本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3 4
9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
(11/11)
(09/24)
謹祝再開(返信済)
(09/19)
元気ハツラツ(返信済)
(09/01)
(08/31)
最新記事
(11/08)
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[78] [77] [76] [75] [74] [73] [72] [71] [70] [69] [68]
些か、季節外れの感もなくはないですが、城館めぐりの必需品として新装備を導入いたしました。
とはいえ、その実体は税込み僅か298円の安物のプラスチック製のゴーグルですけど。

これが藪漕ぎをするときには間違いなく役立ちそう。
藪漕ぎをしていると、時々先の尖った枯枝や草木の先端部分が顔に当たります。
何度か目の近くに枝の先端などが当ったようなことも。
フルフェイスのヘルメットでは音が聞こえず、しかも蒸暑い。
このゴーグルならば余程の鋭利な物体が当らない限り、自分の目玉を保護できます。

作業用の防塵マスクも購入しようと思いましたが、ゴーグルと組み合わせると、なにやら人気の無い山中で怪しげな毒ガス実験などをしている某カルト集団の一員のような姿になるので思いとどまりました(汗)


特売のゴーグル
2006/09/25 購入

拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
また、道灌か(笑
道灌陣屋、拝見しました。
早速、嫁さんを連れてってやろうかと思います(笑
ゴーグルはけっこう必携アイテムかと思います。おっしゃる通り、跳ね返る樹木の枝はバカに出来ません。
単独行動ならいざ知らず、数人で藪を探索する際はかなり怖いですね。
僕はとりあえずメガネをかけてますね、今のところは。
防塵マスクとの組み合わせは、やめたほうが・・・(笑
山奥で誰かとはち合わせしたら、相手が気を失うこと間違いなしです(笑
モナー 2006/09/26(Tue)20:29:10 編集
Re:また、道灌か(笑
コメントありがとうございます。

墓石のような「陣屋跡の碑」はともかくとして、開山や岩付太田氏関係の墓石などの存在から全く無関係ということではなさそうですが、実際には道灌にまつわる伝承のひとつということの可能性が強そうです。

なお、例のゴーグルは眼鏡の上からでも装着できますので、従って眼鏡の紛失や眼鏡レンズの保護にもなります。
また、実はガスマスクは「埃(藪漕ぎすると案外埃が凄い時があります)と花粉対策」のために、ホームセンターなどで結構真剣にできるだけ外見の怪しくなさそうなものを物色してます。
しかし、どれを試してもかなり怪しげな外見になるので迷っています(笑)
【2006/09/26 21:27】
ゴーグル着用はいいですな~
藪漕ぎにおいて身体を守るというのはとっても重要な課題ですので、私も購入を検討したいなっと思っております。

ただ、眼鏡を使用しておりますので、眼鏡ごとカバーできるゴーグルがあればいいですが・・・。

そういえばあまりにも藪が凄い時に備えて鉈(なた)を車に装備しているのですが、最近は車にナイフがあるだけでも逮捕されてしまうような世の中のようですので車から降ろさないといけないですね。(もっとも私有地の草木を伐採するという行為は犯罪っぽいのでやっておりませんが)

ゴーグル以外にもお薦め装備があればお教えくださいませ。
武蔵国入間郡の住人 儀一 2006/09/26(Tue)20:41:34 編集
Re:ゴーグル着用はいいですな~
コメントありがとうございます。

>ただ、眼鏡を使用しておりますので、眼鏡ごとカバーできるゴーグルがあればいいですが・・・。

自分もこの40年間以上眼鏡をかけています。
最近は遠近両用がぴったり合うようになってしまいました。
このため例のゴーグルも「眼鏡の上から使用するタイプ」のものです。
お近くにスーパー・ビバホームがあれば工具類売り場(大抵防塵マスクの隣あたりですが)に在庫していると思われます。
滑川町の小高氏館で前のめりになったときには、眼鏡が外れかけましたので眼鏡紛失・破損やレンズの保護対策にもなると思われます。

>そういえばあまりにも藪が凄い時に備えて鉈(なた)を車に装備しているのですが、最近は車にナイフがあるだけでも逮捕されてしまうような世の中のようですので車から降ろさないといけないですね。(もっとも私有地の草木を伐採するという行為は犯罪っぽいのでやっておりませんが)

自分も必要に応じて携行していますが、今のところ実際には未使用です。
もしも使用するとするならば、荊の藪の中で身動きが取れなくなったなどの緊急の事態を想定しています。

>ゴーグル以外にもお薦め装備があればお教えくださいませ。

足元の装備は一般的なトレッキングシューズ(特売品で6千円から8千円くらいのもの)を使用していますが、枯葉の急坂だけは何としても歯が立ちません。

このため、必要に応じて滑りそうな斜面を往復する予定の時には、50mのロープ(耐熱、耐水で耐加重500㎏程度)を頑丈な木の幹などにセットさせてもらったりしています。

あとはある程度標高の高い山城の場合、絶縁用のビニールテープ(赤・黄色)を持参し、帰り道の目印にさせてもらうことも。
塩沢城でガスに巻かれかけたときは実際に役立ちました。
(黒・紺色は全く目立ちませんので念のため 笑)
【2006/09/26 22:06】
Trackback
この記事にトラックバックする: