本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
3
5 7 8 9 10
12 13 14 17
18 19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新CM
災難でした(返信済)
(06/17)
(06/13)
おじいちゃん(返信済)
(06/03)
(05/08)
無題(返信済)
(04/25)
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[567] [566] [565] [564] [563] [562] [561] [560] [559] [558] [557]
本日は会議で出張。
公共交通機関未整備地域のため最寄り駅までテクテクあるいて約2km。
武蔵野線に乗換え南浦和へ。
南浦和から京浜東北線に乗換え終点の大宮へ。
さらに東武野田線に乗換え...
ふたたび約500mをテクテク歩いてようやく目的地へ到着。

帰路はその逆コースで職場へ。
別に大宮競輪に出かけたわけではなく。
あくまでも純然たる仕事にございまする。
駅の階段とコーンコースの分も含めれば全行程にしておおむね6km。

運悪く本日は蒸し暑うございました。
途中昼食のため立ち寄った店が何と窓締切のままエアコン未稼働。
さらに会議室は省エネ・経費節減のためエアコン未稼働で2時間の缶詰。
このため全身汗まみれに。

一方、朝から右足首靭帯に鈍い痛みが。
用心のため包帯で固定し、その上から専用サポーターを装着し万全の態勢。
駅のエレベーターとエスカレーターは痩せ我慢して使用せず。
果たして何処までいけるかと懸念されたものの、特に蹲るほどの痛みもなく無事帰還。

引き続き19時から依頼業務の打合せに出かけ20時20分に帰宅。
夕食後OSの動作確認とメールチェックを行い、只今業務日誌のようなブログを作成中。
平凡な一日でしたが、かくて本日も更新ならず(苦笑)

拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
大宮
過去2回ほど寿能城を訪れておりますが
いずれも競輪かサッカーが行われており
混雑しておりました。
車での訪城が厳しい土地ですね。
お仕事とはいえ電車を乗り継ぎ大変な距離を歩かれるのはツライですね。
暑さがなければいいのですが。

私も今月中には大宮をまわりたいのですが神奈川県厚木市に手間取ってしまいまして・・・
お体の具合はまずまずのようで何よりです。
しかしこの暑さですから体調管理は気を使って下さいませ。
と人に言いつつ私は今日も昼からお酒を(笑)
史進 2008/07/06(Sun)22:30:21 編集
Re:大宮
おはようございます。

「寿能城」...無論未更新のままにございまする(冷汗)
拙HPの埼玉県全図では1か所でも更新すれば色塗りをしておりますシステム故、寿能城のみでさいたま市を塗りつぶすのも如何かとぞんじまして...ブツブツ(苦しい言い訳)
さてあの折ひとしきり遊んでもらった、愛嬌のある人懐こい子猫さんはどうしているのでありましょうか(あざとい話題変更)

競輪場へ赴く方々の服装、歩く姿勢には明らかに統一された印象がございまする。
蒸し暑い中を薄手とはいえ長袖を着用し、専用の情報誌を小脇に抱えて、幾分前傾姿勢を保ちつつ視線もやや落とし気味で早足。
真直ぐに前方を見据えて歩いている方は皆無に近く。
また連れ立って行動する方は稀であくまでも単独行動。
平日のため年代層は60代から70代前半で、しかも9割以上は男性。
暇にまかせて人物観察などをしておりました(笑)

毎年会議の関係で少なくとも4回ほどは出かけますが、小学校1年生当時の遠足に訪れた場所を半世紀後に仕事で頻繁に出向くようになるとは予想だにいたしませんでした。

昨日家内が飲んでいたビールを一口ばかり拝借。
ごくたまに口にする冷えたビールは誠に美味しゅうございます。
服用中の処方薬との関係から、余程のことがない限りここ10年以上はアルコールとは縁のない生活を送っておりまする(苦笑)

お気遣いいただき恐縮にございます。
昨年の二の舞とならぬよう夏場を乗り切りたいと存じます。
史進どのも、どうかご壮健で来るべき冬にお備えくださいませ。
【2008/07/07 08:43】
Trackback
この記事にトラックバックする: