本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
5
7 8 11 12 13
14 15 16 17 19 20
22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
(05/08)
無題(返信済)
(04/25)
ご愁傷様です(返信済)
(04/22)
お大事に(返信済)
(03/26)
大築城の石積(返信済)
(03/19)
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
今週の9日月曜日は都内日比谷まで出かけて「放浪記」の観劇。
観客の高齢化に配慮したのか幕間に3度の休憩ありましたので、上演時間は正味3時間弱ほどでした。
10年以上前の森光子さん健在時に少なくとも一度は見ているのですが、そうした以前の上演に比べて圧縮されたという印象が強く残りました。
演劇脚本としての原作は故三木のり平さんなのですが、初演の頃に比べると1時間以上は短縮されているものと思われました。
客席も満員で翌日が千秋楽でしたので、演劇としては纏まっていたとは思うのですが、以前に観劇した時とは異なる形容しがたい距離感を感じました。
主役を含む出演者が大幅に変わっているという背景以上の何かがあるのかも知れません。

拍手[0回]

昨日は「おもろい女」の初日公演のため日比谷へ。
家内は良く出かけているが、以前いったのは森光子さんが健在で劇場の建てかえ前のこと。
たぶん12年近く前ではなかったかと記憶。

観劇中、古い改装以前の劇場で、先年亡くなった母親と「南の島に雪が降る」を見ていた光景が脳裏に甦った。
はるか五十数年前のことだった。

以上メモ代わり。

拍手[0回]