本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新CM
(12/09)
(11/30)
(11/28)
(11/11)
(09/24)
最新記事
(12/03)
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

1日目に宿泊した北上市のホテル。
 料金の高い北上川俯瞰できる東側客室は眺望良好の模様。
一方、格安料金の西側客室から眺める奥羽山脈と北上市街の風景にも味わいも格別。
チェックインの時間がまだ明るかったこともあり、客室から少しずつ暮れなずみやがて漆黒の闇に隠れていく奥羽の山並をしばらくの間眺めておりました。

早朝、東北新幹線の警笛でふと覚醒したものの、熟睡効果も加わり心地よい目覚まし代わりに。
これから赴くはずの横手市方面をじっくりと観察。
今秋の長期遠征にも使えそうなホテルのロケーションに満足。

朝方の曇り空のなか、2日目は午前8時から行動を開始。

黒沢尻柵(岩手県北上市) 午前8時10分から8時25分




この後は秋田自動車道経由で横手市内へ移動。


平館
(秋田県横手市) 午前9時30分から9時50分
市内平城町の共同墓地周辺が城館跡と推定されているが、現状の地形からは往時を窺い知ることは難しい。
山城である横手城築城以前の城郭ともいわれている。


   入り口を示す標柱        標柱と案内板

横手城(秋田県横手市) 午前10時05分から10時45分

戦国期小野寺氏の本城。
史実に基づかない築50年のコンクリート製の模擬天守ではありますが、半世紀以上の年月を経てきたことから、これ自体が文化財化してきたという印象もあります。



このあと暫時図書館と書店などに立寄り涼をとりつつ、昼食は市内で横手焼きそばを摂取。


吉田城(秋田県横手市) 13時20分から13時35分

郭内の一部が墓地となっているものの、良好な土塁、櫓台、空堀が残存している。




古館(秋田県横手市) 13時45分から13時50分


    無論遺構は無い     この水路辺りが北限らしい

浅舞館(秋田県横手市) 14時05分から14時15分


     頑張る標柱

鍋倉城(秋田県横手市) 14時25分から14時45分


    標柱が...       こういう時の保険代わり

今宿館(秋田県横手市) 15時10分から15時25分


   近くの学校の風景      たぶんこの辺りが城館跡


沼館
(秋田県横手市) 15時50分から16時40分




七日市城
(秋田県横手市) 16時50分から17時00分




八柏城
(秋田県横手市) 17時05分から17時20分




途中で休憩を兼ねた昼食などの時間を費やしたにもかかわらず、10か所以上を探訪するという結果に満足し、夕食も別の店で「横手焼きそば」摂取。
いくぶん外観の経年劣化が目立つホテルは案に相違してことのほか快適。
心地よい疲労と充実感に包まれ翌日の資料と県別マップルを眺めながら寝落ち。

拍手[2回]

史進さんのお誘いにより岩手県奥州市、北上市と秋田県横手市の城館探訪へ。
午前4時に拙宅を出発。
2泊3日の行程で探訪先は概ね20か所前後。
途中大崎市の道の駅ほかに立寄る。
奥州市到着は午前11時過ぎ。
往路の走行距離は約460km。


凸上麻生城(岩手県奥州市) 午前11時20分から11時30分 再訪


    東側の堀跡          標柱と説明版
 
凸中畑城ほか(岩手県奥州市)

・青麻神社の土塁 11時40分から11時45分 再訪

 民家北西部の土塁(風除け)  青麻神社東側の堀跡(境堀か)

・中畑城 11時50分から12時00分 再訪


・字丑の子の土塁 12時頃 再訪

・大儀寺跡12時10分から12時12分 再訪


凸栗林遺跡
(岩手県奥州市) 12時20分頃 再訪

凸六日城(岩手県奥州市)12時25分から12時40分 再訪

   
       

凸下姉体城(岩手県奥州市) 13時05分から13時20分 再訪

 
       旧本丸(内館)の土塁     旧西舘(遠藤屋敷)の土塁


根蕪遺跡の土塁
 13時25分から13時30分

下姉体城から上姉体城へと向かう国道343号線沿いに所在。
前回4月遠征時には情報不足などから全く気が付かずにパス。
発掘調査からは平安期の遺構とされているが、西側の一部に年代不明の土塁地形が残存。
今回は大谷選手活躍のお蔭で、姉体小学校北東に所在している土塁遺構をしっかりと確認。


   西側土塁の南部分       西側土塁の北部分



凸上姉体城(岩手県奥州市) 13時40分から13時45分 再訪
 
      東側土塁          西側土塁  

凸舟形館(岩手県金ヶ崎町) 14時10分から14時30分 再訪


     南側から          北東部付近


丸子館(岩手県北上市) 14時45分から15時10分

国道4号線北上バイパスの建設に伴い東西に分断された城郭だが、現在でも郭、空堀、土塁を確認することができる。

 
    丸子館全景           同空堀跡


岩崎城(岩手県北上市) 15時40分から16時30分 

和賀氏重臣岩崎氏の居城とも伝わる。
主郭と南西郭の間の堀切は大規模で深い。
主郭北側の堀切はこの時期には草薮が酷く全容は見えず。


    南西郭の土塁         主郭枡形付近


1日目は再訪も含めて約10か所ほどの探訪となりました。
北上市内探訪の数は少ないのですが、今後の活動の足掛かりも掴めました。
お付き合いいただいた史進さんに感謝申し上げます。
毎度のことですが、ブログ更新はすでに4日遅れになっております。
のこり2日分の更新時期は我ながら不明であります ^_^;

拍手[2回]

史進どののお誘いにより、今回は上尾市西部へ。
地表に刻まれた目ぼしい残存遺構が少ない地域でもあることから、拙サイトでも長年にわたり空白地帯となっていました。
生憎の小雨模様のなかではありましたが、比較的拙宅から近いこともあり、自宅を午前9時過ぎに出立したところ、早くも10時前には現地に到着。
往路の所要時間は僅か40分ほど。



三輪荘司館(埼玉県上尾市平方) 午前9時45分から9時55分
小雨。
デジカメのフィルターにポツポツと雨粒が付着。
上尾橘高校北方の台地で、たぶん栗畑のある辺りらしいような。



殿山(埼玉県上尾市畔吉) 午前10時10分から10時30分
このころ風雨やや強し。
デジカメは濡れ、資料も濡れ、遺構の中心部と目される殿山古墳の所在確認に手間取る。
現状は牧場と霊園に。



西通1遺跡(埼玉県上尾市小敷谷) 午前10時40分から10時50分
現地解説版あり。



館山(埼玉県上尾市壱丁目) 午前11時00分から11時10分
風が止み雨も小降りに。
遺構が存在していたと目される屋敷林の周辺は着々と宅地化が進行していました。



柴田氏陣屋(埼玉県上尾市向山) 午前11時25分から11時30分
神明神社の個所が旗本柴田氏の陣屋跡と伝わる。



ここで暫時休憩して早めの昼食。

     へぎ蕎麦


天候がいくぶん回復する兆しが見られたことから、17号線東側へと移動。


西尾氏陣屋(埼玉県上尾市上尾下) 12時30分から12時45分
陣屋公民館の辺りが、西尾氏の旗本当時の陣屋跡とされている。
陣屋跡北辺に堀跡の名残とも思われる幅2mに満たない帯状の細長い低地が現存。



このあと上尾市立図書館橘分館に立ち寄り関係資料渉猟。
とはいえ老眼のすすんだ年寄には役に立つことは何もなく、申し訳ないと思いつつもひたすら史進さんにお任せを。


在家遺跡(埼玉県上尾市平方) 14時20分から14時25分
次第に雨があがりはじめる。
現在は県営丸山団地の個所に遺構が所在していたという。



雨沼1遺跡(埼玉県上尾市平方) 14時30分から14時35分
平方公民館前に現地解説版あり。



今回は「遺跡」という名称が多いのですが何れも、何らかの形で中世城館に関わりのあると推定される場所です。
各遺跡の具体的な記述は後日加筆する心づもりで、とりあえず備忘録として記録を。
いつもお世話になっている史進さんにあらためて深謝いたします。

拍手[1回]

 関東地方は7月に入りましたが、まだまだ梅雨明けでもないのに暫くは真夏のような天候が続きそうです。
この先に到来するであろう深刻な水不足と酷暑の日々も思いやられます。

こんな時にこそ日頃の健康管理と体力維持が肝要なので、体重減もかねて城館探訪 へ ^^
けっして横浜方面に飽きたということでは無いのですが、今回は少しだけ気分を変えて全くといってもよいほど地理不案内な川崎市から町田市の都県境方面を西から東へと移動してみました。
小田急鶴川駅で下車し駅前の小田急ストアで、カレーパン2個(朝、昼の2食分)とキリン生茶1本を補給し、前回のごとく朝食代わりとなるカレーパンを齧りながら町田市の青木屋敷方面へ。




青木屋敷(東京都町田市金井町)午前7時05分から7時50分

探訪に際して参考にした資料は毎度お馴染みの「城郭大系」と「東京都の中世城館」(戎光祥出版)ですが、「城郭大系」の方は、その所在地を町田市大蔵町としている一方で、同市金井町の青木屋敷の口碑に関する情報を掲載するなどの混乱が見られます。
またそこに登場する青木氏が飯能付近を拠点とした丹党青木氏一族と関連するものなのかも不明です。

果たして屋敷地に相応しいかどうか多少の疑問も残る北側緩斜面と、念のため南側の丘陵周辺も時間をかけて散策。
確かに北側緩斜面一帯は比較的平坦な河岸段丘なのですが、この緩斜面との比高差が最大で30mに及んでいた南側丘陵削平以前には、今よりも日照条件が不利であることが想像されました。
 
  1.台地先端部からの眺望

また南側丘陵部については、全体として大きく丘陵部が削平(いわゆる切土)を受け、標高81.2mあったとされる地点は約10mほど低くなりピーク状地形の面影は全くありません。
その北東側の部分も5mほどの削平を受け、辛うじて残っていると思われるのは旧家西側の標高76mほどの丘陵部です。
しかしこの部分も最大で4mほどの削平を受けている形跡がありました。


2.最も旧情を伝えていそうな地形



阿部某屋敷(神奈川県川崎市岡上)午前8時10分から8時50分

比高差10m前後で、前項の青木屋敷からは徒歩1.5km、小田急鶴川駅からは徒歩約800mほど。

途中でいくつかの中世城館の比定地に相応しそうな地形をのんびりと眺めながら少しずつ東へ東へと移動していたためかなり時間を浪費しました。
いちおう頭に浮かんだ比定地は次のとおりです。


「A一番手前の西寄りの丘陵、標高最大82.5m」


「Bその東側の谷戸地形、標高50m未満が大半の低地」


「C岡上小学校南側のこんもりとした丘陵先端部、標高約80m」


「D岡上神社が鎮座する丘陵、標高約60mほど」


「Eその東側の東西方向にのびた細長い丘陵、標高50m強」

「城郭大系」が示している「阿部ノ原」が、その記述通りに「城山と上三輪との中間の標高53mほどの耕地をいい、城山より西方に300mの距離がある」という記述が仮に正しいとして、西方300mと標高53mの条件に該当するのは「D」もしくは「E」ということに。
これに地形としての防御性を加味すると「E」が有力となりますが、そうした適否はその時代背景の設定次第で変わりますので何とも言えないところです。




沢山城(東京都町田市三輪町)午前9時00分から9時45分

地元の地主さんの永年のご尽力で、現在にまで引き継がれている戦国期の城郭ですが、一般にその存在自体が認識されたのも1970年頃の様です。
比較的規模の大きな3つの郭と櫓台、空堀、土塁、複雑な屏風折を見せる中腹の腰郭などから構成されていますが、城域自体はもう少し広いようで西側は熊野神社の辺りまでを含む東西500m、南北350mの概ね丘陵全体がその範囲であったとも指摘する見解も有力なようです。


  1.二の郭切岸と空堀       2.東側からの全景

こちらを拝見するには、沢谷戸自然公園南西部の入り口脇の尾根筋から入らせていただきます。
ご自宅に近い民有地でもあることから、基本は櫓台とも推定されている「七面堂」への参拝者に限られ、拝見できる個所は3つの郭付近のみと限られてはいますが、市街地近くで戦国期の土の城を鑑賞できる大変貴重な遺構でした。




亀井館(神奈川県川崎市下麻生)午前10時50分から11時30分

比高差約15m、沢山城から徒歩にして1.6km。
推定地は東端部に月読神社が所在する台地。
北西部で台地とつながる個所を除き
地元の伝承から義経家臣亀井六郎の館址とも。

台地の大半は住宅地で明確な城館遺構に繋がる形跡は不明。
神社境内および東側参道付近に微妙な案配の人工地形確認。


   1.月読神社境内        2.神社東参道沿い

敗者に連なる史実を追うことの常として余りにも史料、資料不足。
何時の世でも、「歴史は勝者が著す」もの。
敗者に残されたものは、往々にして勝者の視点で歪曲された不名誉な末路。




下麻生陣屋(神奈川県川崎市下麻生)11時45分から12時00分


「新編武蔵風土記稿」に旧陣屋があったと記されているのみ。
鎌倉期以前の武士の屋敷、館も「陣屋」、戦国期の館城のようなものも「陣屋」、家康の関東入府以降から寛永期頃までに多く設置された旗本陣屋も「陣屋」ということもあるので、的を絞り様がないという現実が。
そもそも「下麻生村の北の方」という記述だけで領主名、陣屋名、時代背景、具体的な所在地なども不明。
またもや「古城址探訪」さんのサイト情報のお世話になり、キリスト協会のある丘陵中腹へ。
とはいえ宅地化され尽くした感のある周辺には、遺構に繋がるような手掛かりなど見つかる僥倖などあるはずもなく。


   協会付近からの眺望

この時点で時刻は正午過ぎで、予定していたタイムスケジュールより前倒し。
今後の見通しは全て足の状態如何。
2時間前くらいに服用したロキソニンの薬理作用も次第に減衰。
しかし副作用の多いとされるもう一つの方は最後の手段として温存。

川崎市バス発車あとを恨めしく見送ると同時に小田急バスが後方から接近。
「やれ嬉しや」とばかりに小田急柿生駅まで乗車し、小田急で読売ランド駅へ移動。



寺尾城(神奈川県川崎市菅馬場)13時00分から13時15分

比高差は約30m、小田急読売ランド駅から徒歩約1.3km。
往路はもしも元気ならば徒歩20分弱で辿りつくはずの所、生憎と緩い登りが坂が続き、下ったと思えばまだ登り坂となり、その足取りは折からの暑さと空腹のため鉛を引きずるような按配に突入。
この時点ですでに歩行歩数は2万歩超に。
こうなってくると、もう一つ購入しておいた昼食用カレーパンに全く食指が動かないような疲労も発生。

このようなときに限り、遺構がやや不明確。
自然地形の谷のようにも見えなくもない空堀跡らしい竪堀、掘り込まれた古い山道とその両側の地形に腰郭のようにも思える地形も確かにあります。
いずれにしても、これで漸く秩父、横浜、川崎と関東寺尾城トリオが完成に。



帰路はこのようにそこそこ疲れていたこともあり、無理せずに馬場南から駅まで小田急バスに乗車し読売ランド駅へ向かい小田急向ヶ丘遊園駅に移動。
バスと電車に続けて乗り継ぐことで、結果として足への負担が緩和され、いくぶん足の痛みは小康状態。



枡形山(神奈川県川崎市多摩区桝形6丁目)14時25分から14時40分

比高差は約60m、バス本数が少ないので小田急向ヶ丘遊園駅から徒歩約800m+比高差60mほどの坂道付。
この駅に下車したのは恐らく60年以上以前のこと。
物心ついた頃に家族で訪れていた微かな記憶も。

枡形山30年以前から市民公園として利用されていることもあり、平日の午後という時間帯でしたが山頂は軽スポーツで走り回る家族連れで満員状態。
このため被写界に人影のない構図を決めるのに一苦労するような有様。


    1.山頂の主郭        2.北尾根筋の馬の背

城址公園やメジャーな近世城郭は殆ど出向かないため、城跡関係でこれだけ多くの人を目にしたのは2008年6月に訪れた福島白河小峰城にて保育園の遠足集団に遭遇して以来のこと。
郭跡は城跡らしからぬ展望台付の広大な運動広場と化し、急峻な山頂部の地形などを除くと城跡とは思えないような佇まいでした。
城跡石碑周辺も人と手荷物の夥しさなどで大いに賑いを見せていました。
元々人ごみを好むような性質ではないこともあり、トイレをすまして最低限の撮影を行い即刻撤収。



稲毛氏館(神奈川県川崎市多摩区桝形6丁目)14時50分から15時00分

前記枡形山山頂から5分ほどで到着する北へと下る通称「暗闇坂」の麓近くの尾根筋先端部。
歴史的に有名な畠山重忠が討ち死にを遂げる北条氏の陰謀に巻き込まれた秩父平氏一族の鎌倉御家人稲毛三郎重成の居館とも伝わる場所で、現在は真言宗豊山派稲毛山広福寺境内となっています。
一般には史実とは遊離しているようにも評されている館址ですが、伝承は伝承として語り継がれてきた経緯、背景に想像を膨らませる楽しみも大切です。


   1.山門近くにて     2.北山門を山腹から見上げたもの 

寺院境内と麓との比高差は約12mほど。
すぐ西側には専修大学のキャンパスがあることから、地図読みをするまでもなく、人の流れについていくと勝手に駅前に到着。



時刻は未だ午後3時過ぎ、日没までは3時間以上の余裕。
この後は東隣りの長尾陣屋跡へ赴く当所の予定。
すでにこの時点で5か所探訪という最低限の目標クリア。
相次ぐ藪蚊の襲来と現下の足回り事情を慮り 撤退を決断。

より分かり易くいうならば、藪蚊に刺されたあまりの痒みと帰りの電車で座りたいので夕方以降の通勤ラッシュ時を避けたまでのことです。
しかし、登戸はともかく武蔵小杉での乗換時のコーンコースと階段の多さに辟易。

数年前には週3回も出かけた時期もあったと記憶。
今回のように目的地が市街地ではなく、当時の移動は基本的に車仕様。
しかも還暦前で今よりは身体能力に格段の差異。


何しろ前回から中三日での城館探訪。
むろん足元の回復具合が懸念材料。
暑さなどで朦朧となりつつも、どうにか約37500歩、だいたい28kmを完歩。
路線バスに大いに助けられ、その有難味を思い知る。
かりにそれを歩きとおしたと仮定するとその距離約4kmに。
恐らく体力の消耗は限界に突入かと。

さて今回使用したニューバランス製ウォーキングシューズMW880。
おおむね約2万歩あたりまでは左足踵の痛み軽減にある程度の効果を発揮。

移動手段が車の場合には殆ど2万歩以内になることから電車・バスを利用しない地方遠征には大いに役立つ可能性大。
なお、本日の体重は今年に入ってから最低の85キロ台を達成し、今年の1月からは8キロの減少し、近年細くなる一方の太腿、脹脛も以前どおりにじわじわ復活。

拍手[1回]

とうとう5回目となる横浜市内の城跡めぐりになりました。
この日も予定通り自宅を午前4時半に出発。
定刻通り午前6時43分、JR横浜線中山駅に到着。
今朝は全く飲まず食わずなので、カロリー補給のため駅前のローソンでビーフカレーパン1個を購入。
さすがに「袋に入れますか」とは聞かれずにシール貼付のみ。
小銭が財布に貯まるのが面倒で、委細構わずにカード購入。



小山(こやまじんや、横浜市緑区小山町) 7時30分から7時50分
JR横浜線中山駅から恩田川に沿って徒歩約1500mほど。

中山駅北口で下車し駅前外れの公園で先ほど購入したカレーパンで朝食。
より正確に言えば、カレーパンを食べながら公園に向かいそこで完食。
近年では大分減ってきたとはいえ、横浜市内も緑区のこの恩田川沿いの低地になると、まだ所々水田耕作もされていて青苗が元気に生育を始めていました。

開幕前の文禄年間に、旗本荒川長兵衛重世がこの小山村を知行した頃の陣屋跡と伝わります。
最初は「古城址探訪」さんのサイト情報をたよりに、地元の農園のあたりをふらふら。
恩田川沿いの自然堤防のような微高地です。
くわえてこの時点で、すでに蒸し暑さのために汗だくとなり足取りもふらふら。


   1.先日訪れた榎下城      2.小山集落の一角


次にもうひとつの可能性として旧小山町北西境付近も訪れてみました。
無論、現代になり小山村は西八朔町から一部編入をうけているようなので、町名とその境界の変遷を詳細に調べてみる必要があります。
これは「新編武蔵風土記稿」に「村の西北の隅にあり」という記述をあくまでも字義どおりに解釈してみたもので、それ以外に根拠のあるものではありません。
前者と同じような自然堤防の微高地ですが、なんといっても集落外れの道の曲がり具合がよかったのです ^_^;


  3.小山集落北西境付近



八朔陣屋(はっさくじんや、横浜市緑区北八朔町) 午前8時50分から9時10分
小山陣屋付近から北方の丘陵越えで徒歩約2300mほど。

なにげに唾液が刺激され、耳下腺にちょっとした違和感を感じるような地名でもあります。
小山陣屋からひと丘越えるルート沿いの地形にも興味がわきます。

 
1.世尊院までの丘陵越えルート      2.同 左


   3.谷戸の開墾地形        4.美しい崖線部


「城郭大系」「新編武蔵風土記稿」などにより推定されている陣屋跡は現在の世尊院境内ですが、境内自体は約500平方メートルにも満たないような丘陵中腹の狭隘の地です。
しかしこれに境内背後の墓地続きの削平地2か所を含めてると、約1500平方メートルくらいとなり「新編武蔵風土記稿」の「一反八畝」という記述にはおおむね合致はします。

しかしここで少しややこしいのは、西八朔村と北八朔村の関係。
元々は一村であったものが、近世以降に分村して、現代になり一部が北八朔と西八朔町の間で編入交換されているようです。
この辺りのことを調べ始めると明治初期の町村合併に始まるその後の経緯を追わねばならず、机の周りが資料の山積みとなり収拾がつかなくなりそうなのが怖いのであります。


    1.世尊院本堂       2.同寺境内からの眺望


   3.墓地脇の削平地

「所領役帳」によれば後北条氏家臣の笠原氏の所領とも。
近世に入り久世氏の所領とされた時期もあるようなので、その人物関係を含む明確な伝承が遺されていないということは、ため池工事が行われた際に笠原氏関係の屋敷跡を一時的に再利用したという可能性もあるようにも思われました。
無論あくまでも可能性のひとつとしての空想であります。



谷本城(やもとじょう、横浜市青葉区藤が丘) 午前9時40分から10時20分
麓との比高差は約20mほど。

「新編武蔵風土記稿下谷本村の条」に「台山 村の中央にあり、また馬場台ともいえり、このあたり城跡なりといえり 」がほぼ唯一の城館跡としての手がかりですので、あくまでも伝承の域を出るものではないようです。

北東には東名横浜青葉インターがあり台地東端部には谷本小学校が所在。
こちらも「古城址探訪」さんのサイトを参考にさせていただきました。
住居表示以前は下谷本町の範囲で、現在は藤が丘と命名。
すぐ南側の千草台公園から丘陵の様子を撮影、と思ったら、何と「台」と名がつく公園は谷底に存在していしました。
比高差20m前後の宅地開発された低丘陵の場合には、等高線情報が曖昧であることが多く地図上からの地形判断に苦労します。


    1.谷本小学校       2.谷本小学校脇の坂道


 3.東側東名インター側から


もう一つは杉山神社がその中腹に鎮座する南側の千草台付近も訪れてみました。
こちらもほぼ同様の台地地形で、両台地の谷戸に存在しているのが前記の千草台公園にあたります。


    4.千草台の坂道       5.杉山神社社殿

明らかに事前の準備が不足しており、あらためて地元郷土史、伝承関係の文献などを当たらねばと思う次第です。



上原館(横浜市青葉区市が尾町) 午前10時50分から11時25分

一般に真言宗東福寺が上原氏の館址と推定されています。
前記の谷本城の対岸台地に所在し、その距離は約800mほど。
境内西側に高さ2mほどの古塚もあります。
これを城跡に関連する土塁、櫓台などと見るかどうかは何ともいえないところです。
むしろ同寺が所在している台地の切岸状地形が印象的でした。
「横浜の戦国武士たち」(2012年/下山治久 著)によりますと、上原氏は後北条氏滅亡後に市が尾に帰農し、その後は代々名主を務めたということです。


   1.東福寺西側崖線部        2.左 同


   3.真言宗東福寺本堂     4.浅間塚或いは古墳


上原氏が開基と伝わる曹洞宗朝光寺も訪れました。
「新編武蔵風土記稿」には「五輪塔」が所在すると記載されていましたが、見当たりませんでした。
立地条件はこちらの方が眺望も良好で、谷本城方面も一望できるはずなのですが、東名自動車道が障害物となって視界を妨げておりました。


   5.曹洞宗朝光寺山門     6.同寺駐車場からの眺望



荏田城(えだじょう、横浜市青葉区荏田町) 12時25分から13時00分

事前の情報のとおり私有地のため立入不可。
東名側道方面から切岸のラインを目にすることが主目的。
この季節ゆえ事前の不安は的中。
予想に違わず叢生する草木しか見えないという景観。
また、南西部の標高の高い個所が城域ではないことに些かの違和感も。


    1.深坪橋から      2.城跡はこちらの方らしく


   3.やはり見えない


ここで念のため歯を食いしばり少し迂回。
せっかくなので北東側の東名高架下からも拝見を試みました。
しかし努力の甲斐もなく、やはり眼前には濃緑の丘陵風景が広がるのみでした。


   4.東名高架下から

この日の気温は30度前後、時々日差しが雲隠れ。
それほどの暑さではないものの、何と言っても90% 前後という高湿度。
かいた汗が全く乾かないので体の冷却機能も半減。
このため、持参した経口補水液以外にも自販機で4本の水分補給。

さて藪蚊に食われることを厭わなければ、まだまだ3か所くらいは廻れそうな時刻。
しかし、それよりも最初の一か所目の終わり頃から早くも左足に違和感。
痛み止め服用と、用意していた足回りの応急処置が無ければ2か所目くらいで撤退の可能性も。
遺構も所在も定かではない4か所に、遺構はあれども近づけないという城跡1か所という次第。
それでも足を引きづりながらもどうにか30000歩、約20kmに。
当所の予定通りの5か所でも健闘に値と自画自賛し引き揚げ。

 本日の総費用は、
往復の電車賃1544円、
これに市が尾から荏田までの一駅分が170円、
昼食代が800円、
ビーフカレーパン126円、
自販機飲料代460円、
以上で計3100円也。

今後のことは、足の痛み(⇒踵骨棘または足底腱膜炎など)と気力次第に。
「神奈川県城跡めぐりの旅」は、これから先まだまだ続くのかどうか本人にも不明。

拍手[1回]

前回の6月10日以来、天候事情に左右され続けて9日ぶり、連続で通算4回目となる横浜古城めぐりへ。
だいぶ馴染となってきた感のある日吉駅からそのまま市営地下鉄グリーンラインで川和駅まで。
今回は川和駅周辺に限定して、できるだけ徒歩による移動距離を圧縮。
何故これほどに横浜方面に拘泥するのか自分でもまったく不明。
「遺構のなさ具合」と「偶に見ることのできる遺構に限らない様々な証」との落差が興味を惹くのかも知れず。
なお今回も前回にひきつづき、「古城址探訪」様のサイトからご教示をいただいております。
  
  

  
川和城(神奈川県横浜市都筑区) 午前8時00分から8時20分
地下鉄グリーンライン川和駅から徒歩約400m、比高差約20m

「城郭大系」では、妙蓮寺が所在する丘陵付近に「土塁」が見られたとの記載が。
「新編武蔵風土記稿」では「川和城塁」と記載されています。
そうはいっても恐らくは1970年代後半頃の調査なので、宅地開発等が進行した現在では影も形も見ることができないであろうことを承知のうえの探訪です。
案の定想定される妙蓮寺裏山一帯は墓苑整備によりその旧情を偲ぶには程遠い景観が広がっています。
それでも、画像8のように比高差20mほどの城山付近からの眺望は確かに優れていることが分かります。
また、この丘陵の東に谷戸地形があり「館」が所在していた可能性を示唆していますが、現在では画像7のように川和団地の建物が立ち並んでいます。
それでも僅かに谷戸の北西側に当時を偲ぶようにも思えなくもない画像10のような崖線地形が遺されておりました。

 

  1.日蓮宗城根山妙蓮寺     2.城根山の石柱と山門 


   3.本堂裏の丘陵斜面     4.たぶんホタルブクロ


5.ネコさんに遭えなかったので     6.妙蓮寺墓地


  7.館址とも伝わる谷戸    8.城山付近から眺めた西方


     9.丘陵跡        10.谷戸の北西丘陵辺縁



伝・池辺城、加賀原(神奈川県横浜市都筑区) 午前8時45分から9時10分
川和城から徒歩約600m、比高差約25m

「城郭大系」によりますと、県立川和高校の東側あたりから南へ続く丘陵一帯に大丸、小丸、三の丸、中丸、二の丸(現都田公園付近)などの古地名が遺され、ついつい城館址との関わりを想起してしまうものがありますが、その詳細については不明の模様です。
加賀原はおおむね先の二の丸南方に隣接した丘陵一帯で、現在でもそのまま町名として遺されていましたが、この地名が「新編武蔵風土記稿」に記されている加賀原と完全に一致しているのかも不明です。
城郭愛好者の間ではあまり評判の芳しくはないともいわれる「日本城郭全集」では、現在の池辺町に加賀原という台地があり「池辺城」が存在し、中田加賀守の城であったことが記されていますが、その出典もまた不明です。




1.月出松公園(縄文早期の建物遺跡)   2.同 左


 3.月出松公園南東側の丘陵    4.高さ1.5m以上の切岸


   5.人口的地形の趣      6.削平されている形跡 


   7.それらしい地形      8.加賀原の地名は定着

「古城址探訪」様のご教示によれば、「月出松公園」の南東丘陵には、たしかに現在でも人工的に成形された斜面を伴う地形が屈曲した形状で遺されていました。
この丘陵は画像4から7の地点を最高点とした南北方向に細長い地形の丘陵でその南端部までは約400mほどの長さを有しています。
元々は西側に並行する坂道を含むもう少し幅の広い地形ではなかったとも推定されますが、ピーク付近では画像のように魅力的な県観を呈していました。
南東方向に伸びている地形でもあり、木々の成長具合などから戦中戦後の食料困難時代なとに耕作地として利用されていた可能性も考えられますがとても気になる地形でした。



池辺陣屋(神奈川県横浜市都筑区) 午前9時45分から10時20分
池辺城から徒歩約800m、最大比高差約15m

伝・池辺城から小さな丘陵を登りそのまま南東方向へ進んだところに、現在でも西から観音寺、阿弥陀堂、陣屋跡とほぼ一直線に並んでいるとおり、画像2の切通し地形からは元々は台地として繋がっていたことが窺われます。
松平忠吉の家老である小笠原氏の陣屋としての詳しい位置関係は不明ですが、「所領役帳」などからはそれ以前には後北条氏家臣であった座間氏一族との関連を示唆しているようにも思われます。



1.西方の観音寺 比高差約10m 2.観音寺と東方の阿弥陀堂の間


     3.阿弥陀堂      4.阿弥陀堂から眺めた東方面


  5.陣屋跡と伝わる台地       6.真言宗宗忠寺


7.阿弥陀堂から陣屋跡に向う台地 8.忘れていた池辺の地名を撮影



佐江戸城(神奈川県横浜市都筑区)午前11時15分から12時15分
池辺陣屋から徒歩約1.2km、鴨居駅まで徒歩約1.2km、最大比高差約25m

現在でも無量寺の北西に位置する杉山神社境内北東の丘陵上に長さ約40mばかりの土塁とこれに伴う空堀状地形が残存していますが、城郭遺構としての全容を想像するには些か不足気味です。
付近一帯は神社境内、寺院墓地、一部宅地のほか市民農園のような形区画形質が大きく変更され利用されていました。


   1.無量寺と杉山神社       2.杉山神社麓   


  3.社殿奥から土塁の個所へ     4.空堀と土塁


   5.土塁と空堀       6.推定郭付近から南西の眺望


    7.土塁と空堀      8.手前が郭で奥が空堀か?


ここについても「古城址探訪」様のご教示から、県道45号線の地蔵尊北の小尾根付近に気になる地形が所在しているとの情報を得て、前記の場所から丘陵を南北方向に縦断してみました。
以下の画像9から画像12からも分かるように、切岸状の地形を含む削平地も散見されます。
無論後世の耕地開発に伴うものである可能性も考えられますが、都市部の中に遭って森閑としたその光景には目を見張るものがあります



  9.比高差約25m        10.昼でも暗い小道


  11.切岸にも見える地形     12.削平地らしい光景も



榎下城(神奈川県横浜市緑区) 13時25分から13時分
中山駅から往復約1.6km、比高差10m前後

ある程度遺構の保存状態が良好であることか期待できた城跡ですが、やはり探訪に不向きなこの季節ならではの草木の繁殖でぼぼ塁線が見えません。
より正確に言えば、ありがちに言えば肉眼では確かに見えるのですが、デジカメにはただの木と草の塊という次第です。
寺院境内が南郭、これに付属する北側の墓地が主郭、その北側が的場とも呼ばれる郭などから構成されています。
北側を除く三方が空堀で防御されていたと推定されていますが、宅地化の著しい現在、その面影を辿ることは難しいという印象がありました。
あらためて季節を変えて再訪することの必要性も感じました。


   1.舊城寺への通用口       2.北側の切岸


    3.舊城寺山門      4.南郭南側土塁の西側部分


 5.南郭南側土塁の東側部分      6.主郭南西部


  7.南郭から見た主郭       8.主郭北側先端部


   9.的場付近の様子        10.西側の切岸


  11.土塁の張り出し部分       12.同 左


以上5か所を探訪した時点で未だ午後2時前なので、余裕であと2か所くらいの探訪は十分に可能な時刻ではありました。

本来は佐江戸城のあとに幾分遅めの昼食を予定。
ところが日曜日ということもあり目当ての蕎麦やが満員大盛況。
元々並んで待つのは好まない性質で、仮に2食抜いても問題のない体質ゆえ、こういう場合にはスケジュール前倒し。
こんな時のために、予め2か所ほど予備の探訪先を用意済み。

しかし積乱雲が垣間見られたような今後の空模様と、極度の発汗に伴う疲労、今後のモチベーション維持などを考慮して、当初の予定通り帰還を選択。
午後4時過ぎには自宅に到着しましたが、ほぼ時刻を同じくして予想通り夕立が降り始めました。

 今回は自宅から最寄り駅までの往復を含めても、約27000歩と久しぶりに20km程度の歩行距離に収まりました。
この距離だと足への負担が軽微であり、後日このブログを記述しているように2日ほどで回復。
横浜方面4回目にして、ようやくスケジュール通り無理のない探訪を行うことができました。
この夏は今後もこんなスタイルで余裕のある城館址探訪をしていきたいものだと、褐色に日焼けした両腕を眺めつつ深く心に刻みつけました。   

拍手[2回]

この日もいつも通りに早朝4時半過ぎに自宅を出発。
このところ三週連続で出かけている勘定になることから、頭の回転が始まる前にほぼ無意識に体が自然に動いているようにも思える始動。
こうなってくると、何処となく仕事の様な具合で、ルーチンワークのような趣も呈し始めてきている。
今回は疲労を考慮し、行先を絞り込んでできるだけ早めに切り上げる計画を考案。 
 
 

 
矢上城(神奈川県横浜市港北区日吉4丁目) 午前6時50分から7時15分

東急日吉駅で下車し、駅前の植栽を撮影したのち県道2号線を北上、途中で東へと道をとりそのまま慶応日吉キャンパスの外れへ余りに日吉台の台地に近づきすぎ、キャンパス内の部活施設近くに迷い込んだりしながらも東方の矢上城方面へと到達。

横浜市内では、やたらにあちこちに登場することの多い中田加賀守の居館とも伝わる。
鶴見川支流の矢上川が東から南へと大きく蛇行する地点で、慶応大学日吉キャンパスの外れに所在する小規模な単郭の城郭。
仮に現在遺されている単郭のままであったとするならば、ごく少人数により機能した物見砦のようなものを想定するのが妥当なのだろうか。
いずれにしても、台地続きである南側の旧情が不明であることから憶測の域を出ず。
事前の情報通りとはいうものの、残念ながら周囲はフェンスとコンクリート擁壁で囲われ、石碑をふくむ郭、堀切などを直接見ることは叶わず、麓から比高12メートルほどの小さな丘を見上げて探訪終了。


 新幹線が潜る矢上城の現況  中田加賀守との関わりを示す石柱

さて日吉といえば、だいぶ昔の半世紀以上前のこと、たまたま当時父親の勤めていた仕事先(記憶では慶応大学の学食)がこの日吉にあり、何かのついでに一緒についていった記憶が。
その当時は、草の生えた殺風景な台地に校舎が点在し、旧日本軍関係の防空壕やらのむき出しのコンクリートで構築された軍事施設跡が点々と所在していたという光景が記憶に。
とはいえ終戦から10年余りしか経っていない東京タワーが芝の岡に建設中の頃の話。
もうこの平成の時代にそうした形跡はないものと日吉台の北麓を城跡に向かい歩いている最中、切り立った崖線中腹部に何やら2か所ほどの古びたコンクリート施設が視界に。
出入り口はコンクリートにより塞がれているものの恐らくはそうした関連施設である気配が。
無論こちらもフェンスにより立入禁止。


 
桃井播磨守館関連地1高田天満宮(神奈川県横浜市港北区高田町) 
 午前8時10分から8時30分

日吉駅から横浜市営地下鉄グリーンライン高田駅下車。
今日一日はこの4両編成のカワイイ車両のお世話になる予定。

「城郭大系」および「古城址探訪」様よりご教示いただいた情報から、まずは北方に所在する高田小学校方面を目指して県道106号線を道なりに北上。
徒歩10分足らずで最初の目的地である高田天満宮に到着。
駅前からでも、それと分かるような比高差20m以上はあろうかという丘陵先端部に所在し、南方と東方は天然の要害に相応しい地形を呈す。
徒歩10分足らずでも、この傾斜のはなかなか登り甲斐が...終いには30段ほどの石段も。
神社境内は季節柄、至るところアジサイが満開状態に。
こんな次第で今回の撮影は概ね紫陽花尽くしの趣に。

神社社殿背後には恒例となる立派な神社の土塁も存在^^
南参道方面の十分な比高差と良好な眺望が印象的で、北西側の台地続きを除いて神社境内の丘陵自体も南方へ大きく突出した半島状地形を形成。
天満宮の手書きの由緒書きには、南北朝初期に領主であった桃井播磨守直常が当社を建立した旨が記されていた。
これは恐らく「新編武蔵風土記稿」に収められている都筑郡之五神奈川領、高田村の条を引用したものと解される伝承を記したものと解される。


    高田天満宮遠景       高田天満宮由緒書


   社殿裏側の「土塁」      神社境内の紫陽花


     神社境内          南側の崖線部


   削平されている地形       比高差は十分


  西側の住宅地からの社叢

 
未だ2か所目の端緒に過ぎないにも拘らず、すでに体力的にはこの辺から折からの蒸し暑さに加え、次第に足元の鈍痛がその厳しさを増加させ徐々に疲労が蔓延。
かりにこれが片道1時間ほどの目的地ならば、即刻帰還するかも知れずと思いつつ次の個所へと移動。



桃井播磨守館関連地2(神奈川県横浜市港北区高田町)
 午前8時40分から8時50分

塩谷寺が所在する一帯が台地と丘陵先端部により囲まれた地形を形成。
この地点に赴くには比高20mほどの急坂をハアハアいいながら往復しなくてはならないという苦行の宿命が。


   塩谷寺の山門と境内      同寺西側の丘陵

このあと高田(たかた)小学校付近を歩いて東西方向に伸びている台地地形を確認。
北側の比高差は南側に比べて、その半分ほどの10m前後と幾分不足気味であることも確認。



桃井播磨守館関連地3(神奈川県横浜市港北区高田町) 
 午前9時00分から9時15分

台地北東部先端の興禅寺境内付近。
同寺の寺伝では元応2年(1320)に桃井直常が再興したと伝わる。
「新編武蔵風土記稿」では所在地について明記は無く、「天神社より西の方に天神の原と云う所あり、此所桃井播磨守が館迹なりといひ傳ふ...」とのみ記載。

念のため付近の様子を拝見してみたところ、同寺北東の民家に僅かに土塁状の地形の一部が残存。
方角から見る限りでは風除けの土塁ではなさそうな印象。
だいぶ消失しかかっているが、崖線部を含めL字型形跡を確認。
しかし城館遺構との関連は不明。


    民家境の土塁        たぶん土塁かと


  消失間近な崖線と土塁       興禅寺の由来

 
   天台宗興禅寺山門



山田城山比定地1
(神奈川県横浜市都筑区山田町) 10時10分から10時30分

「新編武蔵風土記稿」巻之85都筑郡之5山田村の条によれば、小名堀ノ内、殿谷につづき「城山(じょうやま)東の方にあり、前の殿谷(とのやと)の丘を云、高さ三丈(約9メートル)餘(あまり)登りて一丁四反許(約1400平方メートルばかり)の處(ところ)なり、今城跡と唱ふるは北の方にあり、されど誰人の居城なることをつたへず、或は鎌田兵衛正清が居住せし處なりといへど覚束なし、...」と記されている。
この記事によれば、城山が殿谷の比高9mの丘で北の方角にあるとも、或いは比高9mほどの殿谷の丘とは別に、北の方角にある城山が所在しているようにも読めるように思われる。
伝承の曖昧な鎌田正清の居城の真偽はともかくとして、この古城址の存在について具体的にその所在は何処なのかということになる。

1番目の比定地は通称鎌田堂という地蔵尊が所在する南側背後の丘陵。
比高差は確かに10mほどであり、「新編武蔵風土記稿」にも「地蔵堂 村の東中原新道にあり、これを土人(地元民)鎌田堂と云、2間に3間なり、...此邊(このあたり)を土人呼て城山或は鎌田屋敷などと云」とも記されている。
これら「新編武蔵風土記稿」の記述を信頼すれば、有力な比定地のひとつには違いないのだが、現在では生憎とこの竹林への立ち入りが禁止されていることから付近から拝見するに止まった。


   住宅背後の丘陵           鎌田堂


   鎌田堂背後の竹林    鎌田正清館跡の文言を含む石碑


 立入禁止の竹林を手前から

 

山田城山比定地2(神奈川県横浜市都筑区山田町) 10時40分から11時10分

2番目の比定地は「城郭大系」が示していると推定される、現在URの集合住宅が所在するコンフォール城山の丘辺りで、西方には堀ノ内の地名も伝わる丘陵。
西側麓には城山交差点、城山バス停なども所在する土地柄。

中原街道を鎌田堂方面から歩いていくと、南西約250mほど先にひときわ大きくせり出す比高20mほどの丘陵先端部が視界に入る。
中原街道旧道に入り最初の十字路を右折し、北側の住宅内の細い坂道を息を切らしながら道なりに北上していくと、200mほどすすんだ辺りに東側へと入る竹林の山道がある。
これをさらに南東方向に道なりに100mほどすすむと高圧線の鉄塔が所在する個所に到達し、眼前には人工的な地形が展開している。


  ひときわ目立つ丘陵      竹林の中の道をすすむ


  堀跡に見えなくもないが    小口ではなさそうな

その現況については、一見小口のようにも見えなくもない地形や、堀跡のようにも見えてしまう地形も所在したりして全く飽きさせないものもあるが、多分に近年の重機などの工作跡のような印象も感じられる。



山田城山比定地3(神奈川県横浜市都筑区山田町) 11時20分から11時50分

前項の比定地2から中原街道旧道をそのまま何性方向にすすみ「のちめ不動」を過ぎ、百石橋西側交差点を渡り、そのまま120mほどすすんだところに幾分戻るような北側に曲がる細い道に入る。
そのまま距離にして約50mばかり進むと進行方向左手に南西方向に登ってゆく石段があり、これを少し登った個所に「堀之内稲荷」の小さな祠が所在している。
ここからそのままフェンス沿いに登ってゆくと、すぐに進行方向右手に土塁のようにも見えなくもない細い尾根筋が視界に入る。
さらに歩みを進めていくと山田神社境内の東側へと到達する。


     堀之内稲荷         途中の尾根筋


   山田神社東参道        境内の北側崖線部


 鎌田正清の名がある神社由緒     南側参道から


     南側参道         南側参道の途中


    南側表参道麓


山田神社境内は北側は切り立った崖線を形成しているものの、東側は先ほど登ってきた比較的緩やかな稜線であり、西側にはあまり比高差を感じることのできない住宅地が広がっている。
さらに南側には約300mに近い長大で緩やかな傾斜を有する参道が続いている。
南方の視界は良好であるものの、伝承性の色濃い中世初期の武士の館は別として、いわゆる要害地形としては些か不十分な印象が強い。

以上3か所の山田城山の推定地についても、「城郭大系」のほか、「古城址探訪」様よりのご教示によるものです。



殿山伝承地(神奈川県横浜市都筑区早淵) 12時50分から13時10分

山田城山からの道のりが、ほんの僅かとはいえ早渕川の段丘を超えるルートであり、かつ直線ではないこともあったりして、この日の蒸し暑さも加わり8割がた探訪断念寸前にまで疲労困憊。

あくまでも「殿山」の地名から訪れてみた場所であり、早渕公園の南側に隣接している比高5mほどの造成宅地西側斜面に丘陵としての名残を止めていた。


   伝・殿山付近           同  左

こちらも探訪のきっかけは「古城址探訪」様よりのご教示によるものです。


帰りがけに路線バスを当てにしていたものの、午後2時という時間帯は僅かに1本のみで、しかもバスは今しがたの13時6分に出たばかりという最悪の状況。
ここは英気を養うために遅めの昼食を摂るべく、左右の沿道を眺めつつ東山田駅方面へとよろよろと歩を進めるも、あるのはラーメン店が2軒に松屋にマックという按配。
足の痛み、肩の痛み、梅雨晴れの暑さの三重苦のなか目に入った和風レストランの「味の民芸」
このさい贅沢は言えないので何を食べようが、とりあえずエアコンにあたりたいという一心で入店。
頼んだのは「三元豚のつけうどん」と「ミニソースかつ」(かつ2切れ)を追加。
食事時間を含む都合1時間ほどの休憩により、どうにか残りの目的地へと赴く気力だけは復活。



茅ヶ崎城(神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎東2丁目) 14時35分から15時20分
 
広い城址公園をこの時期訪れていた人は皆無で小机城同様に城跡を独占。
ところが事前に想像していたよりも夏草が元気に繁殖し郭一面を覆い尽くし、復元された主郭の小屋址の石も草に覆われ足でかき分け捜索するような始末。
堀底が舗装されていることから郭間を歩く分には問題がないものの、予想されていたこととはいえ、郭の形状、土塁の規模、配置、小口の様子を観察するには矢張り不向きな時期であった。
草刈りのお手伝いをしたいところなれども持病の腰痛が。


   茅ヶ崎城入り口        画像中央が主郭


      主 郭         主郭(左)と西郭

 
   主郭(左)と西郭         主 郭


     西 郭          西郭北側の土塁


    西郭の土塁           堀切か


   主郭(右)と西郭    主郭(左)と東郭の土橋・堀切


     主   郭       東郭の腰郭手前の堀切


   東郭からの眺望          東 郭


   主郭と北側土塁        主郭と南側土塁


      北 郭       北郭から見た主郭小口付近


このあと市立博物館に立ち寄り、休憩がてらに暫し資料関係を収集。


  「都筑まもる」くん      横浜市立博物館玄関

ここで携行していることを忘れていた副作用の常習性もある「痛み止め」2剤を服用。
薬の効果はその後帰宅した後まで継続。
しかし、2日後に重度の腰痛と肩痛が発生。
つまりは痛みを一時的に麻痺させていただけのことで、本質的に痛みの原因を取り去るものではないのであった。



大塚遺跡(神奈川県横浜市都筑区大棚西) 15時50分から16時30分

有史以前の環濠集落跡で、あくまでも帰りがけのルート沿いなのでついでに立ち寄る。


    復元環濠集落        復元竪穴式住居

この幅くらいの環濠の規模では仮に排水路などとして利用されることは想定できても、人間を含む外敵の侵入を防ぐという防御性を高めるうえで、果たしてどれほどの効果があったのかどうかについてはいささか疑問も残った。
また堀の外部に土塁と柵列があるが、内部からは見えづらく外敵が身を隠すことのできる不都合な配置となっていることも明白であり謎は深まる。
 
 
 
この日は〆て4万歩なので、前回に比べれば歩いた距離はたかだか31キロメートルほどに過ぎず。
また延比高差の方も先週よりもはるかに少なく、僅かに延べにしても約150メートルばかり。
数の上では10か所だが、あくまでも比定地などが多いことから実質は6か所ほどという成果に。

一方で今回試してみたスポーツサンダルは可もなく不可もなく。
確実なところでは、踵には優しいがやはり斜面には不向きという結論に。
また踵サポーターはその装着方法の工夫次第なので、ある程度は歩行に伴う痛みは軽減可能であることを再確認。

この日の暑さに伴うと疲労もかなりのものだったことから、今回は今までの状況に加えて右腰(足の痛みをカバーして歩く姿勢)と左肩(たぶんデジカメの携行によるもの)にダメージ発生。
携行した痛み止めは当座の対処としては効果覿面なのだが、翌々日から腰と肩の痛みを併発して、只今継続中(6月13日午後4時15分現在)で少なくとも一週間程度は身動き不可に。

以前から横浜方面は全く地理不案内。

公共交通機関での所要時間は地下鉄副都心線、東急直通があるというものの正味で約1時間半。
これが乗り継ぎの場合には2時間近くに。
自宅から最寄り駅までの所要時間をプラスするとだいたい片道2時間半。
これがいままで敬遠してきた最大の理由のひとつ。

三度目となる訪問で、ようやく東急東横線の南北方向に加え、菊名経由のJR横浜線、日吉からの市営地下鉄グリーンラインの路線図が何とか脳裏に浮かぶようになってきたことは大きな成果。
さて今後四度目の横浜探訪があるかどうかは、今後の梅雨の空模様と気力次第に。

拍手[1回]

途中撤退することとなった先月の借りを返すべく再び横浜方面へと赴きました。
この地域で遺構の残存状態では良好な部類に含まれ、かつ季節的に訪問可能な小机城、茅ヶ崎城、榎下城方面は遠望するまでにも至っておりません。
当面の城館探訪にあたり、喫緊の課題でもある長時間歩行に伴う両足踵の痛み対策などを新たに考案。
極力歩行距離を抑制し、比較的短い距離でもタイムロスのない限りはできるだけ電車、バスを活用する方針と合わせて現状でとりうることのできるプランを考案してみました。
果たしてその結果は...



獅子ヶ谷殿山(横浜市鶴見区獅子ヶ谷町) 午前7時00分から8時20分
 
 この日の手始めは獅子ヶ谷の殿山で、東急大倉山駅から徒歩にて向かう東急東横線東側の低丘陵地帯です。
この時ふっと脳裏に浮かんだ発想とまでにも至らないような漠然としたイメージが、後々の所要時間浪費の伏線を暗示していたとは思いもよらず。

 
1 師岡公園

途中で稜線上に所在する上記1の師岡公園を左に見ながら、比高差20mほどの丘陵を越えて丘陵に挟まれた谷底道のような細い市道にて殿山南麓に所在している横溝屋敷方面へと歩みを進めていていきました。
この一帯は南北を東西に延びる細長い丘陵に挟まれており、いろいろと魅力的な地形が各所に散見されますが、その多くは宅地開発により旧情を窺うことが難しくなっています。
すると、また今しがた越えてきたばかりの画像2の丘陵ラインがほんの少しだけ目視できるような緩やかな下り坂の地点へと到達。

 
  2 稜線は師岡公園の一部
 
上記の稜線が気にかかる地形のひとつでしたが、当面の目的地とは300メートルほど離れた地点でもあり、そのままスルーして目的地のひとつ手前の永昌寺に立ち寄り、念のため尾根筋からのルートが無さそうなのを確認してから「みその公園、横溝屋敷」へと向かいました。
南側から見上げる殿山の景観は画像3のように比高30メートルほどの低丘陵でありながらも、両脇に支尾根を抱えるなかなか堂々とした山容でありました。

 
3 殿山(民家背後の正面あたり)4 横溝屋敷

横溝屋敷の古民家の風景を外部から撮影し、さていよいよ殿山へ登ろうとフェンスに近づいたところ、何と南京錠により施錠中というまさかの事態に直面し暫し茫然。
時刻は確かに未だ午前7時なので、施錠管理されていれば未開錠も道理といえば道理かとも。
しかし脇の方からも入れるような隙間もなく、やはり昨日までの予定通り先に大倉山方面に赴くべきであったなどと独白してもあとの祭りとなりました。
このあと、付近の地形を観察しルートを探し、少しだけ苦労して(⇒ホントはかなりの体力消耗)尾根筋の散歩コースへ到達し再度殿山方面へ。


5 この稜線は市民散歩コース 6 この先が殿山の山頂

あとから判明したことですが、横溝屋敷経由の入り口の開錠時刻は画像7のように午前9時30分でした。
それでも元々散歩コースとして管理整備されているため、それ以外に少なくとも4方向からアプローチできることを知りました。
また悔しいことに、先ほどの画像1の師岡公園からは、そのまままっすぐ尾根筋を辿ればこの殿山に到達できることも判明するというお粗末さ(笑)
周辺のアクセス環境を把握できたとはいえ、まさに徒労の一言に尽きました。
この時点で当所の予定時間を軽く1時間近くもオーバーするというおまけつきです。


7 横溝屋敷の開館時間    8 殿山山頂付近


9 横溝屋敷へと向かう痩せ尾根 10 殿山山頂付近


頂上部は公園整備が行われているので旧情は不明ですが、確実に削平地形が存在し低丘陵の割には明確なピークを形成していることは把握できます。
「城郭大系」では小田切氏との関連を示唆し、かつ「堀と土塁の存在」を示していますが、現状では削平地の周辺に確認はできません。
強いて言えば山頂部の斜面は切岸にも見えなくもないような気がしてきますが、たぶん気のせいなのかもしれません。


 
12 殿山山頂付近の斜面


帰路はそのまま尾根筋を南西へと向かい、想定通り師岡公園へと到達しました。
公園北東部には、一見すると土塁のようにも見えなくもない地面の盛り上がりも所在。
無論公園造成の際に大きく丘陵地形が改変されている可能性が想定されます。


13 尾根筋の削り残し    14 同  左


15殿山よりも城跡らしい景観

この程度の丘陵歩きですが、右往左往した結果比高差累計はすでに約80メートルに。
帰路、大倉山駅方面へと向かう道すがら、ここで早くも踵部分の違和感が発生。
未だ歩行数は9000歩と少しなので、今までの経験上からはあと1万歩くらいは大丈夫かと。
しかしそれでは大倉山方面で終わってしまうことになるというのは如何なものか...往復に伴う所要時間5時間の元を取るには少なくとも延べ5カ所程度は...などと愚にもつかないような皮算用をし始める愚かな管理人なのでありました。
管理人の思惑を嘲笑う様な連続し漸増する痛みとの激闘は、これがあくまでも序章に過ぎませんでした。




大曾根城(横浜市港北区大曽根町) 午前8時50分から10時50分

今度は獅子ヶ谷殿山しは反対側ととなる大倉山駅西方の高台です。
東急東横線の軌道により丘陵が大きく分断されていますが、本来はそのまま東側へと続いていた地形のようです。


1 丘陵を南北に通過する東急 2 この辺りでまだ三分の一


3 大倉山記念館       4 同    左


5              6 説明版もありました


7 この個所には味わいが   8 細長い郭状の地形です


9 確かに眺望は優れる    10 途中の尾根筋も公園化


11 龍松院境内

笠原氏関係の石碑が所在しているという龍松院は閉門しておりましたので、石碑は拝見しておりません。


12 この辺が最もそれらしく 13 これは新しい腰郭(笑)

上記左側の画像の個所が、下記の右下の画像の個所に繋がっています。


14 龍松院山門       15この右側辺りが気になります

上記画像の右側に通行止めのロープを渡した個所がありました。
だいぶ不確かな情報ですが、ことによると何らかの足跡が存在するのかも知れませんが道路沿いから拝見する限りは何とも言えません。

ここでもまた初っ端から比高差25メートルほどを2度ほど上り下りしたのて50メートルほどに。
これで登った高さは早くも延べ約130メートルほどになりました。

 
16 尾根筋が括れていた個所

太尾見晴らしの丘公園に赴くにあたり、牢尻緑地の南東側の市道を登り尾根筋沿いに移動開始して都合25メートルほどを登ってみました。
目指す地点は画像16の場所で、地形図などからも分かるようにこの地点は尾根筋が大きく括れていることから堀切などを置くには好都合な鞍部でした。


17 南西側のv字谷     18 北東側の谷

画像16から18に示したように、なかなか感じの良い尾根筋の括れを確認できましたが、残念ながら現在付近一帯は大々的に送電線関係の工事の真っ最中らしく、肝心の個所には建設資材運搬用のリフトが架設されておりました(苦笑)
もともと過剰な期待はしていませんでしたが、気持ちを新たにして北西の尾根続きにある「太尾見晴らしの丘公園」(画像19、20)へと移動しました。


19 太尾見晴らしの丘    20 同   左


21中腹からでも見通しは良好 22麓の印象よりも比高差がある


23 鶴見川と堤防      24鶴見川沿いの舟運の河岸跡碑


大倉山駅周辺の僅か2か所を探訪し終えたこの時点で時刻はすでに午前11時近くに。
当所の滞在予定を大幅に超えた時間消費となり、朝方涼しかった北風も、やがて南へと変わり体力・気力の方も相当に消耗していきました。
その一方で、もともと課題であった踵の違和感も徐々に拡大増加の一途。




小幡泰久館(横浜市港北区大豆戸町) 午前11時50分から12時05分

ここでの比高差は緩い坂道と寺院と神社の石段くらいのものなので、合計してもせいぜい15メートルほどなので、この際はのんびり休みがてらの歴史散歩のような訪問。


1 これくらいの比高差    2 本乗寺山門


3 八杉神社鳥居       4 石段は割合少ない


5 八杉神社社殿       6 雰囲気の良さそうな法面


「城郭大系」と現在の地形を見比べると、こじんまりとしたこの八杉神社境内辺りから南東の本乗寺のあたりの丘も伝わりますが詳細は不明のようです。



篠原城(横浜市港北区篠原町)13時00分から13時10分 先月に続く再訪

先月訪れた後でネットを調べたところでは城跡北側に説明版が設置されている由が掲載されておりましたので、完全に見落としていました。
こうした一連の画像撮影のため再訪しましたが、結果的には些か間の悪い再訪でもありました。
現地解説版などによりますと、金子出雲に関係する城跡であうとのことで、これは恐らく「城郭大系」が示すところの「金子出雲守の塁」に相当する模様です。
「城郭大系」が「横浜線菊名駅北の丘上」と誤った所在地を示したことから誤解が生じてきたというような経緯があるものと思われました。
また仮に「城郭大系」が示してる「菊名駅北の丘上」ですと、所在地の上では前記の「小幡泰久館」がこれに該当するものと思われます。

ここでも緩やかな市街地の坂を4度ほど上り下りしたので、一応比高差合計は30メートルほど。



1 新横浜南口駅前から    2 この細い道を道なりに進む


3 100mほどでここに出る 4 篠原城の解説版


5 篠原城の解説       6 詳細な縄張図も


7縄張図の腰郭と符合するあたり

解説版脇の掲示板には訪れた翌日の6月4日に現地見学会が行われる旨の告知が掲載されておりましたが、さすがに連日横浜まで往復5時間を要して赴くだけの気力は無く...(苦笑)



◎篠原八幡神社(横浜市港北区篠原町)13時30分から13時40分

単に立地条件が気にかかったので、先月篠原城の途中で立ち寄る計画でしたが、「乗車したバスが菊名駅行でしたのでパスした個所でした」って、ダジャレを言ってみても詮ないこと。
丘陵の頂上部に所在し北方の眺望が良好なのですが、独立した尾根筋という地形ではありませんでした。
横浜市内にはこうした低丘陵が多く存在するのですが、宅地造成の進行により地図上からは当該地形が判別できるようにはなっていないことをあらためて痛感。

遺構とはほぼ無縁の丘陵地帯でしたが、傾斜だけはきつく比高差約25メートルほど。
このため比高差は延べ約245メートルに。


1 八幡神社境内       2 同 左

 
3 関係は不明です      4 厄さえも無縁の年代
 
 

三会寺の土塁(横浜市港北区篠原町) 14時40分から14時55分

ここだけは、とても足に優しいほぼ市街地の平坦地でしたので一安心。
境内北側部分の本堂奥に土塁が現存しておりました。
高さは背丈ほどで、総延長は少なくとも30メートルほどでしょうか。
土塁地形の経緯は不詳ですが、近刊された「神奈川中世城郭図鑑」に僅か一行半ほど記載されていたことから訪れてみただけのことです。
篠原城を訪れた際にでも、時間に余裕があれば立ち寄ってみてもいいかもという印象でした。


1 真言宗三会寺の山門    2 三会寺本堂


3 よく見れば土塁が     4 歴代住職の墓石群


5 六地蔵           6 墓石の説明版
 


鳥山館(横浜市港北区鳥山町) 15時05分から15時10分

三会寺からは緩い上り坂となり、神社境内の鳥居から社殿までの比高差が約10メートルほどありました。
「城郭大系」によりますと、佐々木高綱の居城とも伝わりますが、なにぶんにも12世紀末のことなのでいささか違和感を生じる伝承でもあります。
社殿は丘陵中腹に鎮座していますが、無論、地表上の遺構は確認できません。
この時点では最早裏側の住宅地へと続くであろう40段ほどの石段を登る気力と体力は皆無でした (^_^;)


1 八幡神社参道       2 八幡神社社殿



土井谷砦(横浜市港北区小机町) 15時45分から16時00分

丘陵中腹に所在する寺院でしたので、比高差は約15メートルほどに。
小机城を任されていた笠原氏の墓石が所在する雲松院の裏山(おそらくは南側か)が城跡と考えられているようですが、立入禁止のため詳しい様子を窺い知ることはできませんでした。
解説プレートや解説版などによりますと、同寺には旗本となったその後の笠原氏の墓石も存在しているということです。


1 曹洞宗雲松院       2 山門


3 本堂           4 城跡を含む解説プレート


5山門、本堂、笠原氏墓石の解説



小机城(横浜市港北区小机町) 16時15分から16時50分

本日最大の目的地ですが、ようやく訪れたものの時刻はすでに午後4時過ぎに。
それでもこの季節なので未だ日没までは2時間以上の余裕がありました。
第3京浜により、一部城跡が分断されてはいますが、日頃の下草刈りが行き届き程よく公園化され散策コースも整備が行き届き本当に有難い限りです。

歴史上で小机城が登場するのは戦国時代初期の長尾景春の乱で、文明10年(1478)景春に同調した在地領主たちが、この城を拠点として扇谷上杉氏に反乱を起こしましたが、太田道灌により鎮圧されたとされています。
無論現在遺されている遺構は後北条氏時代晩年のものですが、秀吉の関東侵攻時まで機能していたことが推定されています。
後北条氏一族の属城で笠原氏が城代を務めたことが通説とされています。

通称本丸、二の丸ともに、従前に思い描いていたほどの広さは無く、最大でも数百人程度が籠れるかどうかという印象の規模でした。
郭と空堀関係は実に良く遺されていますが、その反面土塁の残存状態は想像していたよりも耕作などによる削平が行われた模様です。



1 JR横浜線小机駅構内にて 2 小机城遠望


3 住宅街から城跡へ     4 お、切岸が


5 こころ和む城址標柱    6 とりあえず本丸から


7 本丸南側の空堀      8 本丸へ続く土橋


9 本丸南小口土塁      10 本丸北東部の堀底道


11 本丸北側の空堀     12 二の丸西側の堀底道

  
13 同 前         14 同 前


15 同 前         16 二の丸西側切岸


17 二の丸北西堀底道    18 北方の眺望


19 二の丸北側堀底道    20 二の丸北部


21 二の丸南西の櫓台    22 本丸方面


23 本丸東側小口付近    24 二の丸南側腰郭


25 城跡南部の馬出へ    26 本丸南側空堀


27 同 前         28 城跡南端の腰郭群


29 馬出東側城道      30 同 前


31 馬出方面の遠景


丘陵麓から本丸へ向かい堀底道に降りて二の丸へ向かうルートをとりましたが、それでも比高差は約30メートルほどになりましたので、この日の累計比高差が約300メートルほどとなり、ちょっとした山城並みの比高差となってしまいました。
それても総じて丘陵越えのルートは適度に道が管理整備されお陰様で快適に探訪できました。



★以上の8カ所の歴史的背景などについては、後日改めて記述を追加・改定したいと思います(⇒ただし時期は未定)ので、このブログはあくまでも当面の備忘録となります。



この日の歩行数は予定を遥かに超過して、延べ歩行時間7時間50分、歩行歩数4万6000歩近くになったので、もう少しでフルマラソン寸前に。
梅雨の走りにも遭わず、懸念していたやぶ蚊の襲来もなく、この足の状態で9か所を訪れることができたのは殆ど奇跡のようなものかとも思う次第にて。

そうはいっても、帰路、もはやエスカレータを駆け下りるような気力と体力は完全に消失。
東急菊名駅で直通急行川越市行に僅か10秒ほどの時間差で乗車できず、おまけに疲労と痛みで地団駄さえも踏めず、東上線直通は何と40分後という無情の時刻表を茫然としながら眺めておりました。


帰り際にのんびりと飲んでいた自販機のトマトジュースに八つ当たりしてみたものの、そのあとで幸いにして渋谷行始発各駅停車で座れたので小さな幸せを噛みしめる卑小な自分がおりました。
座席に腰かけていると踵の方もさることから、両膝と両足首がパンパンに腫れ上がっていたので、通勤逆コースの空いている車内にて片方ずつ足首を軽く左右に回転させ機能回復に邁進。

さて本日久しぶりに発症した強烈な肝心の踵の痛み。
原因は恐らく足裏の浮腫みであろうと推察。
装着していたソルボ製踵サポータの位置が、体重を含む荷重と長時間歩行が複合し足裏の浮腫みに繋がり、これにより1センチ近くもずれていたことが主な原因であると判明。
両足踵にはサポーターのエッジ付近が段差となって食い込んだことにより発症したものであることは間違いが無さそう。
このため予め貼っておいたバンドエイド大型傷パーワーパッドも殆ど役立ちませんでした。


装着していた踵サポーターは、現在のところ一昨年秋頃から何種類が試した中では機能もサイズも最も効果的であることは実証済み。
従っていわゆる足底腱膜炎の症状は抑止できたものの、足裏全体の浮腫みに伴うサポーターのずれが引き起こした痛みだとすれば、あらかじめ浮腫みを想定した装着位置を考えれば良いだけのことなのかと。

一方、日常履いている足底の柔らかなサンダルでは殆ど足裏への負担は無いことも事実。
斜面を上がり降りすることを考慮しなければ、限りなくこれに近い履物を選べば済むことなのかとも。
渋谷駅から乗車した副都心線東上線直通通勤急行川越市行きでの両踵に連続発生する激痛は、まさに想像を絶するものがありました。
これが急行なので渋谷、新宿、池袋、小竹向原と停車駅だけは少なく有難いものの、座席に座れるチャンスは東上線に入っても最後までめぐっては来ませんでした。
見かけはギリギリ優先席に座れるかどうかの瀬戸際の外見なので、あまり文句などをいうこともできません。

加えてこの折に吊り革を握っていた左手の指全体が強直し感覚を喪失。
たぶん過労と脱水症状による腱の痙攣と推察。
動く方の右手で揉み解してどうにか危機を脱出。
この時期には経口補水液2本を常時携行し、それ以外に必要に応じてコンビニや自販機などでさらに数本ほどを補給していても、状況によりこうなることは大分以前に体験済み。


なお、翌日出かけた「終活準備の斎場めぐり」では、愛用のサンダルで5000歩以上歩けているので、それなりの回復力が強まってきたことは微かな明るい材料なのかも知れません。
以前ならば、ほぼ一週間くらいは身動きがままならなかったことを思えば進歩なのかとも。

というような次第で、今回はようやくどうにか小机城までは廻ることができました。
とはいえ茅ヶ崎城と榎下城方面は梅雨入りも近いこともあり、その訪問が何時になるかは皆目不明です。
あと数年もたてば年齢的にさらに運動機能が低下していくのは必定なので、動けるうちに動いておこうと心に誓った一日なのでありました。


本日の金言。
「足は浮腫は恐るべし。これに優るは日頃の節制、正しい履物」

そうそう、忘れないうちにこれも記録しておこう。
「指の痙攣、脱水症状」

拍手[1回]

 今回は何故か、ふと思い立って普段は殆ど赴くことのない神奈川県の市街地へ。
車でのアクセスが不向きな土地柄ゆえ、なかなか足が向かなかった地域ではあります。
午前4時30分に自宅を出てから、東武東上線-副都心線-東急東横線を乗り換えなしの直通通勤急行なので乗車は最短の時間1時間半弱。
座席にも座れ、かつ無事に通勤ラッシュも回避。

思えば便利にはなったもので、ひと昔前ならば池袋、品川での乗り換えが不可避で所要時間は2時間を優に超えるはず。
こうして横浜駅に到着した時にはラッシュ前の午前6時35分前。
鍵となるのは、雨と蒸し暑さなどが懸念されたこの日の空模様。

権現山城(神奈川県横浜市神奈川区幸ケ谷) 午前6時50分から7時40分

横浜駅に近い横浜市内なので、まず駐車できるような場所はありませんので電車利用が大前提。
従来の城跡推定地は「城郭大系」などでは「幸ケ谷公園」とされてきたようですが、最近刊行された「神奈川中世城郭図鑑」によりますと、もう少し東側の幼稚園や小学校の所在する辺りが権現山のピークではなかったのかという説が有力視されているようです。
15世紀初め頃の伊勢氏と扇ケ谷上杉氏による「権現山合戦」の舞台と伝わります。


 
  京急神奈川駅前の解説     権現山城のネコさん


  一応解説版がありました   かつての推定丘陵先端部付近


なお城跡と麓の神社にて割合と懐こいネコさん2匹と対面し記念撮影。
鳥を眺めているのか、中空を凝視しているのか不明な不思議なネコさんは「さくら耳」(去勢済み)でした。


  丘陵中腹の洲崎神社境内    鳥を眺めているネコさん


 
  仏公使館があった甚行寺      境内の紫陽花



青木城(神奈川県横浜市神奈川区高島台付近) 午前8時00分から8時10分

現在曹洞宗本覚寺の境内地となっている台地が遺されているだけで、地表上の遺構は確認できません。
旧来は権現山城と一体となっていた城跡であるという考え方が定説となっている模様です。
なお、幕末期には米国の領事館が置かれていた時期もあり、山門脇に史跡の標柱も設置されていました。
また、この石柱後方の緑豊かな台地が権現山城に当たります。
「権現山合戦」では上杉方の藤田氏によって、伊勢氏側に加担した上田蔵人の籠る要害が落城したとも伝わります。


  城跡の曹洞宗本覚寺      こちらは米国領事館跡


   タイサンボクの花       この辺りに堀切が



以上の僅か2か所(⇒実質1か所のようなもの)を訪れただけで、風はあるもののじっとりと湿った南風が吹き、体中から汗が止めなく吹き出すような湿度は予想以上。
早起きのせいなのか、歳のせいなのかは分からねども、この時点ですでに早くも疲労が顔をのぞかせはじめました。

それでも、本覚寺のすぐ南西側で東急反町駅へと向かう最短距離の専用通路を見出し欣喜雀躍。
・・・と、なってしまったことが全ての誤算の始まりでした。
前日の睡眠の直前までは、本来はこのあとでいったん京浜急行神奈川駅あたりに戻り、鶴見駅方面からバスまたは徒歩にて総持寺の北側を通過して諏訪坂方面へと向かい、ふたたび上手い具合にバスがあれば県道85号線を西へと向かうというような理想的ルートを描いておりました。


 
 セイヨウアジサイ(3枚共)    ついでに露草も

それが専用通路の標識を目にした途端にコロッと失念して、能天気に上の早咲きのアジサイを撮影し始めたりしており、このあとの相当に無駄な労苦を積み重ねることに繋がっていきました。
あとで測ってみたところでは無駄に歩いた距離は何と約10キロメートル弱に。



寺尾城(神奈川県横浜市鶴見区馬場3丁目一体) 9時20分から10時40分

後北条氏家臣諏訪氏の城と伝わりますが、基本的に駐車できる場所はありません。
東急の妙蓮寺駅から県道85号線を北東に向かいます。
このとき最寄りのバス停で確かめた時刻表ではこの時間帯のダイヤは1時間に2本。
ならば己の足を信じて歩くのみと判断したのが大間違い。
東急バスの方は通勤・通学時間以外の最も少ない時間帯でも1時間当たり6本もあったという事実に気づいたのは、このあとの諏訪館から戻る途中であったのてありました。

市街地化が著しく遺構に乏しい様子でしたが、事前に下調べしたところでは、だいたい次の3か所くらいは見ておきたいところでありました。
ところが思いのほかの比高差と元々地理不案内のために、比高差が少ないとはいえ丘陵地帯を二往復半するなどして、かなりの時間を費やすこととなりました。

 
 麓からの比高差は20mほど   この石段は結構つらい


◎城跡石碑 
丘陵の山頂近くに所在してるのですが、具体的には寺尾3丁目15番の住宅地南西角の道路沿いに所在しています。
この日は横浜市内ということもあるのか、同好の士の方と遭遇することがたびたび。
城跡石碑の前で軽く情報交換などを。



◎馬場稲荷 
ウェブ地図などには「馬場稲荷」の表記があります。
石碑の箇所よりも比高差で10メートルほど低位に所在しており、このためアプローチには北西側の道路からが便利です。



◎殿山公園

公園内の西側住宅よりに空堀(竪堀)とこれに平行する土塁を確認できますが、周辺の宅地開発が進行しているため、いささか今後の遺構保全が気がかりです。
 
徒歩などの場合には北側の県道から、まず「馬場稲荷」、次に「城跡石碑」の順番で訪れ、最後に城跡石碑脇の細い道をそのまま東側へと向かい行き止まりとなる手前南側(右側)に「殿山公園」入口の木柱がありますので、この順路で廻るのがアップダウンも少なくて比較的楽なルートだと気が付きました。
もちろん丘陵南東麓からも行けますが、疲れない最短ルートは上記のとおりです。
ちなみに管理人は「城跡石碑」探しでは山頂の住宅地を一周半し、「馬場稲荷」では2度あの石段を往復し、殿山公園を探すにあたっては東高校の方まで足を伸ばすという無駄骨を折っております。

 丘陵上からの殿山公園入口    左の画像近くの解説板


    竪堀と土塁       細長い公園の中ほどの解説版


以上の寺尾城での彷徨が終了したのち、何かとても大事なことを忘れていたことを思い出し、漸くそのことに気付いたものの時すでに遅く、すでに次の諏訪館へと向かっている途上なのでありました。



  水連(ヒツジグサ)とも       同 左

下記の個所に向かう途中で立ち寄った水天宮境内の池に咲いていた水連です。



諏訪午之丞館(神奈川県横浜市鶴見区諏訪坂) 11時55分から12時20分

比較的狭い道が多く無論駐車できるような場所はありません。
「城郭大系」などによりますと、前記の寺尾城の城主であった諏訪午之丞の居館があったと伝わる場所ですが、現状は丘陵に崖線が確認できるものの一面の住宅地となっております。。
県道85号線が大きくカーブしているので、地図上の最短距離を進もうとしたのがまたもや大きな誤算になつてしまいました。
そもそも県道が大きくカーブしているのは丘陵地形が多いがための回避措置であり、こうした地形の最短距離をすすむということは正に「丘を越えて」いくことに他ならず。
僅か比高差20メートルほどの丘陵でも、2か所越えれば40メートルという計算に。
いわゆるだらだら坂もきついのですが、登るのが嫌気をさす急坂も疲れます。
あとで調べてみたところでは、このようにしてこの日に登った比高差は都市部の丘陵地帯であるにもかかわらず、累計で160メートルは超えておりました。

 
  途中にあった熊野神社    解説版の後方は只今工事中


  道路左側が推定館跡      上記解説版部分拡大


上記の解説版と現在の道路が幾分異なっているため、その相違を理解するまで些か時間を要しましたが、本来は古墳などとともに東西約150メートル、南北約100メートルほどの規模で崖線先端部付近に所在していたものと思われました。
このあとは、いくぶん遅めの昼食を摂り彼我の情勢(肉体疲労と空模様)を分析したのち、東急バスにて終点の「菊名駅」へ。
駅に着いてから次へと向かうか、そのまま自宅へと戻るかを決めるつもりでしたが、まだあと少しくらいならば歩けそうな気配でしたので重たい足を引きづりながら篠原城方面へと向かいました。



篠原城(神奈川県横浜市港北区篠原町)15時00分から15時15分

近年に城郭研究者の方が確認して話題となった中世城郭で、所在地から推定すれば小机城の支城のような役割が想定されます。
新横浜駅南側の丘陵地帯に奇跡的に残存していた城郭遺構ですが、この一帯は最近の宅地造成などにより主郭部周辺を除いて宅地化の波に飲み込まれてしまいました。
比較的狭い道路が多く、無論駐車できるような場所はありません。

それにしても南側の丘陵方面からアプローチすると、城跡が所在する向こう側には新横浜駅周辺の高層ビルの上半分がが覗いていたりするという何とも不思議な光景を見ることができます。
最寄の菊名駅からは横浜線北側の市道を西にすすんで丘陵の麓へと到達するのが、平坦でもあり最も便利かもしれません。
自分の通った「錦が丘分譲地」方面経由ですと、最悪比高差20メートル近い丘陵を登って下るという無駄に等しい疲労の激しいコースになります(^_^;)


     郭跡かも         主郭東の横堀付近


さて肝心の遺構ですが、以前に発掘調査が行われた際の詳しい解説パネル類などは見当たらず、今回宅地化された個所以外にはそのまま立ち入り禁止のフェンスが巡らされておりました。
しかし現在でも主郭切岸の一部と主郭東側の横堀については、フェンス越しからも現存していることが明確に確認できます。
このほかには主郭南側の平場と、辛うじて新しい造成宅地にも郭群切岸の一部が遺されているようにも見受けられました。




この日の本来の目的地はこの時期でも行けそうな小机城と茅ヶ崎城がメイン。
時刻は未だ午後3時15分過ぎで、新横浜駅までは徒歩約1キロメートルほど。
しかも未だ5か所しか探訪していないという冷徹な現実に暫し茫然。

小机城での歩行距離は駅からの徒歩を含めてもせいぜい4キロメートルくらい。

しかし生来の欲をかく悪癖が頭をもたげ、これに頑固な性格が輪をかけて、この日ここまで歩いた距離は何と32キロメートルを超過しておりました。
10年近く前には50キロメートル以上を歩いた経験はあるものの、足回りの痛み対策を行っているとはいえ、加齢に加えて手荷物の加重(約6キログラム)と徒歩の場合には車のような間の休みがないことなどを失念してしまい、確実に踵へのダメージが蓄積されていきました。

さらにこれに追い打ちをかけるようにして、時々路面に落ちる小雨と相俟って遠雷の轟も心なしか激しくなり始め、空模様もかなり怪しげに変貌していきました。
かくしてせめて小机城の遠景くらいは拝みたいという微かな願いも叶わず撤退を余儀なくされました。


本日の教訓
「丘を越えて」行くのは辛い。
道路が曲がるのには必ず訳がある。

拍手[2回]

この日は、みかづきぼりさんのお誘いで栃木県小山市へ。
先月、岩手県南への遠征時に比べますとごくごく短距離の遠征です。
また道筋も今年3月末の再訪ということもあり、近年物忘れが進行している年代とはいえまだまだ記憶に新しいルートでした。

連休明けの日曜日で、午前6時に拙宅スタートという好条件も加わったのかも知れませんが、極道16号線、県道3号線、国道125号線、国道4号線という経路にも殆ど渋滞が見られないという誠に幸先のよいスタートをきることができました。


野木神社(栃木県野木町) 午前7時40分から7時55分

国道4号線沿線に所在していることと小山市立博物館の開館時間との兼ね合いもあることから、ここを含めて野木町内の4か所を再訪してみました。


野木城(栃木県野木町) 午前8時00分から8時25分
再訪。
やはり今年3月末に比べますと、いささか野草の伸びが目立ち始めていることは否めず、城跡切岸の顕著さが減衰されておりました。


法音寺城(栃木県野木町) 午前8時30分から8時50分
再訪。
思川(おもいがわ)に向かう手前の市道沿いの山林内に遺されている櫓台を伴う城跡北東側土塁は、この時期であるにも関わらずまだ何とか目視できる状態でした。


乙女の土塁(栃木県野木町) 午前9時00分から9時10分
再訪。
隣接する北東部では太陽光発電施設の組立中でした。
土塁の一部にかかる北東側の樹木伐採は、この発電施設建設に伴う日照確保のためのものであったことが分かりました。
当該土塁状の地形については、近年の街区道路整備にそのままリンクしている地形であるという点が何とも悩ましいものがあります。

この直後に小山市博物館に立ち寄り、小一時間ほどを要して、開催中の「戦国時代の小山」企画展(料金200円)を見学。
遺跡発掘調査報告書の所管などが変更されたことや人員配置なども影響しているのかも知れませんが、企画展自体の内容もさることながら、3月末に訪れた時と比べてやや業務縮小されたような何とも漠然とした印象が残りました。

と、ここまではあくまでも記憶に新しい今年の3月末日に続く再訪であることから、城跡めぐりそのものについてはほぼ順調に推移して行きました。
つぎの小谷城からは、いよいよ小山市内となります。



小谷城(こやじょう、栃木県小山市上生井、下生井小谷) 午前10時30分から10時50分

明治期に編纂された「栃木県誌」(1904刊行)によれば、「小谷俊景が築城し、その後永享12年(1440)に網戸十郎村重が城主となったが、小山氏の支配下に置かれ、元亀2年(1571年)に小山弾正秀綱が再興して大橋右京亮を在城させたが天正年間に廃城となった」というような旨が記されています。

自分の勘違いにより、城跡石碑設置場所の所在地確認に少々難航しました。
城跡石碑(下生井に所在)は、生井集落を南北方向に縦断する県道174号線東側沿道、旧思川流路の北約80メートルほどの地点に所在する「水天宮」の小祠を祀る小さな境内に「現地解説版」とともにしっかりと所在しておりました。



当該遺構については、明治期にはまだ土塁と堀跡遺構などが明確に遺されていた模様ですが、「栃木県の中世城館調査報告書」などの記述によると、「直径250メートルほどの不正形円形の堀跡低地が囲み、西北部の一部にに高さ3メートル、幅10メートルほどの土塁が遺されていたが、圃場整備によって消失した。郭内は概ね田畑となっている。」との記述があります。

なお、上生井集落東部にも小さな「神明社」の境内がありますが、この東側約100メートルほどの地点には宅地に続く長さ10メートル余りの小さな土塁状地形や、城跡東側堀跡の一部とも考えられるような水田の低地を認めることもできますが全く確証はありません。



ただしこの土塁状地形については、旧思川の堤防の一部、あるいは水害除けの「水塚」などに関連するものである可能性の方が濃厚であるとも考えられます。



網戸城(あじとじょう、栃木県小山市網戸字追切) 午前11時10分から11時40分

「城跡の解説版」は網戸神社鳥居脇に所在しています。
「中世城館調査報告」などによれば、「思川西岸網戸集落にあり、かつては当地の網戸神社東の約3ヘクタールにわたり古城という本丸部分があったが、思川の堤防新設工事により分断された」というような経緯が記されています。

鎌倉時代初期には結城朝光の五男である網戸朝村(あじとともむら)の居城したとも伝わり、神社南側隣接してこれらに関係する五輪塔と宝篋印塔が祀られています。
参拝のあと、神社境内に駐車させていただいてから徒歩により暫時遺構の確認を。
神社西側の長慶寺の周囲には水田や水路などの水濠跡らしき地形を現在でも目にすることができました。


   水堀跡らしき水田      寒川尼と網戸朝村の墓石

なお、城跡の一部でもあった網戸小学校跡地では、現在太陽光パネルの小さな発電所が稼働していました。



◎浅間塚古墳(栃木県小山市) 11時35分から12時15分頃まで

通りすがりであったことから著名な古墳にも立ち寄ってみましたが、その物見台にも相応しい地形と南側の窪地に興味をそそられました。


  浅間塚古墳南側の凹地形


◎十二所館(栃木県小山市) 上記時刻の範囲にて
「小山氏の盛衰」(松本一夫著/2015年、戎光祥出版)に少しだけ掲載されていたのですが、これ以外には詳細な情報や関係資料を持ち合わせていなかったことから、その詳しい所在と歴史的な背景は不明なのですが、後日のメモ代わりとして記載しております。
ちなみに同書には「千駄塚古墳の南側では、十二所館と呼ばれる南北130メートル、東西91メートル以上の方形館の存在が確認され・・・」た旨が記されております。


◎薬研堀跡(栃木県小山市) 上記時刻の範囲にて
こちらも詳細な所在は不明、他はについては同上のとおりです。
よくよく考えてみますと、どうやらこの北方約500メートルほどの地点に存在している下記の「千駄塚浅間遺跡」に含まれる推定「館跡」に関連する薬研堀のことを指しているのかも知れません。



千駄塚浅間遺跡の館跡(栃木県小山市) 12時35分から13時20分頃まで

付近の道路建設に伴い2008年頃の埋文発掘調査によりその存在が推定された遺構ですが、記録後は埋め戻されて現状では地表上の遺構を確認することはできません。

「栃木県埋文センターだより2008年7月号」によれば、この台地東側で中世の薬研堀2条が検出され、そのうちの大規模なものは幅6メートル、深さ4メートルを計測したとされ1990年代の初めころに確認された中世城館との関連が示唆されています。

西側河岸段丘の崖線は比高差10メートル以上もある切り立った急崖地形でもあることから、おそらくは最盛期の小山氏による思川東岸の防御ライン一翼を担っていた可能性があるのかも知れません。


  東側方面から遠景を撮影


    北側の崖線部

なお余談になりますが、当該城館跡の存在が示唆されている台地の西側にもうひとつ小さな方形の台地が存在しているのですが、この台地の性格がいま一つ分かりません。
この二つの台地を挟む形でごく小さな川が流れてはいるのですが、それにしては崖線部の比高差が10メートルを遥かに超えるような深さを伴っています。
基本的には思川の流路がもたらした河岸段丘の一部なのかもしれませんが、少なくともその西側の思川沿いでは多分に後世の河川改修あるいは橋梁工事など伴う残土処理などを連想させる人工的な区画形質の変更が加えられている様子も窺えることから、東側の台地との関連性を含め果たして一体どこまでが自然地形であるのかその判断に苦しみます。



安房神社北側の二重土塁(栃木県小山市) 13時40分から13時45分

宮内の土塁に赴く途中でたまたまキョロキョロしていて気付いたのですが、安房神社境内の北側には土塁を伴った二重堀のようにも見える地形が遺さています。

北側からの神社参道により一部湮滅し幅の広い土橋状の地形となって分断されてはいますが、その総延長は60メートル以上を有しており、その最大幅も10メートルを超えるような規模があり、現在ではだいぶ埋もれているものの堀自体の深さも1メートルを優に超えている個所もありました。
中世からの古道に面しているという性格などからも、たぶんに城館遺構などとの関連を連想させる地形なのでありました。


  土塁と堀跡に見える地形   古道から眺めた安房神社社叢


宮内の土塁(栃木県小山市) 13時50分から14時00分
既に南側隣接地では分譲地の販売が実施されていましたが、これに伴って樹木が伐採されていたおかげで、この時だけは明確に土塁を拝見することができました。
従前の状況のままですとなかなか土塁まで接近することが難しそうな藪が広がっていた可能性が考えられます。
小山市の埋蔵文化財情報では約50メートルほどの範囲が記されていましたが、現状の土塁は長さ20メートル弱で、幅が6メートル、高さが1.2メートルほどを確認するのみでした。



土塁はこの南側60メートル付近にも一回り小さなものがもう1か所あるらしいのですが、その奥の藪などの様子を目の当たりにして断念しました。
 
このあとは、少し遅めとなってしまった昼食を摂取しつつ小休止をしました。



鷲城(栃木県小山市) 14時45分から15時30分頃まで

祇園城と並ぶ小山氏一族の中核的な城郭です。
現在遺されている広大な郭跡は、一部の土塁の残存状況などから勘案すると、東西方向に大きく3か所ほどに分かれていたものと思われます。
西側の搦め手下方に存在する土塁は、その南端部で南側からの崖線地形と組み合わさって巧妙な縄張が形成されていた模様です。

鷲神社も所在している広大な郭の西側には崖線部に沿って半円形の土塁が遺されているようなのですが、残念ながら現在では樹木が叢生してその全容を目にすることが極めて難しくなっておりました。
なお、この土塁はそのまま崖線の切岸につながり深さ10メートル以上の深い谷を形成していることから、湧水を伴う沢が流れているために、先ほどの西側の搦め手下方に存在する土塁の東側は足元の緩い湿地となっておりました。


  西搦め手下方の土塁        土塁と崖線


    土塁の遠景       藪の中でひっそりと佇む土塁



長福城
(栃木県小山市) 15時40分から15時50分

思川東岸の河岸段丘に所在しており、現在でも八幡町1丁目にある「やはた公園」の反対側(北東側)に明確な塁遺構を見出すことができます。
西側の土塁は総延長が約60メートルほどで、高さは目測で最大3メートルほどで緩やかなS字カーブを描いでおります。
野球場に面している東側のものは、目測で延長は約30メートルから40メートルほど、高さは2メートルから3メートルをほどを確認できますが、残念ながら南側の一部が重機により破壊されております。
「城郭大系」などを参考にしますと、元々は一体の土塁であったことが窺われますが、現在ではそれぞれ別々の遺構のように見えてしまうほどに、刻々とその旧状は失われているように思われました。
なお以前は空堀を伴ったものであったようですが、現在ではその存在確認が難しくなっておりました。


    城館跡の石柱         西側の残存土塁


  東から見た西側土塁        東側の土塁



小山御所
(栃木県小山市) 16時15分から16時25分

駐車場所探しに苦労するのを避けるべく小山市役所に駐車させていただき、そこから徒歩にて小山城(祇園城)とともに探訪しました。
探訪してから気づいたことですが、近年は城跡北東の空き地となった個所に少なくとも数十台ほどは収容できそうな専用の駐車場が整備されておりました^^

徳川将軍家の日光参拝のための宿所とされておりますが、西側の堀跡などの旧状は確認することができません。


  小山御殿と祇園城の幟旗     小山御殿東側崖線部


    現地解説版         小山御殿西側崖線部


祇園城(栃木県小山市) 16時30分から17時00分

小山一族の本拠地であり、現在でも土塁に囲まれた郭や遊歩道になった巨大な堀跡なども確認はできますが、城址公園化の際に少なからず地形の改変を受けている様子も窺えました。


   城址公園南側から       南郭西側の土塁



   南郭の東側土塁      帰りがけに遭遇したネコさん


◎小山評定の石碑(栃木県小山市) 17時05分頃

市役所の駐車場から出ようとしたところで何気なく北側方向を眺めたところ、ふとこの有名な事象の石碑と石柱が目に入りましたので、あらためて駐車し直してから記念撮影を敢行しました。


 有名な「小山評定」の石碑等


石塚館(栃木県小山市下石塚) 17時30分から17時40分

粟宮氏の一族である石塚氏の居館とも伝わります。
この場所は神社の社叢が目印なのですが、水田の中に集落からも外れてぽつんと建っていることもあり、やや分かりにくいかも知れません。
星宮神社境内が城館跡そのものではありますが、滋養館跡の石柱以外には際立った印象ものはなく、辛うじて石鳥居の両側近くに堀跡のようにも見えなくもない窪地を確認できますが堀跡などとの関連性は不明です。


    城館跡の石柱       堀跡だったら嬉しい窪地

ここの終了時点ですでに時刻は午後5時を過ぎていました。
画像のようにだいぶ日差しも西へと傾いてきていましたが、上手くいけばあと2か所くらいは何とかなるかも知れないなどと念じつつ次の目的地へと移動を開始。



御城(みじょう、栃木県小山市) 18時00分から18時10分
 
前述の「栃木県誌」などによりますと、梶原景時の流れをくむ鎌倉府の奉公衆である梶原氏の居館と伝わっているようですが天正18年の後北条氏滅亡により廃城となった模様です。
事前にウェブ地図などで確認したところでは適当な駐車場所が無さそうでした。
しかし実際には神社境内に駐車可能なスペースが確保されていることに気づくという己の不始末にあきれる始末でした。

明確な遺構はありませんが、城址碑とともに参道から2番目の石鳥居脇には水堀跡(現在は水路)と推定される窪んだ地形も確認できます。


  暮れなずむ城址碑      南側石鳥居近くに堀跡の名残

ここで活動時間は12時間を経過し午後6時をまわり、長くなったとはいうものの初夏の日差しもとうとう山際近くに傾き始めました。


  大平山方面に沈む夕日



史跡曲輪跡(栃木県小山市) 18時40分から18時50分頃まで

時刻もだいぶ経過し、ほぼ日没直前から日没後にかけての探訪です。
少しだけ迷いつつも何とか東北新幹線高架東側の城跡石碑に到着。
裏側は月ぎめの貸駐車場になっていることもあるのか、ゴミの不法投棄が目立つ土塁遺構なのでありました。
なお、この場所は道路幅員も約4.5メートルほどと狭く車を止める場所に難渋します。
訪れる際には比較的車の通行量の少ない日中などの時間帯がよろしいようです。
なお仮に城址碑脇の僅かなスペースに駐車しますと、結果的にマイカーの記念撮影となってしまうのであります。


      城址碑


そのあとは下記の当該解説版が設置されている高架西側の地点に車で移動。
こちらの方はごく短い時間ならば解説版南側の道路脇の部分に多少のスペースが確保できるので、城跡石碑の探訪に比べますといくぶん安心です。


   遺跡の解説版

画像では未だ明るくも見えますが、実際には日没時刻を優に過ぎ太陽はとうに地平線に沈んでおりました。


以上てんこ盛りに盛って20か所、実質では15カ所ほどを探訪。
このような事前学習不備な年寄をお誘い、ご案内いただいた、みかづきぼりさんのご労苦に心より深謝申し上げます。

と、ブログを記述してはおりますが、毎度のこととはいえ画像編集整理やその後の作業中の地震などのために実際に書き起こしていますのは探訪翌々日の2日後なのであります^^。

拍手[1回]