本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新CM
ご無沙汰です(返信済)
(06/19)
その後の今井(返信済)
(03/03)
(01/07)
(01/05)
無題(返信済)
(01/03)
最新記事
(08/15)
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [17]
先日以来の病状は小康状態を維持。
投薬の効果が漸く現れはじめたのは今週の初めころから。
しかし本日所要により昼食後の服用を失念したため、僅かながら発作の前兆の息苦しさが。
やはり定期的な服用を続けていることが大切なようです。

さて今回これほど症状が悪化したのはざっと10年ぶりぐらいで、かつての経験から予想すると完治までは最短で3ヶ月、最長で半年位を要するはず。
加えて転倒による首と肩周囲の鈍痛・倦怠感が今も継続中。
このため来週の月曜日も最低2ヵ所は病院めぐりの予定。

そんな状況の中で少しだけ心癒されることが。
今まであまり懐いていなかった娘の飼い猫の「いちご」(雄)の行動にに大きな変化が。
金曜日の夜に餌をやりに娘のネコ部屋に。
ところが、いつものように飛ぶように逃げずに自分の足元をひたすらうろうろ。
おまけに足に体をこすり付けんばかりの甘えた仕草さえ。
餌を食べるときも時々こちらを振り向くものの、自分に背中を見せたままの状態でボリボリとドライタイプのキャットフードを貪っていました。

生後3ヶ月くらいから異常なほど人見知りが激しくなり、飼い主でさえ近づけなかった時期が長く続いていました。
勿論極端な空腹状態であったことや去勢してことで性格が変わったことも考えられます。
しかしいずれにしても「準飼い主」としては誠に喜ばしいことで、面倒の見甲斐が出てきました。

拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
Trackback
この記事にトラックバックする: