本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 16 17
18 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新CM
ご無沙汰です(返信済)
(06/19)
その後の今井(返信済)
(03/03)
(01/07)
(01/05)
無題(返信済)
(01/03)
最新記事
(08/19)
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[368] [367] [366] [365] [364] [363] [362] [361] [360] [359] [358]
本日の午前3時前にようやく杉山城の全面改訂を暫定アップ。
デジカメの撮影枚数は合計にして129枚。
然し撮影メモには何故か125枚分の記載しかなく。

延べにして何と5日間の作業..というよりも何やら苦行の様相も。
4ヶ月前のおぼろげな記憶はなかなか呼び覚ますのに膨大な時間が。
一枚の画像を特定するのに1時間を費やすことも。

加えて出来上がったものはといえば、画像の枚数が増えただけでこれといった特徴もなく、矢鱈に縦長のページであるという印象が強く。

さて、本日の午後からは仕事モードに切替えて夜10時ごろまで勤務する予定に。
最近は歳のせいか目が霞むことが多く、かくてますます更新が停滞。
訪城も先月は正味で僅か6時間のみなのでありました。
足元と共に目も鍛えねば..


杉山城
どうにか更新した杉山城
2007/03/04 撮影

拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
謎の杉山城
竹澤氏館、杉山城拝見いたしました。
館跡の超年代モノの案内板は如何でしたか。高松塚古墳並みの剥離状態ですよね。
杉山城は本当に不可思議と言えば不可思議な城ですね。何やらミニチュアのような感じすらする城跡です。
当時の武士たちの城攻めの稽古に使用した教本のような(笑)
ついつい自動車教習所の模擬コースを連想してしまいます。
ですが見所は満載ですね。100枚以上の画像を撮影されたのがよく理解できます。雑木が伐採されたおかげで撮影しやすくなりましたね。
秋になりましたら、またご一緒したいものです。
モナー 2007/07/08(Sun)18:04:12 編集
Re:謎の杉山城
>竹澤氏館、杉山城拝見いたしました。

毎度忝く存じます。

>館跡の超年代モノの案内板は如何でしたか。高松塚古墳並みの剥離状態ですよね。

判読できる部分が半分に満たないというのも、文書解読や想像力の鍛錬には大いに役立ちそうです(苦笑)

>杉山城は本当に不可思議と言えば不可思議な城ですね。何やらミニチュアのような感じすらする城跡です。
>当時の武士たちの城攻めの稽古に使用した教本のような(笑)
>ついつい自動車教習所の模擬コースを連想してしまいます。

ある意味東武ワールドスクウェアを連想してしまうような要素のあるところは否めないかと存じます。
考古学的所見は、従来の後北条氏関連の支城ネットワーク論の綻びにもつながりかねない側面もありました。

>ですが見所は満載ですね。100枚以上の画像を撮影されたのがよく理解できます。雑木が伐採されたおかげで撮影しやすくなりましたね。

予めコピーした縄張り図に撮影関係事項を記載しながの作業でしたが、「キツネの巣穴」の撮影などをしていたため最終的に何故か計算が合わず..(汗)

>秋になりましたら、またご一緒したいものです。
こちらこそその節はよろしくお願いいたします。
【2007/07/10 11:53】
Trackback
この記事にトラックバックする: