本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
3
5 7 8 9 10
12 13 14 17
18 19 21 23 24
25 26 27 28 29 30
最新CM
災難でした(返信済)
(06/17)
(06/13)
おじいちゃん(返信済)
(06/03)
(05/08)
無題(返信済)
(04/25)
最新記事
(06/22)
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

たぶん2年ぶりくらいに風邪ひきました。
喉の痛みと鼻水にクシャミの3点セットです。
発熱の方はこの10年以上記憶が無く、今回も全く平熱です。
一度風邪をひくと結構長引く性質なので、なんとか今月10日くらいまでに治さねば。

拍手[0回]

今月の始め頃から腰に違和感があったので湿布で対処。
次に首筋の鈍痛があったので同様に対処。
これが収まったと思ったら3日ほど前から今度は背中が。
なので、ただいま湿布中。
今日あたりは猛暑予想なので、どのみち事態待機であります。


拍手[1回]

この冬の城跡めぐりは結果的に殆ど出かけられませんでした。
昨年の1月頃からいろいろと計画だけは立てていたのですが、肝心のシーズンに入ると以前からのドライアイの具合がいまひとつのため思うに任せませないようなことになってしまいました。
このため大阪北西部、京都市内、兵庫県播磨地方、滋賀県湖東地方、愛知県三河地方、静岡県遠江地方、山梨県北部、茨城県県南など数多の候補地もすべて計画倒れとなりました。
かくして今や奥の手となった「北国の遅い春」作戦を考案中なのであります。

拍手[1回]

先々月のこと、市役所の介護保険担当課から介護保険証が届き、お陰様で高齢者の仲間入りができました。
とうとうというべきか、はたまた、やっとここまでというべきか何とも形容しがたい心中なのであります。

身体はたしかに無理がきかなくなってきたことは事実で、食も細くなってきたことは否めません。
視力も老眼が進行し既に還暦を迎えたころから遠近両用のお世話に。
最近は人名が出てこない事例もとみに増加。
記憶力の減退も顕著となって、先日などは昨年11月に発注したばかりのネットでの日本茶注文の方法が分らなくなるなども。

この調子で平均寿命まで生き残っては世間様に申し訳ないなどとも思う始末にて。

拍手[0回]

近年では咳が出るなど風邪気味の状態はたいして珍しくもないのですが、今回は体の節々に痛みがあり食欲の減退と微熱も発生。
市販の風邪薬を服用していたところ正味一日で回復しました。
もっとも昨年末頃から断続的に風邪気味の傾向が続いていたこともあるので、別段回復力があったというほどのことでも無さそうです。

拍手[0回]

今月中旬ころから些か風邪気味だった。
やむなく市販の風邪薬を服用して現在は小康状態に。
数日前は猛烈な緊張性頭痛が発生。

月曜日に家内の知人の墓参りにときがわ町まで同行。
往復60キロメートルほどの行程だが、そのあとは加齢性のドライアイに眩暈が追加。
かくして無情にも貴重な時だけは流れ去る日々が続く。

閑話休題。
ふと眺めると「埼玉の城館」の累計アクセスが9万件を超えていた。
地元地域であるにも拘らず、かなりの更新を放置して既に8年が経過。
アクセスに感謝。

拍手[0回]

ここしばらくの間、少しずつ当該サイト全体の見直し作業をしている。
そうした作業中に睡魔に襲われるのはいつものことなのだが、最近はこれに胸痛と低体温が加わってきたらしい。
今日の気候は平年並みの寒さなのだが、昨年に比して手足などの末端の冷えが顕著となってきたようだ。
10年ほど以前には寒さには滅法強く、摂氏10度くらいでも暖房なしで仕事をしていたことがあったが、現在はその面影はなくなってきたらしい。
ただ今の室温は摂氏12度ほどなので、そろそろ暖房を使用する必要があるのかも知れない。
しかしエアコンの暖房は喉に良くないことは近年体験済み。
オイルヒーターもあることはあるがエネルギー効率が芳しくない。
さて困ったものだと、昨年の今頃も思案していたことを思い出した。

拍手[1回]

還暦を過ぎてからここ3年くらいのことだろうか。
木枯らしが吹く季節になると、やたらに眠くなるようになったようだ。
今年も気温が下がり始めたこの一週間ほどの間、食後に必ず睡魔に襲われている。

とくに傾眠をもたらすような材料は身の回りには見当たらず。
それでも昼寝の時間を含めると一日当たりの睡眠時間は12時間を超えてしまっている。
平均的な健康寿命でいえば、のこりはあと5年ほどとされていることも事実ではある。
人生の時間軸で考えれば、まことに勿体ない時を過ごしているのではあるのだけれども、とにかく眠いのでどうしようもない日々が続いている。

そんなわけで、当面いくらでも時間はあるのだが10月に出かけて以来ほとんど動いていない。
郡山以降は引き続いて遠江、甲斐、近江、摂津方面と、計画だけはいろいろと構想していたが、早くも月末となってしまい山岳方面はそろそろ厳しくなってきた。
そんなことから来月は昨年の悪天候を見返すべく再上洛を画したいと思い始めているのだが、あいかわらず現地での適当な移動手段の選択に頭を悩ませている。

拍手[0回]

昨日の夕方、雨戸を閉めているとふいに左手の指に激痛発生
即座に痛みの原因が分からないくらい目の前が真っ暗に。
よく見ると薬指の第2関節上部を引き戸と窓枠とで挟んでいた。
二重サッシュで幾分重いことから、普通のサッシュよりも動きがスムーズな構造らしい。
しかも重量があるのでズドンという感触だった。

不思議なもので挟んだ瞬間にはたぶん親指以外ということは感じていても、具体的にどの指なのかということは分からなかった。
ジンジンと痛む指先を恐る恐る眺め薬指の第2関節上部付近であることを確認。
該当部位が少しへこみ、皮膚が剥けて爪との境目から微量の出血。

このため指を顔のあたりまで上げつつ、先日買い足したばかりのバンドエイドのキズパワーパッドを使用。
痛みを軽減する効用はないものの、しっかりと傷口保護のため直径1センチメートルほどのドーム状空間を形成中。
内反小指対策で購入しているものなのだが、あくまでもこれが本来の使用方法なのだろう。
夜中に目覚めたが昼寝のせいなのか、トイレなのか、咳なのか、はたまた指の痛みなのかは不明。


拍手[0回]

足底腱膜炎用中敷きの効果は10月の郡山遠征時に検証済なので、所用のついでに五本指靴下を履いて都内まで出かけてみました。
自宅から最寄り駅までは徒歩だったので往復で約8000歩ほどに。

歩行距離自体がかなり短いことから、それほど足への負担は感じられませんでした。
靴下の効果は多少はありそうでしたが、現在ナイフエッジ(水泡後に角質化)と化している2本の第五指にジェルサポーターなどの内反小指用対策が必要であることを再認識しました。
ただしジェルトポーター自体が痛みを軽減させる配慮のから、耐久性に乏しいく外れやすいという欠点があります。

そこで役立つのが切り傷の回復を早めるやや厚手のカットバン。
厚手ですがごわごわしないのでマメ、水泡、靴ズレなどにも有効です。
足指付け根の痛み(種子骨痛)の方は、大きめでやや厚手のカットバンがピッタリする。
足回りには一定の寿命がある。
などと書き留めておかないと、また同じ痛い目をみるような年代です。

拍手[0回]