の間に目まぐるしく変遷。
「3日間降雨なし」から「3日間雨続き」まで実にさまざま。
最新の当日の天気予報では、降水確率40%(場合により小雨覚悟)という微妙な状況となりました。

ところで今回は自家用車利用ではなく、手荷物の分量には自ずから限度があることから、甲賀市水口町と甲賀町油日および草津市草津駅前周辺にターゲットを限定。
むろん行動の制約となるであろう重たいスーツケース(その大半は約60件ほどの現地城館資料などで、総重量は約15Kg)は、連泊予定の草津の駅前ホテルに預託(甲賀地方には新幹線とセットになった適当な宿泊先が見当たらず)
当日分の資料と県別マップルなどはザックに収納済みで、これにデジカメ、飲み物、雨具、折りたたみ傘など加えると軽く5Kg超えにとなり、これを携行しての電車の乗り換えがきついことこの上なし(笑)



北虫生野城(きたむしょうのじょう、滋賀県甲賀市水口町虫生野字加久戸)
午前10時20分から10時55分 厚曇り
比高約30m
堀切など、標柱・説明版なし
推定探訪可能時期 11月下旬から4月上旬ころまで
堀切見学のためトレッキングシューズとストックがあればなお便利

滋賀県の最初がこの無名に近い城跡です。
その理由は簡単で貴生川の駅から徒歩で廻れる範囲内で、そこそこ有名な水口城と水口岡山城をまわる途中に所在しているというだけのことでした。
しかも下調べ段階で分かっているのは、30年ほど前の中世城館調査報告書の一部情報だけというありさまです。
つまりは所在地も不確かで、果たしてあるかないかもよく分からないという、きわめて曖昧な探訪なのであります。

そのような次第なので、空振り覚悟での数稼ぎなのかともいえます。
この城跡へはJR草津線貴生川駅にて下車し、浄福寺東側の丘陵へと向かいます。
と、いくらも進まぬうちに前方に丁字路が...しかも目の前には川が...??
ここで、「はて」と首をかしげて、ここで地図読みを。
すると、なんと北口に降りるべきところを、南口に降りるという失態。
太陽が出ていればまず間違えるはずもないことなのですが、この日は生憎の曇天で太陽の姿は拝めず方角を取り違えたのでありました。
これも歳のせいかもしれずと自らを納得させて再び跨線橋わたり北口へと向かいました ^_^;

浄福寺までは北東に約300mなので、今度は間違いなく正面に丘陵も見えてまもなく到着。
城跡がありそうに見えるのは、まずは浄福寺境内東側の丘陵とこれに続く南側の小ピークであろうと推定。
浄福寺境内から南にある小さな付属墓地に向かう小道を挟んだ南北両側丘陵が、いかにもそれらしい地形をしていることが窺えます。
とりあえずは、東へと向かう小道から分かれてその墓地へと入り、そのまま草むらの中を南へと進みんでいきます。
そうすると稜線には明らかに人工的な削平地が3か所ほどの段に分かれて南側へと続いていることが分かります。

また、その東西方向にも帯郭ないし腰郭のような細長い中腹の削平地も散見されます。
稜線の先端部には堀切(北側約5m、南側約7m、幅約8m)が確認できます。
その先の地形を確認しようとは思ったのですが、ストックもなく掴まるような枝もなく登攀を断念しました。
なお、城館遺構は東へと向かう小道の北側(浄福寺境内東側)にも残されていることを後から知りましたが、この時期にもかかわらず藪が酷くこのあとの予定を勘案し断念しました。
元々は一体の尾根続きであったものが小道の築造などによる地形改変により、南北に分かれてしまったものなのかも知れません。
遺構が確認できれば勿怪の幸いと考えていたところで、みごとな堀切遺構を目の当たりにして小さくガッツポーズを。
城跡としての規模は小さいのですけれども、コンパクトに纏っているという印象があります。

 
 付属墓地(この道から入る)    南西からの遠景     


 稜線に3か所ほどの郭が続く      浄福寺

 
    堀切の手前から       堀切(西側から)


     郭間の段差       南側遺構の北端部付近

 


内貴殿屋敷(滋賀県甲賀市北内貴字東村)
午前11時00分から11時10分 小雨
比高なし(平地)
土塁、標柱・説明版なし
推定探訪可能時期 年中

北虫生野城からは北西に徒歩3分ほどの福照寺西麓に展開する集落の一角に所在しています。 
旧家の北側に土塁(高さ約3m、長さ約25m)とこれに伴う堀跡状の地形が部分的に残されています。
「城郭大系」には「内貴城」という城館が一覧表に掲載されていますが、相互の関係はよく分かりません。


     南側から           東側から


    東側からの遠景      東側の堀跡状の地形




内貴川田山城(ないきかわだやまじょう、滋賀県甲賀市北内貴字川田山)
午前11時20分から11時45分
比高15mから25m
土塁堀跡標柱・説明版なし
 
内貴殿屋敷から北へ約300mの丘陵先端付近で北麓には川田神社が所在しています。
丘陵南側の細道を東へと入り、畳工場の前あたりから見当をつけて藪をかき分け北側の丘陵に入りました。
比較的見通しの良い尾根筋には人工的な削平地のようなものが散見されるものの、城館との関係を想起させるような印象がありませんでした。
寧ろ北西の稲荷神社の小祠とその背後の削平地の方が、それらしい印象があります。
なお遅きに失した感もありますが、この尾根筋へは下記の川田神社参道脇から南へ分かれる稲荷神社参道を利用すると藪漕ぎをせずに済むことが分かりました。


   南西からの遠景        稲荷神社南東の地形


 前の画像から見下ろした地形     稲荷神社境内


   稲荷神社への参道



・近江鉄道の車両(貴生川~水口城南間で撮影)
運行本数が少ないので、結局乗車する機会のなかった近江鉄道本線でした。






水口城
(みなくちじょう、滋賀県甲賀市水口町本丸)
12時20分から13時30分 小雨
近世平城(御茶屋御殿)
水濠石垣土塁、復興櫓など
櫓を模した水口資料館の休館日は毎週の木曜日、金曜日と年末年始
外部から水濠や石垣などを眺める分には何時でも探訪可能

寛永10年(1633、築城時期については諸説あり)将軍家御茶屋として築城された際に、関ヶ原合戦後に廃城となった水口岡山城(水口古城とも)から石垣が移設転用されたと伝わります。
出丸(枡形)の2層櫓風の資料館は平成3年(1991)に隅櫓を模して建築されたそうです。


  小雨なので少し寂しげ     碧水城ともいうようです


  番所の辺りにある資料館   パンフレットのような構図


  水口資料館と復元御成橋      薬医門形式  


     西側水濠      北側水濠と乾櫓台、岡山城遠望


     南東水濠         南東水濠と資料館


柏木神社遺跡(かしわぎじんじゃいせき、滋賀県甲賀市水口町北脇字藤木)
14時00分から14時20分 時々小雨
土塁、堀
夏季、神社繁忙期を除く日中

日没までの残り時間を推定して、水口城のあと岡山城へ向かうか、こちらに寄るか迷いましたが、そうそう来訪できるということもないことから立ち寄りました。
神社境内北東側の鬱蒼とした林の中に堀と土塁が残されているようなのですが、日没までの残り時間がなくなり始め結局確認できませんでした。


    柏木神社参道         柏木神社南側


    柏木神社北側       国道1号線側からの社叢




里脇北遺跡(さとわききたいせき、滋賀県甲賀市水口町北脇字藤木)
14時15分から14時25分 時々小雨
民家の北側に土塁と堀跡が残る。
通年探訪可能だが、民家脇の屋敷林なのでマナーに留意する。

北脇交差点から国道1号線(現在の東海道)側の農道を南へと目をやれば、こんもりとした屋敷林が目に入ります。
この時には未舗装の農道を北側からアプローチしました。
南の姥塚の方からも入れますが、いずれにしても農道なので作業のお邪魔にならないよう注意が必要です。
土塁、堀とも長さは約25mほどで、屋敷林を兼ねた役割を担っているような印象がありました。
 
  
    北側からの遠景         同  左


     
       堀跡          平行する土塁


 
 
水口岡山城(みなくちおかやまじょう、滋賀県甲賀市水口町水口)
15時05分から16時10分 曇りのち晴れ
堀切土塁石垣小口など、説明版・標柱・縄張図あり
公園化されていることから概ね通年の探訪が可能ですが、麓からの比高差は約100mあるので登るのには徒歩で正味20分はかかります。

中村一氏が築城し関ヶ原合戦時には長束正家が城主でしたが、大阪方の敗北により落城し、そののち廃城になったようです。
日没時刻も迫り、この後の予定もあることから、三の丸方面などへは行けず、当時の城下町の痕跡を訪ねるという時間も無くなり、慌ただしい駆け足の見学となりましたが、足元の痛みは増すばかりで言葉の表現とは裏腹に足を引きずりながらの彷徨となりました ^_^;
公園整備などにともなう地形の改変などが感じられますが、本丸北側の石垣も見学しやすく整備されており、晴れた日には眺望も優れていることもあり、水口を訪れた際には立ち寄っておきたい城跡です。
また城山から下山する最終段階でようやく日没前の西日が差してきましたが、以上の画像からも分かるように全体として発色が薄暗い感じのものになりました。
 

 西ノ丸と本丸の間の堀切      本丸北側の石垣


      同 前            同 前


      同 前            同 前


      同 前         崩落した石垣の一部


     本丸西側           解説版


      竪堀           現地の縄張図


      本丸            本丸東側


   本丸北側の小口跡         同 前


 上記小口跡から西側の石垣        二の丸


     推定大手道





こののち予定が少し遅れましたが水口図書館と資料館に立寄り資料収集。
資料館の方は既に閉館時刻を過ぎてしまいましたが、職員さんのご厚意により市史を購入できました。
お陰様でともに閉館時刻を過ぎるなかでも、ご親切に対応いただき目的を果たせました。
心より感謝を申し上げます。

うして1日目の歩行距離は約26kmと概ね当初の予想通りでしたが持病の内反小指が悪化し翌日以降の行動に支障が出てまいりました。
滋賀県の初日は夕刻を除いて余り天候には恵まれない一日でしたが、この時には2日以降に別の事情も発生するなどとは思いもよりませんでした。
なお、このブログは12月24日に記述しています。

拍手[2回]

この日は家内に付き合い群馬県の富岡製糸場へ。
途中で新町のガトーフェスタハラダに立寄り工事用見学と買い物。
自分の方は国道17号線沿いの反対側にある神流川古戦場の石碑見学へ。


  ガトーフェスタハラダ


■神流川古戦場の石碑(群馬県高崎市新町) 午前10時00分から10時10分
天正10年(1582年)に滝川一益の上州勢と後北条氏が戦ったとされる古戦場に由来する石碑です。
この場所は車の通行量が多く、かつ朝方は逆光気味となることから、この時期に写真を撮るなら午後以降がベターであることが判明しました。


   向かい側の古戦場碑



富岡陣屋(群馬県富岡市富岡1-1) 12時10分から12時40分
次に早めの昼食の後に一応富岡製糸場へ出向き、世界遺産でもある近代工業遺産の工場見学。
ちなみにこの工場敷地はいちおう、「日本城郭全集」によると、中野七蔵が慶長年間(1604頃とも)に築造した(ただし未完とも)富岡陣屋でもありますが、現地は世界遺産関係のガイドはあちこちに見受けられるのですが、富岡陣屋に関する解説は見つかりませんでした。



東側の正門から製糸場に入ると正面に有名な木造レンガ造りの工場だけに目が行きがちですが、目を転じると向かって右側(北側)には東西方向に長さ約30m、高さ約1.5mほどの石塁を下部に付した「土塁」状の人工地形が見えます。
むろん近世初期の陣屋との関係は分かりませんが、火薬工場ではなく防爆壁としてはやや規模の小さい土塁で、仮に爆風を防ぐことが目的ならば石材である河原丸石を使用するというのは理に適わないものも感じます。
その一方で石材としての新しさも垣間見えます ^_^;



そこから家内とは別行動で徒歩にて西側の七日藩陣屋跡へ。




七日市藩陣屋(群馬県富岡市七日市1425-1) 13時05分から13時40分
陣屋の創立は元和2年(1616)に前田利家の五男である前田利孝1万石で入封したことに始まり、藩は幕末まで継承されたという。
陣屋跡といっても現在は県立富岡高校の敷地です。
当時の陣屋門、御殿の表玄関と書院を確認し、陣屋北東部にあたる庭園の築山なのか陣屋の土塁跡なのか分かりにくい盛り土の地形を拝見した後は、南西隅の古墳兼前田家宝篋印塔を見学しに行きました。
そこから南側を流れる鏑川を俯瞰して南東の蛇宮神社へ。
陣屋の桝形のような路地を辿りつつ、日没までの残り時間を考え高瀬陣屋へと移動は断念し、隣接した東郭とも推定されている住宅地を抜けて再び富岡製糸場へ向かい家内と合流。


     旧陣屋門          土塁か築山か


     旧陣屋御殿         玄関(車寄せ)


    土塁か築山か      見落とすことのない表示


  国道254線と陣屋       陣屋西側の小道


   前田家の宝篋印塔          解説版


   古墳の上から俯瞰          古墳


    鏑川沿いの崖



その後は甘楽町のこんにゃくパークと藤岡の道の駅ららんに立寄るという、あたかも日帰り観光バスツアーのような経路を辿り藤岡インター経由で午後6時半前に帰宅。
この週には息子の結婚などの慶事も重なり慌ただしかった。


ららん藤岡のイルミネーション

拍手[1回]

1日目から発症してしまった内反小指による痛みどめ対策を可能な限り講じたことにより、ようやく3日目にして片平城周辺へ赴くことができました。

上極楽の遺(福島県郡山市片平町上極楽付近) 午前8時15分頃
後日、関係資料を整理している際に国土地理院航空写真を眺めていたところ、中村館が所在していたとされる字菱池の東約100m地点に複郭から構成されるとみられる平地の城館跡の痕跡を見つけ出しました。
あくまでも戦後間もない航空写真から比較的古いと思われる道や集落などを目安に現在の景観に当てはめ推測してみたものです。
地理的には中村館にほぼ接していることから深い関わりが推定されるのですが、今のところその歴史的な背景は全く不明です。
従って撮影画像そのものについても、当該地そのものを撮影したという意図はなく東権官館周辺の景観を撮影したもののなかに、大体の方角が合致していた画像があったに過ぎません。
しかし、中村館が所在しているはずの当該航空写真の堀跡西側一帯には、そうした存在を示唆するような水田地割の形跡は確認できないことから、仮に下記の中村館の所在地を示す「まほろん」および「埋蔵文化財包蔵地マップ」の位置がずれていたとすれば、この仮称「上極楽の遺跡」が中村館を指しているということも十分に考えられます。
いずれにしても郡山市内に限らず、戦後間もない時期に撮影された当時の在日米軍による航空写真には、このようにして相当数の平地の城館跡が写りこんで入る可能性があるのではないかと考えるに至りました。

 
   東側からの遠景      1948年3月の航空写真



東権官館(福島県郡山市片平町字清水西) 午前8時15分から8時35分
どうも「権官館」が2か所に分かれて存在している様子なので、あくまでも便宜上それぞれに東西の名称を冠したものです。
この東権官館の所在地については、「まほろん」と「埋蔵文化財包蔵地マップ」の記載情報が異なっており、「まほろん」では県道142号線の北側を示していますが、一方「マップ」の方は県道南側を示していました。
このことから一応両方の地点をそれぞれ確認してみると、まず県道の南側は耕地化された水田であり、その現状からは堀跡などの形跡を窺うことはできません。
しかし前記の航空写真をよくよく眺めると、歴史的な経緯は分かりませんが、何処となく古い屋敷跡などのようにも見える区画が見え、県道を挟んだ北側からの部分と繋がっている形跡(土塁か)も窺えました。
また、「まほろん」の示す北側の部分には南北方向に延長50m前後の「土塁」(年代観不明)と思われるような人工的な盛土の画像を確認することができます。またその北端から更に鍵の手に東西方向にも伸びているようにも見えなくもありませんが、この部分については屋敷林などに隠されて明確ではありません。もちろん、現状では自動車整備工場の敷地の一部となっていることから土塁の痕跡を確認することはできませんでした。
周辺には、馬場下、馬場前、舘堀、的場などの城館関連地名が多く所在しています。

 
 1948年3月の航空写真        低丘陵


   北東側からの全景      不動堂と水害復興の石碑


 
西権官館(福島県郡山市片平町字石切場) 午前8時40分から9時05分
位置的には東権官館の西側に隣接した低丘陵に所在しています。
「文化財包蔵地マップ」が示す範囲内にある県道142号線南側の片平幼稚園西隣に所在している丘陵部(居宅介護事業所の南側、逢瀬川の河岸段丘先端部か)には、土塁状のようにも見えなくもない盛土地形が現在でも確認できますが、この地形が戦後間もない在日米軍撮影の航空写真からも、それらしい地表の痕跡を見出すことはできませんでした。
城館跡を南北に分かつ県道142号線北側には屋敷跡のような地割も見受けられますが、これに伴う堀跡のような地形は見当たりませんが歴史を感じさせる屋敷林の存在が目を引きます。


  片平幼稚園西側の林       その林の中の地形


      屋敷林        文化財包蔵地の全景


      屋敷林       1948年3月の航空写真



中村館(福島県郡山市片平町字菱池) 午前9時20分から9時30分
近くのセブンイレブンに駐車させていただき、のど飴と飲み物その他を購入してから南側の水田へ。
所在地については「まほろん」および「埋蔵文化財包蔵地マップ」が指し示す情報をもとに赴いたものですが、ことによると上記に示したような所在地に関する錯語が含まれている可能性も否定はできないものと考えるに至りました。
以前発掘調査などが実施された模様で、石臼、陶器、漆器などの遺物が出土し、郭と堀跡も存在していたようですが、現状は資材置き場と水田耕作地となっており、地表から確認できるような遺構は見当たりませんでした。


「まほろん」などが示す辺り



片平鹿島館(福島県郡山市片平町字鹿島) 午前9時45分から10時10分
「まほろん」(福島県文化財データベース)「郡山市文化財包蔵地マップ」「福島の中世城館跡」(福島県教育委員会/編著)には何れも鹿島館とのみ表記されていますが、郡山市内には同様の名称をもつ中世城館跡は多く存在していることから、あくまでも便宜上の表記として「片平鹿島館」と表記することといたしました。また鹿島の地名は「かつて鹿島神社(片平の上館築城の際に鬼門除けとして奉祀したと伝う)が所在していたことによるもの」とされ、明治42年の台風で倒壊し、段子森に移築され片平神社と改称されたとのことです。」(「郡山の地名」2005年/郡山市より)また同書に掲載されている明治期に作成されたと思われる鹿島の地籍図にはこの丘陵部分がそっくり抜け落ちていることから、少なくとも明治期にはある程度の遺構が現存していたことも推定されます。
この地を中世城館跡とするのは「相生集」(幕末に編纂された地誌のひとつ)に記されていることによるもののようなのですが、その歴史的経緯の詳細については不明の模様です。
周辺は広大でなだらかな低丘陵丘陵とその谷津を利用した水田地帯が広がる地形で、片平城からみ東北東約1.5kmほどの地点に所在する独立丘陵に相当するようです。
水田面からの比高差は最も高い部分で8メートル近くを有していることから、郡山西部広域農道側からみると平坦ではありますがとても存在感のある地形が目に入ります。
現状は揚水ポンプにより水を引き込み水田として利用されていることからある程度の地形改変が含まれていると考えられますが、東西方向約200m、南北方向約150mに及ぶ谷津の入り組んだ不正形地を呈していましたが、件の米軍航空写真によれば、こうした谷津田は終戦後に開発されたもののようで、1948年の撮影当時では矩形を集めたような丘陵の形状であったことが窺えます。
この画像からは、かつての郭跡やその北側にある堀跡の痕跡などを見て取ることもできますが、現在ではそうした地形の痕跡は水田耕作などにより確認することは難しくなっていました。
なお、南側からブローチして最高地点まで到達した直後に遮るものがない台地上にて風速20m/秒近い突風が吹き荒れ、20秒以上にわたり体が強風にもって行かれそうになりましたが、この時ばかりは自分の体重に感謝するという体験を味わいました。
 
   

 1948年3月の航空写真   2014年7月の航空写真

 
    丘陵南端部


    丘陵東端部          丘陵の上部


   丘陵の最高地点        西側からの全景




柴木戸(福島県郡山市片平町字芝木戸) 午前10時15分から10時20分
「瓜坪館」方面に赴く際に目についた地形で、「まほろん」「郡山市文化財包蔵地マップ」など何れの資料にも掲載されてはいません。
東西方向に細長い丘陵尾根筋の西端付近に所在し、かつ「木戸」の地名も伝わり、古い家屋敷の構えであることが窺えますが、もちろん年代観は全く不明です。

 
    北側からの遠景      1948年3月の航空写真 


 
 
妙見館(福島県郡山市片平町字妙見館) 午前10時20分から10時25分
「まほろん」「郡山市文化財包蔵地マップ」などの所在地情報によれば、星総合病院の西側に隣接した現在は采女の里関連の高齢者福祉施設が所在している丘陵地帯辺りを指しているようです。
吹きすさぶ風は相変わらず冷たく頬にあたり続けておりましたが、すでに宅地化が進行している現状の地形のみならず、1948年3月撮影の航空写真からも遺構らしき特徴的な地形を窺い知ることはできませんでした。


    南側からの遠景     1948年3月の航空写真
 



瓜坪館(福島県郡山市片平町字瓜坪館) 午前10時30分から10時45分
  「積達古館弁」によれば「館名」のみが記されているものの、「里老伝に城主不知」とのみ記され築城者、館主の何れも不明とされています。
尾根続きの西側を除いた三方が小河川などにより囲まれた丘陵東端部に占地していますが、1948年3月撮影の航空写真においても平坦な耕作地が確認できるのみで遺構に連なるような地形を窺い知ることはできません。
現在は概ね水田として耕作されており、本当にこの地点が正しいのか疑問にさえ思われる場所ではありました。
むしろ西方の見物檀に所在するひな壇状地形の見事さに目を奪われましたが、豊かな安積疎水の影響も加わって、こうしたひな壇状の耕作地は郡山市内には数多く見ることができます。
 

    ほぼ水田です     戦前からあったと思われる雛壇


  1948年撮影航空写真 


 
舘山(福島県郡山市片平町字舘山) 午前10時50分頃
一昨日と本日に何度もカーナビに「舘山」の地名が表示されることから、念のため当該地付近を撮影したもので、あとで調べてみましたがその字名以外には城館との関わりを辿ることができませんでした。
また国土地理院のウェブ地図を見てみると、本来は河岸段丘先端部の台地であったことが窺えます。
1948年3月当時の在日米軍の撮影した国土地理院航空写真によると台地北側部分にそれらしい地形が写ってはいますが、この当時からすでに耕地の開拓が進んでおりある程度の確証得られるような形跡を見つけることはできませんでした。
 
   
   1948年撮影航空写真     東側丘陵からの遠景


 
広修寺館(福島県郡山市片平町字南萬階、南萬会) 午前11時05分から11時20分
片平鹿島館の西方約600mほどの低丘陵の一角に所在しています。
「積達古館弁」に片平の城館のひとつとして記されてはいますが、お馴染みの「里老伝に城主不知と云々」と記載されているのみで歴史的な経緯は不明です。
「まほろん」「日本城郭大系」「福島の中世城館跡」などでは、城館跡として扱われていますが、もっとも新しい「郡山市埋蔵文化財包蔵地マップ」の記述によれば、城館跡ではなく「社寺跡」(中世)と記され、五輪塔や板碑が確認されているようです。
いずれにしても、この辺りの城館跡となりますと多分に伝承性が強い傾向にあるらしく、その詳細については分からない事例が多くあります。
件の在日米軍撮影の航空写真には堀跡のように見えなくもない地形が存在していますが、あまり明確ではありません。


   南側水田地帯から         住所確認

 
  1948年撮影航空写真



狐館(福島県郡山市片平町字狐館、字女久保) 午前11時30分から11時50分
市立片平小学校北側の丘陵が狐館になります。片平小学校東側のグランド北側から西へと進む農道があるので、そのまま道なりに250mばかり進んでいくと腰郭のようにも見えなくもない耕作地へと到着しますので、その畑の北側の削り残された細い尾根筋を西へとすすめば狐館へと到着します。
山頂部の藪はそれほどでもありませんが、藪漕ぎをしても視界は不良で遺構も無さそうですのであまりお勧めはできません。
また周囲との比高差は約20mほどですが、細い尾根筋を通るときには北側の斜面に落ちないように気を付ける必要があります。
なお、西側からの登攀は傾斜もきつそうでかなり難しそうでした。


  1948年撮影航空写真     東側の農道から


   畑の人工的な斜面        畑と細い尾根筋


    細い尾根筋        腰郭のようにも見える畑


  片平小学校越しの狐館      西側からの遠景




西狐館(福島県郡山市片平町字西狐館)
狐館西側の南北に長い丘陵に所在しているとされていますが、片平小学校の校門前からアプローチするルートは途中で行き止まりになります。
つまり土砂の採掘等により丘陵東側では元来の景観が大きく変貌し、丘陵が比高5m以上の崖地を呈しすすむことができません。
南側の鞍部か、北側からアプローチすれば丘陵の上に行けそうに思いましたが、明確な踏み跡も確認できず、眺望も芳しくはないと判断されたことからあっさりと断念をいたしました。


    登れない東側




片平下館(福島県郡山市片平町) 12時50分から13時20分
総領家か諸子家なのかは見解が分かれているようですが、何れにしましても安積伊東氏一族の平地の館跡とされています。
北部には郭跡と見られる方形の微高地区画も残され、その北側には外堀の字名が残り、1948年撮影の航空写真にはそれを取り巻く堀跡やL字型を呈した堀跡の地割も確認できます。


  片平下館周辺の城館館跡       郭跡か


    字外堀の水田         字外堀の堀跡か


  この辺りにも堀跡が       困った時の住所表示


  片平下館の航空写真




片平中館(福島県郡山市片平町) 13時25分頃
「まほろん」「福島の中世城館跡」には掲載されていますが、上館の範囲と重なっています。
その字名などから推察しますと、おそらくは上館北側付近の一帯を指すものと思われましたが、土砂の採掘などにより大きく丘陵自体が消滅していましたので元々の地形が分からなくなっていました。


   手前が字中館の辺り      
  
 
片平城(福島県郡山市片平町) 13時30分から14時30分
平地の下館に対して片平上館ともいうようです。
鎌倉時代の初期に安積伊東氏の一族が東側の下館に暮らしはじめ、その後戦国時代にはより防御性の高い西側の丘陵に城をかまえたものと考えられているようです。
しかし、この城は天正4年(1576)に三春田村氏により攻略を受けて城主である伊東大和守は会津へと逃れて、田村氏配下の大内親綱が片平姓に改めて城主となりましたが、その後蘆名、伊達と盟主を変えていきます。
東側の愛宕神社の境内にもコの字型の土塁が現存していますが、西側約150mほど離れた丘陵部にも、城跡の一部ではありますが、2か所の郭をはじめとして小口、土橋、土塁、切岸などの一連の遺構がしっかりと残されておりました。
この遺構へのルートは丘陵地帯(字中館辺りか)の削平により、現在では愛宕神社から直接向かうことはできません。
いささか迂回路にはなりますが、愛宕神社の参道の分岐を南側に回り込みそのまま新町と呼ばれる集落を通過し、突き当りの丁字路を右折(「嬉しい案内標識」の画像参照)すると、正面に「片平城の遠景」と題した画像の個所が見えますので、介護施設の脇を過ぎてそのまま真直ぐ北へと向かい民家東側の小道を道なりにすすめば小口へと続いています。(愛宕神社の分岐からは約500mほど)
なお、愛宕神社に参詣したところ賽銭箱の付近に都合80円分の硬貨(現流通通貨)を発見したので、手持ちの小銭と合わせてお参りさせていただきました。



  下館集落の洋品店の店先     愛宕神社の鳥居


    愛宕神社境内         境内の土塁

 
  愛宕神社境内への入口     奥が郭と土塁の残る丘陵


    愛宕神社遠景        船の舳先のような


 土砂の採掘による丘陵の消滅    シュールな光景


    嬉しい案内標識      お馴染みのクマ注意も


   南側にある西郭          土橋か


   東の愛宕神社方面      これも嬉しい城跡の標柱


    北郭の土塁         左の画像を広角撮影


  上の画像の土塁と土橋         土橋


   西郭西側の土塁          西郭の切岸


   西郭の小口付近         片平城の遠景


    片平城(上館)        片平城の周辺

このようにして郡山市3日目は、確実なところで11城館、その他4か所という結果に終わりました。

その翌日には少なくとも帰りがけに篠川館くらいは訪れる予定でおりましたが、生憎と突然の降雨に見舞われてしまったことなどにより、そのまま帰宅の途につくこととなりました。
年々歳々体力の低下が顕著となってきましたが、気力の方もこれに比例して減衰してきたようです。
なお、このブログの記述は、長引いている風邪と航空写真との照合など諸般の事情によって遅れに遅れて、どうにかこうにか翌月の12月14日になり纏めたものです。

拍手[1回]