本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
3
5 7 8 9 10
12 13 14 17
18 19 21 23 24
25 26 28 29 30
最新CM
災難でした(返信済)
(06/17)
(06/13)
おじいちゃん(返信済)
(06/03)
(05/08)
無題(返信済)
(04/25)
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[337] [336] [335] [334] [333] [332] [331] [330] [329] [328] [327]
通称「吉見観音」が所在する岩殿山安楽寺の境内ではアジサイが開花時期を迎え始めておりました。
そろそろ「梅雨のはしり」ともいうべき季節。

呼吸障害の持病が暴発したのは昨年の今頃で、4日間ほど自宅療養する羽目に。
今年はあらかじめ対策を怠りなく配意しているものの、湿度・気温の上昇は大の苦手なのであります。

そんな季節の到来を告げる植物の代表格。
我が貧弱な植物図鑑に掲載しているアジサイのアクセスもここ3週間ほど一日あたり20件前後と各城館のページのアクセスを遥かに凌ぐ勢い。
素直に喜ぶべきかどうか些か複雑な心境であります。


吉見観音のアジサイ
吉見観音のアジサイ
2007/06/04 撮影

拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
Trackback
この記事にトラックバックする: