本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 5 6 8
9 11 13 15
16 18 21
28 29
30
最新CM
無題(返信済)
(04/25)
ご愁傷様です(返信済)
(04/22)
お大事に(返信済)
(03/26)
大築城の石積(返信済)
(03/19)
(03/11)
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[30] [99] [29] [28] [27] [26] [25] [24] [23] [22] [21]

説明が難しい三毛猫
2006/07/22 撮影

昨日見舞いに出かけた病院にはどうやら数匹の猫が住み着いている様子。
このネコは体も小さく動作も幼さが残っていたので、おそらく生後半年以内かと。
それにしても白を基調に黒と茶が複雑に入り混じり、言葉ではなかなか説明が難しい柄をしていました。
駐車している車の後ろからこちらの方をじっと見つめていたので、あまり驚かさないようにゆっくりと近づいてご挨拶を。
前足を少しだけ立てて逃げ出せる用意をしつつも、大人しくこちらを眺めていました。
その距離は約2mほど。
帰りがけに違う所でまた出会った時には、先ほどよりも心なしか安心しているような表情に見えました。

拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
Trackback
この記事にトラックバックする: