本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 5 6 8
9 11 13 15
16 18 21
28 29
30
最新CM
無題(返信済)
(04/25)
ご愁傷様です(返信済)
(04/22)
お大事に(返信済)
(03/26)
大築城の石積(返信済)
(03/19)
(03/11)
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[37] [36] [35] [34] [33] [32] [31] [30] [99] [29] [28]
蓮田市の「辻谷堀の内」を探しているときに農道のかたわらに咲いていたヒマワリです。
大型のものは花期が短いのですが、こうした高さ1.5m前後の小型のものは8月下旬頃までは咲いているのをよく見かけます。
背景には濃い目のピンク色をしたコスモスが咲き始め、早くも秋の佇まいが。
今年は例年に比べて、秋の訪れが意外と早そうな予感がします。



水田の傍らに咲いていた向日葵
2006/08/14 蓮田市馬込にて撮影
ヒマワリの植物図鑑

拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
こんばんは!
ヒマワリ、きれいですね。
蓮田の城館を攻略されてますが、家内の実家が昔、伊奈町にあったもので、蓮田は割合と近かったにもかかわらず、一つも訪城していません。
掲載記事を参考にこの秋、訪れてみたいと思います。
お盆休みの間に忍城を再訪しようと思っていたのですが、あいにくの空模様となり断念しました。行田市は近いようでいて、けっこう距離があるのでつい躊躇してしまいます。
行けば行ったで何てことない距離なんですが、肝心の遺構が今ひとつ心を揺り動かしてくれない感じがします。
ここは観光と割り切って、名物のフライでも食べ歩きつつ、散策しようかなと思っています。
もう少し涼しくなってくれると、訪問意欲も湧いてくるんですがね。
モナー 2006/08/16(Wed)19:29:26 編集
Re:こんばんは!
管理人の塚越です。

最近、城館跡を訪れるときは遺構や史跡に関するものだけではなく、たまたま目についた草花やネコなども撮影することによって兎角薄れがちな記憶をカバーしています。
しかし、草花は園芸品種などを含めると物凄く種類も多く名前の分からないものの方が遥かに多いのには本当に弱ります。

「名物」の食べ歩きもいいですね。
以前は「そば」にかなり凝っていましたので、何処の蕎麦屋で何時ごろ昼食を摂るかということを決めてから訪城先を探していたこともありました。
今は季節柄「新そば」の時期まで自重し、車を駐車する関係でコンビニばかり行ってますが(^^;

さて、蓮田市には現在明確な遺構が存在するとされている城館は指定史跡となっている「閏戸堀の内」だけのようです。
また城館遺構かどうかの判断が微妙な個所が「井沼堀ノ内」「辻谷堀の内」。
更に「?」の個所が「馬場堀の内」「閏戸足利遺跡」「江ヶ崎城」。
自然地形だけが僅かに面影を伝えている個所が「城」「桑原堀の内」「閏戸吹上遺跡」(蓮田市のHPのPDFファイルに掲載)というようなところでした。

平地の城館跡とはいえ、やはりこの季節は蒸暑さに加えて、薮蚊と蜘蛛の巣と繁茂する草木が大きな障壁ですね。
当分はリハビリのつもりで訪城していますので、一ヶ月あたり3日程度で一日あたり3ヶ所以内という目安でいこうと考えています。
いずれにしても暑さに弱い性質なので、早く涼しくなってくれたらと願うばかりです。
コメントありがとうございました。
【2006/08/16 22:17】
Trackback
この記事にトラックバックする: