本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
5
7 8 11 12 13
14 15 16 17 19 20
22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
(05/08)
無題(返信済)
(04/25)
ご愁傷様です(返信済)
(04/22)
お大事に(返信済)
(03/26)
大築城の石積(返信済)
(03/19)
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[80] [79] [78] [77] [76] [75] [74] [73] [72] [71] [70]
土井城沼
土井城沼と小高氏館へと続く稜線
2006/09/18 比企郡滑川町にて撮影


方位と地形から推定すれば、峠の分岐点から西側のわき道にそれて、この沼沿いの道を辿れば必ずや小高氏館跡の丘陵へと辿り着くはずと確信。

小高氏館の夏草の藪には予想以上に難渋したので、この季節に蜘蛛の巣払いと藪漕ぎを再び繰り返すのも如何かと考え、とっとと見通しのよい舗装されたと道路のある東側の稜線から浅間神社へと向かいました。( 時々ふと思い返したときにこのような形でメモしておかないと、記憶がどんどん薄れていくのであります )

今月から来月にかけては繁忙期に突入するため、城館跡の彷徨は暫くお預けとなる見通しです。

拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
Trackback
この記事にトラックバックする: