本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
3
5 7 8 9 10
12 13 14 17
18 19 21 23 24
25 26 27 28 29 30
最新CM
災難でした(返信済)
(06/17)
(06/13)
おじいちゃん(返信済)
(06/03)
(05/08)
無題(返信済)
(04/25)
最新記事
(06/22)
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
今月に入ってまもなく「いちご」(オス12歳)の体調が悪化。
そうしたなかでもお気に入りは小さな段ボールの箱で、昨年末あたりから昼寝の時には必ず丸くなって入っていました。

食欲は今月の初め頃から落ちていますが、一日の食事量は消化の良いウエットタイプのものをほんの少量くににするだけで、昨日あたりからは次第にトイレに行けなくなり始めました。
このため段ボールの切れ端を敷いてシーツ代わりにしています。
専用の食べやすい食事に切り替えてから約2週間が経ちましたが、来月半ばの長女の帰郷まで持つかどうか・・・

画像は2012年7月撮影のもの

拍手[4回]

愈々「いちご(オス猫12歳)」の体調が思わしくはなく近所のどうぶつ病院へ。
血圧、体温がともに低く、食欲不振と水分不足もあり極度の衰弱。
エコー診断から消化器の腫瘍が判明し、すでに手の施しようのない状態に。
ここ10日間ほどの衰弱ぶりを目し、こういう最悪の事態は想定できていたとはいえやはり余命宣告はつらいものがある。


    生後5か月頃


拍手[4回]

昨日借りてきた検査機器の返却に川越医療センターへ。
今年のソメイヨシノは総じて遅咲きのようで、センター内に植樹されているものはこの日がようやく満開になっていました。
帰宅後早めの昼食を摂り、この時には恒例の爆睡モードへと突入しました。
睡眠時無呼吸の簡易検査でしたが、あまり寝返りをうたずにおとなしく寝ていたことから、さらに猛烈な睡魔がやってきたようです。

拍手[4回]

この日を逃すとあとが無いことから、今年のサクラの見納めに国営武蔵森林公園へ。
園内ではほかにアイルランドポピーとネモフィラが見ごろを迎えようとしていました。
季節の山野草関係はヤマブキソウとイカリソウ類以外は時期外れとなっていました。
画像は山田城北東の花木園のソメイヨシノとセイヨウアブラナです。

拍手[5回]

今のところ「いちご」(オス12歳)の具合は食欲も回復して小康状態に。
段ボール箱を置いてある一段下の出窓まではどうにか移動できるようになった。
これでお気に入りの窓枠の個所に登れるようになれば・・・

一方人間の方は極度の傾眠状態に。
考えてみれは昨年の今頃は岩手県遠征に出かけていた。
今年の花粉アレルギーを含む諸々の事情では計画さえも立案できずにいる。

拍手[3回]

今日の朝食からほんの少し食餌すすみ、いくぶん回復しているようにも見える。
しかしその動作は以前に比べて鈍くなっている。

夕食代わりの高齢ネコ用ウェットタイプに切り替えてみたところ、おおいに関心を示し食いつきが良好で給餌用のスプーンをペロペロと嬉しそうに舐めてくれた。
たしかに2匹で50グラム+αは少ないけれど、ポミの方はもともと以前から吃驚するほどの小食。
仲よく分け合っているようなので、この食餌でしばらく様子見をしてみよう。

たぶん「いちご」の反応に変化が見られたのは一昨年の2015年10月頃からと記憶。
その頃から徐々にあまり物音に関心を示さず、視力も低下しているようになってはいた。
たしかに満12歳なので十分に高齢の範疇なので、今後もしっかりと容態を見守っていこう。

拍手[3回]

画像手前の「いちご」(生後12歳の雄ネコ)の具合が思わしくありません。
先月辺りから風邪気味だったようにも。
ここにきて食欲が低下。
今日の午後には動物病院に連れて行こう。

拍手[2回]

茨城県つくば市の「筑波実験植物園」の見学へ。
花壇のクリスマスローズや温室の熱帯植物などが元気に生育している反面、ハクモクレンは強風にあおられて見頃は過ぎていました。
ほかに野外植物で撮影したものは、ベロニカ、シキミ、サンシュユ、エドヒガン、カタクリ、オオミスミソウなど開花中の30種ほどで、これに温室内の植物が40種ほどとクリスマスローズの品種が20種ばかり。これにその他が10種くらいでざっと100種ばかりとなりました。



この植物園は決して園内のすべての植物に説明が付されている訳ではありませんが、名称や分類などについては的確でかなり細かい配慮がなされていることから、これからもしばらくはお世話になりそうです。また芝生のあるゾーンではこの時期では定番のミチタネツケバナ、ナズナ、ホトケノザなどが繁殖中でした。

 2017年2月末に圏央道が東に延長開通したことから、お陰様でこの方面へのアクセスは埼玉からもだいぶ近くなりました。国道4号線以東は未だに対面通行部分も多くあり、制限速度も70kmに抑えられてはいますが便利になったことだけは間違いがありません。しかし、まだ慣れていないドライバーがいるようで片側2車線から1車線に変わる個所も多く所在し特に注意が必要です。

拍手[3回]

倦怠感のなか昨日外出したせいか咳が止まらず。
花粉症で咳が止まらないなどということはなく、術後数日間の体調に似ているような。
咳止めの薬は先月に処方されているので、もう二、三日様子を見て対応を考えよう。

拍手[0回]

午後2時半くらいから「寒気」と「眠気」に「吐き気」が合体。
2時間ほどベッドで爆睡するとケロッと回復。
「食い気」も復活して「元気」に。
明らかに咳き込むので花粉症ではなさそうな「気配」が。
それにしても「気」だらけの一日だった。

拍手[1回]