本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 7 8 9
10 11 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
お疲れ様です(返信済)
(04/29)
(04/21)
(04/18)
(03/12)
釣られました(返信済)
(03/12)
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[117] [116] [115] [114] [113] [112] [111] [110] [109] [108] [107]
2匹のネコがどうも食欲もないし、ややいつもの元気も無い様子。
母ネコの「ポミ」は、夜10時過ぎにも拘わらず車庫の屋根に降りて玄関の方をじっと眺め、「いちご」は暗闇の中でベランダの端からじっと道路の方向を見つめていた。

夜はネコ部屋に隔離するために、2階へ上がりベランダへの通路を閉鎖。
しかし、僅かな隙を見てポミは階段を降りて娘の衣服を置いてある洗面所へ。
飼主の娘は明日の夕方にならないと戻ってこないことを言い聞かせたものの、まん丸な目をして「にゃー」と一声発したのみでその場から微動だにせず。
どうやら週末に帰ってくるはずの娘の帰りを待っているような仕儀さに思えてならないのでありました。

拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
Trackback
この記事にトラックバックする: