本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3 4
9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
(11/11)
(09/24)
謹祝再開(返信済)
(09/19)
元気ハツラツ(返信済)
(09/01)
(08/31)
最新記事
(11/19)
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[119] [118] [117] [116] [115] [114] [113] [112] [111] [110] [109]
昨日、娘が一時帰宅して身の回りの荷物を積んで汐留までとんぼ返り。
このため深夜にまた戻ってきたものの、結果的にあまりネコをかまってあげなかった模様。

というのも、「いちご」は小生の車の屋根に乗りずっと、こちらの居間のほうを外から眺め続け、よほど人恋しいのか、カーテンの隙間から様子を覗くと必ず目が合う..
反対側の窓からそっと覗くとまた体の向きを変えてこちら側をまん丸な目をして凝視..
そんな隠れん坊を10回ほど繰り返してしまった(笑)

一方母ネコの「ポミ」はというと、寒がりの癖に車庫の屋根の上に腹ばい状態にて、やはり1時間ほどこちらの様子をじっと見つめていた..
おそらくは、別に小生にかまって欲しいというよりも、灯のある部屋に向かって飼い主である娘の姿を追い求めていたのやも知れず。
薄情にも、本来の飼主である娘は本日の午後にはまた都内に戻る予定。

一般にネコは3日経過すると以前の記憶が薄れるとの説があるようですが、今回は正味4日間のブランクだったので未だ完全に記憶を消失するまでには至らなかったらしいのでありました。

拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
Trackback
この記事にトラックバックする: