本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3 4
9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
(11/11)
(09/24)
謹祝再開(返信済)
(09/19)
元気ハツラツ(返信済)
(09/01)
(08/31)
最新記事
(11/08)
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[436] [435] [434] [433] [432] [431] [430] [429] [428] [427] [426]
金曜日頃に痛めた背筋が回復の兆し。
しかし本日は朝から緊張性頭痛。
副作用がある薬を服用しているので頭痛薬もやたらに飲むことは難しく。
午前中いっぱいはただひたすら忍従。

そうしたなか、臨時職員の方の雇用保険への加入の是非に関する問題が浮上。
加えて画像ファイル形式の変換、画像サイズの圧縮などの作業が思い通りに進まず、余計頭痛が酷くなりまさに散々の一日なのでありました。

拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
それがしも頭痛です
こんばんは、私も先週仕事が忙しく無理に頑張っておりましたが今朝から頭痛が(汗)
やはり無理が利かなくなる年齢に達してしまったのでしょうか(笑)

甘糟城拝見しました。
以前訪れた際は???でしたが
拝見して納得しました。
堀跡と推定される地形はなかなか魅力的ですね。
また、訪れてみようと思います。

28日、車人形を見に夫婦で伺わせていただきます。
楽しみです。

史進 2007/10/07(Sun)01:02:04 編集
Re:それがしも頭痛です
某の場合頭痛のタイプも片頭痛、緊張性頭痛、低気圧の接近による頭痛といろいろタイプがありまして(汗)
今回の症状はどうやら経験的に恐らく軽度の帯状疱疹の再発(累計5回目)のようです。
当方のように慢性化してくると些か厄介ですので、史進どのもくれぐれもお大事にしてください。

さて、かなり無名に近い「甘粕城」をご覧いただきありがとうございます。
その実態がはっきりとしないため、「城」と「館」の何れに区分すべきなのか未だに悩んでおります(笑)
「新編武蔵風土記稿」によれば、甘粕村の戸数は19世紀初頭で80戸とされています。
付け焼刃の歴史人口学のデータを応用いたしますと中世初期には20戸から多くとも30戸程度と推定されますので、「吾妻鏡」が記すように戦闘要員となる一族郎党は概ね数名程度ではないかと思われます。
城郭史としての視点から見ても一般的には「館」と解するのが妥当かもしれませんが、せっかく「城」と呼ばれている向きもあるのでそのままにしております。

28日は、お揃いでぜひともおいでくださいませ。
時間帯は12時45分頃から先に「車人形教室」を30分ほど開催する予定です。
予定演目は有名な「殿中松の廊下」ですので、その立回りが見どころとなるかと思われます。
【2007/10/08 00:37】
Trackback
この記事にトラックバックする: