本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 4 5
6 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
(08/12)
無題(返信済)
(08/05)
会田氏(返信済)
(07/30)
(07/20)
お疲れ様です(返信済)
(07/12)
最新記事
(08/14)
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[1033] [1032] [1031] [1030] [1029] [1028] [1027] [1026] [1025] [1024] [1023]
ウクレレ漫談の牧伸二さんが亡くなられました。
大正テレビ寄席の司会者として出演される以前から、我々の世代にとっては大変人気のあった芸人さんでした。
その師匠だった牧野周一さんも、メディアとしてのテレビ草創期から拝見していた記憶があります。

近年は体調を崩されていらっしゃったようですが、まさか自死とは...俄には信じがたい話です。
かりに様々なご事情がおありになったとしても、命の灯火の続く限りは己の人生を全うすべきだったのでは。

つい先日は、ご近所の知り合いの方が亡くなられました。
お一人は母が以前に大変お世話になった方。
もうお一人はお隣のご主人で、小生よりも二回り近くご高齢の方でした。
余りお付き合いのなかったとはいえ、約半世紀にわたってお隣同士でありました。

いずれも近親者のみによる密葬とのことと伺いました。
近年は地域社会の相隣関係が益々希薄となり、こうした形態でのご葬儀が増えて行くのでしょうか。

合掌

あ、小生の場合にも近親者のみによる無宗教での「お別れの会」というような形態を考えております。
子どもたちに無用な負担を強いたくないことから、墓地、戒名ともに不要で、できれば散骨スタイルで...と配偶者と意見の一致をみております。
BGMも10パターンほどにアレンジされた「G線上のアリア」のCDを用意済みで。
指回りに負担の少ない、数少ない演奏可能な曲のひとつでもありますが、まさか自分の演奏をお聞き頂くにはあまりにも忍びなく...

拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass