本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコ(※2019年11月末に天国へ)などの話題に終始しております (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 5 6 7 8
9 11 12 13 14 15
16 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新CM
(02/19)
無題(返信済)
(11/18)
お大事に(返信済)
(09/26)
ご無沙汰です(返信済)
(06/19)
その後の今井(返信済)
(03/03)
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[128] [127] [126] [125] [124] [123] [122] [121] [120] [119] [118]
ネコの母子たちは、どうやら仲直りをしたらしく唸りあいなどもすることなくじゃれ合っている模様。
「いちご」はご近所周辺に出勤し、「ポミ」はベランダの陽だまりで日向ぼっこ。

「暫定飼い主」とはいえ、これだけ連続して食餌などの面倒を見ているので猫たちも大分気を許しているような雰囲気。
昨晩などは「ポミ」が車庫の屋根の端までお出迎え。
こちらを向いて、一声「みゃー」とご挨拶。
反射的に、思わずネコに手を振って挨拶を返してしまった。

自分のことは後回しに、フリスキーの「パッ缶」を手にネコ部屋に入ると、たちまち親子2匹が足元に集合。
「おう、よしよし」などと呟きながら、給餌とトイレの始末を手早く片付ける習慣が身についてしまったのでありました。

拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
Trackback
この記事にトラックバックする: