本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 5 6 8
9 11 13 15
16 18 21
27 28 29
30
最新CM
無題(返信済)
(04/25)
ご愁傷様です(返信済)
(04/22)
お大事に(返信済)
(03/26)
大築城の石積(返信済)
(03/19)
(03/11)
最新記事
(04/26)
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[120] [119] [118] [117] [116] [115] [114] [113] [112] [111] [110]
昨日都内へ戻る予定の娘が、気が変わってもう一日滞在。
2匹のネコは2日間とも娘の顔の両脇で丸くなってスヤスヤと熟睡していたとのこと。
やはり本来の飼主の姿が見えないので、ここ数日ネコなりに不安な日々を送っていたように思えたのはどうやら正鵠を得ていたらしい。
しかし、その飼主も昼過ぎにはようやく汐留へと戻っていったので、また再びネコたちにとって寂しい日々が始まるのでありました。

夕方、家内と二男を連れて暫定的に介護施設に入所している老母の面会へ。
二男とは半年振りの対面。
このため二男の名前は直ぐには思い出せなかったものの、喜色満面の笑顔で出迎えてくれた。
小生の名前を確認した所、直ぐに正しい返答。

先日、長女を連れて行ったときには、全く誰だか分からず家内の名前も分からなくなっていた時とは大違い。
人にとって歳を重ねるということは、このような日々を繰り返しつつ少しずつ記憶が朧気になっていくことなのだろうか。

拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
毎度お邪魔致します。
何かと家族でいれるというのは幸せな事だと最近よく思います。

母上様も至極お元気そうでなによりです。
家族が来なかったりすると老人ホームに入っている方は淋しがるそうですので、昔話などをしたりして話す機会を増やされるといいですね。悔いの残らない良い思い出作りが出来る事を祈っております。

では失礼いたしました。
武蔵国入間郡の住人 儀一 2006/11/05(Sun)18:38:23 編集
Re:毎度お邪魔致します。
いつも、コメントありがとうございます。

暖かいお言葉をいただき、お礼申し上げます。
老母は先月で満86歳となりました。
しかし2年ほど前から足元が覚束ないために転倒事故が増加。
このため、今年の5月下旬から暫定的な入所をしております。
その日の加減によって、とても記憶に落差がありますが、今のところ、小生に関しては忘れたことだけはないようです。

では、またのお越しをお待ちしております。
【2006/11/05 21:07】
Trackback
この記事にトラックバックする: