本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 5 6 8
9 11 13 15
16 18 21
27 28 29
30
最新CM
無題(返信済)
(04/25)
ご愁傷様です(返信済)
(04/22)
お大事に(返信済)
(03/26)
大築城の石積(返信済)
(03/19)
(03/11)
最新記事
(04/26)
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[317] [316] [315] [314] [313] [312] [311] [310] [309] [308] [307]
広木大仏城の一部と推定される台地上の民家の脇からL字状にのびている溝跡。
堀跡かといえば歴史的な遺構にしてはどことなく新しそうな印象もあり多分違うような按配。

幅は1間、深さ80cm、延長40m以上(先の方が篠竹の藪に向かっているため地面の形状の目視が不可能)という規模。
民家の排水関係の溝にしては溝の底部が宅地部分よりも高く、かつ90度の角度で曲がるという必然性を欠いています。

溝が存在する意味としては
①境堀
②耕作のための畦堀
③排水路
④山道(里道)
などが想定されますが、
①の場合に台地上に設置する意味が不明
②の場合には耕作地の面積としては些か狭隘に過ぎる観が。
④の場合にもL字型に曲がる意味が不明


広木城付近の台地上の溝
広木城付近の台地上の溝
( 2007/05/14 撮影 )


拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
以前私も似た様な所を見た事があります。
鳩山町の笹山城ですが、城域と思われる所に丘陵の稜線に沿った浅い溝を見た事があります。あの浅い堀の意味が未だに解明できず、今に至っております。

広木城も推定地に行っただけで丘陵地帯へは足を踏み入れていませんでした。冬場になるのを待ち、再訪問してみたいものです。
儀一 URL 2007/05/17(Thu)06:07:56 編集
Re:以前私も似た様な所を見た事があります。
コメントありがとうございます。

広木城の所在地と比定される丘陵は宅地、農耕地、草地、篠竹の藪、杉の植林とさまざまな様相を見せ、加えて里道もそこかしこに所在しております。
当時の地形が何処まで遺されているのか判断の難しいところですね。

大規模なものでは滑川町の丘陵地帯でも目の当たりにしたことがありましたが、それに比べるとこちらの方は規模も小さく何処と無く新しさを漂わせている風情を感じました(笑)

ご指摘のように冬場ならばもう少し様子が分かるかもしれませんが、篠竹の藪は季節に関係が無くなかなか手強いようでした。
【2007/05/17 19:21】
Trackback
この記事にトラックバックする: