本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3 4
9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
(11/11)
(09/24)
謹祝再開(返信済)
(09/19)
元気ハツラツ(返信済)
(09/01)
(08/31)
最新記事
(11/08)
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[266] [265] [264] [263] [262] [261] [260] [259] [258] [257] [256]
何度考えても分からない「古御嶽城」の北西側の腰郭。
一段目は「西の郭」から3mほど下段に。
二段目はそこからさらに5mほど下段に普請されています。
特に二段目の腰郭は、稜線部分の郭の規模と比べても半分以上の規模を有しているように見えます。
下記の画像は一段目の腰郭から二段目の腰郭を撮影したものです。


北西部の腰郭
「古御嶽城」の北西部の腰郭
2007/03/26 撮影


斜面の勾配などから推定しても腰郭を普請するような積極的意義がつかめません。
そうなると考えられることとして、この先に「根古屋城」方面へのルートが存在していたのではないかなどと自分勝手に想像してしまうのでありました。

拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
見事な腰郭
つまり・・・
二段目の腰郭下が急勾配で、普請する意味が無いということでしょうか・・・
それとも方角的に普請する意味が無いということでしょうか・・・

方角的な問題だとすると、政局の変化なんぞで郭が不要になったなんて事はありませんよね。
左馬助 URL 2007/03/28(Wed)21:08:35 編集
Re:見事な腰郭
コメントありがとうございます。

腰郭の辺りまでは一見すると明確な尾根筋ですが、その先の方は急勾配の斜面となっております。
このためこの方面の谷筋から取り付いて比高差220mを這い上がってくるのは半ば至難の業かと存じます。
この小屋がけでもできそうな広さを有する腰郭の存在意義としては、仮に「古御嶽城」を「根古屋城」の詰の城と考えて、三角山北東の中腹を経由した「根古屋城」方面からの巻き道のようなものの存在とその監視などを想定したいところであります。
然し当方の事情に関係なく些か見当違いの北西方向を防御しておりましたです。
【2007/03/29 04:37】
Trackback
この記事にトラックバックする: