本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
2 3 4 6
8 10 11 12 14
15 16 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
(09/24)
謹祝再開(返信済)
(09/19)
元気ハツラツ(返信済)
(09/01)
(08/31)
(08/30)
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[382] [381] [380] [379] [378] [377] [376] [375] [374] [373] [372]
嵐山町の「遠道遺跡」近辺の資材置き場に咲いていたコヒルガオ
葉を虫に食われても、何ほどのこともなく花を咲かせておりました。
そういえば、以前深谷の人見氏館を訪れた時も除草剤にめげずに咲いておりました。
地下茎で繁殖するせいか、多少のことでは揺るぎもしない生命力。
雑草の逞しさに学ぶことも大切かと。


コヒルガオ
コヒルガオ
2007/07/19 撮影

拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
こんにちは!
コヒルガオはよく見かけますね。

この花を見ると、カトリーヌ・ドヌーブの「昼顔」を思い出します。…とは言うものの、確かに観たと思うのですが…実はあまり内容は覚えていなかったりする(笑)

ド根性野菜なるものが、よく新聞やネットで紹介されていますね。

アスファルトのわずかな隙間に根を張り、ニョキっと姿を出した大根やスイカは、微笑ましく勇気を与えられます。

文学生活が長い私ですが、投稿してはボツを貰い、ボツを貰っても投稿する…
まさに雑草根性!

人間さまも気概なくしてやってはゆけぬということですなぁ…(^_^;)


百葉箱 2007/07/21(Sat)11:00:24 編集
Re:こんにちは!
>コヒルガオはよく見かけますね。

これはこれはようこそ、おいで下さいました。

>この花を見ると、カトリーヌ・ドヌーブの「昼顔」を思い出します。…とは言うものの、確かに観たと思うのですが…実はあまり内容は覚えていなかったりする(笑)

この時はたしか彼女の女優としての全盛期。
「昼顔」というニックネームの高級娼婦の役柄で、美人女優としては女優生命にかかわるとして当時はセンセーショナルな話題となった記憶が御座います。

>ド根性野菜なるものが、よく新聞やネットで紹介されていますね。
>アスファルトのわずかな隙間に根を張り、ニョキっと姿を出した大根やスイカは、微笑ましく勇気を与えられます。

「ヒルガオ」は、この時期川越街道の中央分離帯の草むらにもよく見かけます。
しばしば雑草として機械を使用した草刈りのため、地上部分は刈り取られてしまいます。
然し、どっこい地中の根は生きているので翌年には必ず再生しております。

>文学生活が長い私ですが、投稿してはボツを貰い、ボツを貰っても投稿する…
>まさに雑草根性!
>人間さまも気概なくしてやってはゆけぬということですなぁ…(^_^;)

農薬の除草剤、草刈り、車の排気ガスなどにもめげずに、地中深く根を伸ばして蔓延るその生命力には驚きを越えて賞賛したいくらいであります。
「堀跡先方衆」殿も「コヒルガオ」のごとく、逞しく本業の充実に勤しみくだされ。

コメント以誠忝存居御座候。
【2007/07/21 11:44】
Trackback
この記事にトラックバックする: