本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新CM
(12/09)
(11/30)
(11/28)
(11/11)
(09/24)
最新記事
(12/03)
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[33] [32] [31] [30] [99] [29] [28] [27] [26] [25] [24]
以前は長男の飼い猫でしたが、事情により家内の実家で面倒を見てもらっていたネコの「ちゃっぴー」(推定年齢5歳)が亡くなりました。
家内の母が亡くなる1年ほど前に長男が車で連れて行ったという記憶がありますので、おそらくもう4年以上お世話になっていたと思います。
約1年後に義母が亡くなったあとは、お隣のネコ好きの方に自分の家のネコのように可愛がられていたので、とても幸せな一生だったと思います。
いまどきの猫にしてはしっかりと鼠を捕まえることもでき、刺身のぶつ切りが大好物のネコでした。
面倒を見ていただいている方がある程度高齢なこともあり、もしもの時には自分が引き取ろうと考えていました。
年にほんの二、三回しか逢っていませんでしたが、のそのそと近寄ってきて膝の上で寝そべるようなとても人懐こい性格でした。
好奇心が強く人懐こい体の大きなネコで、バイクに轢かれて傷だらけになってもやがて元気に回復。
そんな生命力の強いネコでしたので、俄かに信じがたいあまりに早すぎる死でした。
合掌。


2歳頃の「ちゃっぴー」
2歳頃の「ちゃっぴー」

拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
いい猫さんだったのですね。
この場でちゃっぴーのご冥福を祈ります。

飼っている猫が亡くなると非常に悲しくなりますね。以前飼っていた猫が仕事から帰ったら事切れていた事があって以来「可哀相で動物は飼えない」と思えたのですが・・・現在では犬が一匹庭先におったりします。
武蔵国入間郡の住人 儀一 2006/08/12(Sat)06:39:17 編集
Re:いい猫さんだったのですね。
いつもコメントありがとうございます。

「ちゃっぴー」の面倒を見ていてくれた方は家内の実家と50年以上もお付き合いのある方で、お子さんがいらっしゃらないこともあり、まさにわが子のように可愛がってくださいました。
いつもラックススーパーリッチでシャンプー&リンスされていたので写真のように毛並みは艶々サラサラでした。
12日の土曜日にはお盆をかねてお礼かたがたご挨拶に伺い、改めてひとかたならぬ愛情をもって接していただいていたことに本当に頭が下がりました。

以前「えび味のポン煎餅」を食べていた時にじっとこちらを見つめていたので、食べかけのものを細かくしてあげたらコリコリと合計3枚も。
写真を撮ろうとすると必ずといってよいほどカメラ目線でポーズ。
そんな光景が走馬灯のように脳裏をよぎっていきました。

今年の7月末頃から体調を崩し激ヤセしてたようでネコとしての天寿を全うすることはできませんでした。
帰り際に改めて埋葬された庭の片隅にて合掌。
【2006/08/13 09:57】
Trackback
この記事にトラックバックする: