本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 5 6 8
9 11 13 15
16 18 21
28 29
30
最新CM
無題(返信済)
(04/25)
ご愁傷様です(返信済)
(04/22)
お大事に(返信済)
(03/26)
大築城の石積(返信済)
(03/19)
(03/11)
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[149] [148] [147] [146] [145] [144] [143] [142] [141] [140] [139]
滑川町には現在でも200ヶ所近くの大小の沼地が所在しています。
元来は田畑に水を引く農業用のため池ですが、その歴史は中世以前に遡るものも多いとのこと。
従って沼沢地を濠代わりとしたと推定される中世城館跡も少なからず所在していたものと思われる次第。
このため丘陵地帯とその付近に所在する主だった沼沢地を訪れることにより、何がしかの「遺構もどき」に遭遇する可能性もあるのではと考えた由にて。
しかし、そうそう「新発見」などがあろうはずもなく、「遺構紛い」「遺構もどき」「不詳の遺構」などの思い込みや憶測によるものにたまに出会うのみというのが現実。
規模の大きな沼沢地の水質は現在でも比較的きれいで、フナ・コイなどの淡水魚も棲息している所も多いようです。

羽尾の中沼
羽尾中沼の紅葉
206/12/01 滑川町羽尾にて撮影

拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
Trackback
この記事にトラックバックする: