本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 16 17
18 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新CM
ご無沙汰です(返信済)
(06/19)
その後の今井(返信済)
(03/03)
(01/07)
(01/05)
無題(返信済)
(01/03)
最新記事
(08/19)
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[236] [235] [233] [232] [231] [230] [229] [228] [227] [226] [225]
相変わらず、左肩の調子は絶不調。
運転の際のギアチェンジさえも思うに任せない状態でありました。
又ついうっかりと物を持ち上げたりすると、肩に鋭い痛みが走るような次第にて。
さりとて、左手を三角巾で吊ってしまうと余りに大袈裟で不自由この上なく..

然し、足回りは然程の問題もなく。
比高差のある急斜面を攀じ登るなどのことを除けば、出かけれなくもなさそうな感じが。


武州松山城の模型
地元の高校生の皆さんの力作
武州松山城の模型
2007/02/23 撮影
(撮影・掲載承諾済み)


拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
この模型・・・
左肩は大丈夫ですか?お大事にどうぞ。

この模型、記憶の限りでは百穴前の資料館に展示してあった模型に似ておりますが、有料で入りましたか!?
高齢者のボランティアの方々の研修がらみの下見の時に行かれたとか。
公民館事業のようなシルバー人材事業のような・・・
左馬助 2007/02/26(Mon)08:32:55 編集
Re:この模型・・・
>左肩は大丈夫ですか?お大事にどうぞ。

ご心配いただきましてありがとうございます。
本日は好天につき出かけようかとも思ったのですが、行き先を変えて整骨院へ(笑)

>この模型、記憶の限りでは百穴前の資料館に展示してあった模型に似ておりますが、有料で入りましたか!?

正解にございます。
地元の吉見高校の生徒さんの作品とか。
1名300円にて入城いたしましたが、吉見百穴を訪れたのは彼此40年ぶりにて。
百穴よりも寧ろ城跡の方へも続いているといわれる、戦時中の軍需工場跡の洞穴になかなかの見ごたえが(笑)

>高齢者のボランティアの方々の研修がらみの下見の時に行かれたとか。
>公民館事業のようなシルバー人材事業のような・・・

そういった按配の仕事にございます。
前から欲しかったので敷地内の売店にて「踊る埴輪」(800円)を買ってしまいました(汗)
【2007/02/26 10:43】
Trackback
この記事にトラックバックする: