本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
3
5 7 8 9 10
12 13 14 17
18 19 21 23 24
25 26 28 29 30
最新CM
災難でした(返信済)
(06/17)
(06/13)
おじいちゃん(返信済)
(06/03)
(05/08)
無題(返信済)
(04/25)
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[173] [172] [171] [170] [169] [168] [167] [166] [165] [164] [163]
前回「円良田城」を訪れたのは2005年の4月末。
当時は堀切と竪堀の違いも分からぬような未熟者にて。
山野草の画像を撮影するという目的もあり、主郭の小口は見逃す、石積みの場所は間違える..と、散々な結果に。

あれから、早くも2年近くの年月が経過。
余り進歩は無いものの、以前に比べるとほんの少しだけ落ち着いて遺構を眺めるようになったような気がします。

城跡も同じ個所を2回訪れると、見逃していた要素や勘違いなどが次々に現れてよい経験になるのかもしれません。
前回の時は時々厚い雲に覆われ突風が吹きつける生憎の不安定な天候。
このため、尾根筋の北側の「井戸跡」は薄暗く写真もピンボケ。

さて、好天に恵まれた今回は...

「円良田城」の井戸跡
「円良田城」の井戸跡
2006/12/23 撮影


拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
Trackback
この記事にトラックバックする: