本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
3
5 7 8 9 10
12 13 14 17
18 19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新CM
災難でした(返信済)
(06/17)
(06/13)
おじいちゃん(返信済)
(06/03)
(05/08)
無題(返信済)
(04/25)
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
夜中の大雨が一息ついて、次第に晴れ間が広がる気配。
しかし午前中の所用が思いのほか長引き、体が空いたのは午後2時前。
空模様を眺めると、上空こそ久しぶりの青空が広がっているものの、西方には積乱雲が発達中。
最近天気予報よりも的確な一心同体偏頭痛センサー予報によれば大雨の前兆が。
果たして夕方には嵐のような豪雨に。
昨日の訪城の延期は正解のよう。

先日まで読んでいた「江戸の旗本事典」(2003/小川恭一/講談社)はなかなかの読み応えが。

「知行高100石」は知行地支配を伴い実収で玄米にして約35石=約35表=約35両に相当し、知行支配という名誉と引き換えに不作時のリスクの多さが。
このため、知行地の細分化と分割による相給知行によりリスク分散。
「蔵米取り100表」は実収玄米35表で、収穫の如何にかかわらず幕府が保証。
「現米取り100俵」は実収玄米で100俵。
「2人扶持」というのは一人当たり年間玄米五俵を消費するとして10俵分。
したがって「蔵米100俵2人扶持」は実収で35俵+10俵=45俵という計算に。
大いに勉強になった次第。

拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
Trackback
この記事にトラックバックする: