本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 5 6 8
9 11 13 15
16 18 21
28 29
30
最新CM
無題(返信済)
(04/25)
ご愁傷様です(返信済)
(04/22)
お大事に(返信済)
(03/26)
大築城の石積(返信済)
(03/19)
(03/11)
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[271] [270] [269] [268] [267] [266] [265] [264] [263] [262] [261]
昨日の飯能方面の城館探訪で分かったことが二つほど。

ひとつは「平野砦」の所在する平坦地が国道299号線から明確に望めること。
今まではこのルートを走行しても急カーブの多いこともあり精々「りゅうがい山」方面を一瞥する程度にて。
「イノシシ型の薪ストーブ」を製造直売している付近から、あれほど「平野砦」の地形が明瞭に確認できるとものとは露知らず(汗)
この地域のイメージが未だ頭の中で混沌としているということを再認識した次第。


「平野砦」方面
飯能市坂石地区から「平野砦」方面
2007/03/31 撮影


もうひとつは確実に心肺機能が低下しているということ。
昨日は弱い冬型のため気温が低かったにも拘らず、僅かな登りで忽ち息があがるという始末。
同行していただいた史進殿には随分とご迷惑をお掛けすることとなった次第かと。

一方持病の膝の方はというと、予めサポーターを三重に巻いておいたため踏ん張りは利かないもののどうにか最後まで持ち堪えた模様にて。
然しあのくらいの登りで忽ち息があがるという己の体力が我ながら実に情けなく。
筋肉疲労自体が殆どないことだけが唯一の救いと思う次第に御座候。

拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
Trackback
この記事にトラックバックする: