本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3 4
9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
(11/11)
(09/24)
謹祝再開(返信済)
(09/19)
元気ハツラツ(返信済)
(09/01)
(08/31)
最新記事
(11/08)
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[1041] [1040] [1039] [1037] [1038] [1035] [1034] [1033] [1032] [1031] [1030]
所用のため、午後から小平方面へ。
各駅停車の電車なので、何とか乗り継ぎ目的地へと到着。
一駅前で下車して、徒歩にて現況を確認.......と思ったのが浅はか。
府中街道を南下して、玉川上水まではたどり着いたものの、事前の情報収集の不足がたたり、肝心の現場へとは到着できず(苦笑)

とはいえ本来はシンポジウムへの参加が目的。
小平市内の中規模なホールは立ち見がでるほどの満員。
参加者は関係者を含めて400人前後かと推測。
都道建設問題に対する関心の高さが窺われました。

往復の所要時間は約4時間弱。
累計の歩行距離は約17キロメートル。
帰りの電車内では腰と踵とアキレス腱に痛みと疲労が集中。
小生以外の乗客が登りのエスカレーターに群がる中を、ただ一人駅の階段で2段飛ばしを敢行。
しかし階段の下降動作は手摺りに摑まりながらのぎこちない動作に。

午後3時に僅かばかりの水分補給。
以降は諸事情により飲まず食わず。
ようやく自宅へと帰り着いたのは午後10時45分。
体力的には、現状ではこの程度が限界の模様。

拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass