本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
3
5 7 8 9 10
12 13 14 17
18 19 21 23 24
25 26 27 28 29 30
最新CM
災難でした(返信済)
(06/17)
(06/13)
おじいちゃん(返信済)
(06/03)
(05/08)
無題(返信済)
(04/25)
最新記事
(06/22)
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[124] [123] [122] [121] [120] [119] [118] [117] [116] [115] [114]
ここ2日ほど、ネコの給餌係の仕事は概ね順調。
今週の一週間、本来の飼主は地球の反対側の方に滞在中。

漸くネコたちも少しずつ環境に慣れてきた気配。
食欲も回復してきたようで、「いちご」の場合には給餌の時に擦り寄ってくることも。

少し前までは大好きな「パッ缶」を持っていっても、ろくに見向きもしなかったことを思えば先ずは一安心というところ。

しかし母ネコの「ポミ」の方は、あくまでも「気を許していないオーラ」を発し続けているのでありました。

「母ネコのポミ」
気位の高い「母ネコのポミ」
2006/11/07 撮影

拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
Trackback
この記事にトラックバックする: