本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 5 6 8
9 11 13 15
16 18 21
24 25 26 27 28 29
30
最新CM
ご愁傷様です(返信済)
(04/22)
お大事に(返信済)
(03/26)
大築城の石積(返信済)
(03/19)
(03/11)
(03/05)
最新記事
(04/23)
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[268] [267] [266] [265] [264] [263] [262] [261] [260] [259] [258]
横瀬町の資料館によると、近年の設置と思われた「古御嶽城」の文化財の標柱は実は10年以上前のものとのこと、かつ設置は高齢者事業団に委託したとの情報。
改めて二重の驚きを。
この地域の高齢者の方の足腰とその体力は計り知れない強靭さ!

また、祭祀時には地元の方は北側の谷沿いから登るとの情報も。
ヤセ尾根上部のあの急斜面を一体どのようにして...


古御嶽城北側の崖
古御嶽城北側の崖
2007/03/26 撮影



拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
自然にスルー
さすが和平様、目の付け所が違いますね。

斯く言う私は標柱があるのを見ましたが「あ、古御嶽城の案内だ」としか思いませんでした(汗

近くに林道もない様子ですので、やはり登って持ってきたという事に・・・本当に昔の方は健脚な方が多いですね。
武蔵国入間郡の住人 儀一 URL 2007/03/30(Fri)00:30:51 編集
Re:自然にスルー
お褒めに預かり誠以恐悦至極存居候(笑)

情報によれば古御嶽橋の方から登攀するルートも存在するようです。
然し結果的には尾根筋で合流するために例の岩場に阻まれれてしまうようです。
根古屋城方面へ続くルートを探してみたのですが、そうした形跡すら見当たりませんでした。
【2007/03/30 16:34】
Trackback
この記事にトラックバックする: