本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 4 5
6 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
(08/12)
無題(返信済)
(08/05)
会田氏(返信済)
(07/30)
(07/20)
お疲れ様です(返信済)
(07/12)
最新記事
(08/14)
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[429] [428] [427] [426] [425] [424] [423] [422] [421] [420] [419]
最近は明らかに交通マナーが低下する傾向にあるようで。
昨日は自宅へ帰宅するまでの片道僅か30分程の間に様々の事故につながりかねない交通マナーの低下事例を目撃。
以下時系列順に記述。

事例1
信号のない十字路。
この時点ですでにスモールは点灯。
幅員の狭い道路なので一時停止して右折待機。
前方からバイクが十字路に差し掛かってくるのが見えたので道を譲って横断するまでさらに待機。
しかし、バイクは十字路の中央付近で突然ウインカーの合図もなく右折。

事例2
歩行者用の信号もある交差点。
前方不注意気味の一組のカップルが赤信号無視してそのまま横断開始。
当方が先頭車両のため、青信号のまましばらく停止線で待機。
カップルは途中で気づいたらしく慌ててUターン。

事例3
日没間近のため完全に逆光。
そこへ信号無視で交差点を直進する同年代と思しき男性の自転車。
当然無灯火で、しかも黒っぽい服装。

事例4
国道と交差する幅員約8mの町道。
信号は青。
当方は右折のため右折表示の個所まで進み、直進車をやり過ごす態勢。
その時対向車線の普通乗用車が左折の合図なしに対向車線にはみ出しながらハンドルを大きく右側に切りながら大曲りにて左折。
直進車があれば間違いなく接触事故。

事例5
青信号の国道。
当方は直進右折待機車線に車両がいるので死角が発生していることを留意。
このため時速10km未満で慎重に交差点に進入。
その直前を大型バイクがこちらの進路を妨害するようにノンストップで右折。
なお、当方はこの時点でヘッドライトは点灯済み。

事例6
比較的見通しのよい直線の国道。
一時流行った大型スクーターが対向車線に1m以上はみ出しつつ制限時速を30km以上超過して追い抜きを。

事例7
国道と県道の丁字路。
右折待機中の後続車が一台分スペースを空けているにもかかわらず、右折しそこなった乗用車が横断歩道を半分塞いで停車。
黒のワンボックスで然も無灯火。
県道方向から大型車が左折あるいは右折すれば間違いなく接触事故の発生。

事例8
国道にて。
完全に日没の時刻にも拘わらず無灯火。
加えて携帯に夢中になり明らかに前方不注意の女性が運転する対向車が一台。
追突しないのが不思議なくらい。

尤もそういえば先日煙草を吸いながら携帯電話をしているのも見かけたのでありますな..つまり両手が完全にハンドルから離れているというこれがホントの離れ業。

事例9
反対車線に自宅近くの生花店前に買い物中と思われる乗用車がハザードの合図もなく駐車。
この時反対車線から直進してきた乗用車が、全く減速することなく対向車線に飛び出して当方の進路を妨害。

さてまだ昨日の事柄が、このようにブログに打ち込めるということは記憶力の減退に幾分歯止めがかかってきた証なのかもしれず。

ところで本日も出勤途上において、自宅近くの丁字路の交差点近くを斜め横断する親子の自転車に遭遇。
後続の子供用自転車には小学2年生くらいの女の子。
幼児を前に乗せた母親の自転車を必死っ追いかけているため、信号待ちの停車中の車の陰から飛び出して行ったのでありました。
仮に県道側からの右折車があれば信号待ちの車両の死角ポイントにて。

歳のせいか、かように愚痴が多くなるのでありまする。

拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
Trackback
この記事にトラックバックする: