本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 5 6 8
9 11 13 15
16 18 21
27 28 29
30
最新CM
無題(返信済)
(04/25)
ご愁傷様です(返信済)
(04/22)
お大事に(返信済)
(03/26)
大築城の石積(返信済)
(03/19)
(03/11)
最新記事
(04/26)
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[115] [114] [113] [112] [111] [110] [109] [108] [107] [106] [105]
暫くの間娘のネコどもの面倒を見る次第となったものの、いつもの習慣でのんびり新聞を読みながら食事。
フジテレビの「きょうのワンコ」などをボーッと眺めていると、ふと未だ2匹の朝食が終わっていないことに気づく。

慌てて、「ねっこ大好き..」のパッ缶を自室まで取りにいき、早速給餌係の仕事を。
二軒分の家を渡り廊下でつなげて住んでいるために、この移動距離が意外と長く階段の上り下りを2度繰り返すことと、片道6枚分の扉を開閉しないと到達できないという迷路のような構造。
階段が2ヶ所分あるので歩数にして片道60歩以上で比高差5.4m(笑)

二匹の親子は六畳のネコ部屋の真ん中でぴったりと寄り添って、小荷駄隊到着を心待ちにしていた模様。
母親の方は拾われてきた子ネコの頃から、何時も娘のベッドの上で眠るという習性があるので余程寂しかったのかも知れず。
二匹で小生の足元付近を体を擦り付けながらぐるぐると回ったあと、ものすごい勢いで食餌開始。

飼い主の娘は暫く帰ってこないということを可能な限り2匹に優しい言葉で伝えたものの..
2匹ともきょとんとした表情で欠伸をしていたのでありました。

このため始業時間ぎりぎり滑り込み。
尤も駐車場のバリカーを開けたりしていたので、出勤簿の押印の際には些か過ぎていたのかも知れず。
タイムカード方式ではないのでこういうときは便利。
本日は振替休み1名、風邪をこじらせた有給1名。
かくして、昨日にづづいて孤独な職場で黙々と居眠り..いや仕事に邁進(汗)

拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
Trackback
この記事にトラックバックする: