本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコ(※2019年11月末に天国へ)などの話題に終始しております (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新CM
(03/22)
(02/19)
無題(返信済)
(11/18)
お大事に(返信済)
(09/26)
ご無沙汰です(返信済)
(06/19)
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[431] [430] [429] [428] [427] [426] [425] [424] [423] [422] [421]
本日も最高気温は摂氏33度。
このため飼い主以上に昨日に続いて元気とはいえない母ネコのポミ。
階段を駆け上がるのも一段ずつゆっくりと。

夕食の餌はいつものように、子どもの「いちご」が先にムシャムシャ。
珍しくポミが食べたそうに反対側から餌トレイに接近。
その気配に気づいたらしく、遥かに大柄な「いちご」が餌トレイから少しだけ後退。
母ネコと向き合いながら仲良く食餌。

何時ものように猫トイレの片付けを済まして階段を下りかけると、珍しく2匹揃って餌トレイから顔をあげ真ん丸な眼をしてこちらを凝視。
本日のパッ缶は夏バテ対策用の幾分値段の高い「舌平目のテリーヌ」(米国製)
彼らなりの感謝の表現なのでありました。

拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
Trackback
この記事にトラックバックする: