本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新CM
(12/09)
(11/30)
(11/28)
(11/11)
(09/24)
最新記事
(12/03)
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
2匹の飼い猫はプラスチックの先に羽根がついたおもちゃが大好きで。
「いちご」はじりじりと匍匐前進。
「ポミ」はカーテンや机の陰からじっと様子を窺い矢庭に飛びかかる。
大げさに驚いてあげると興奮の坩堝。
これが数回ほど繰り返しに。

実のところ、半年ほど前からこのパターンを踏襲。
ネコの遊び方にも何やら決まりごとがあるような。
なお、本日は新たにバリエーションが追加。
「ポミ」はカーテンの陰に隠れつつ鼻先だけをのぞかせて接近。

たまには猫たちの写真でも、と思い立ちネコ部屋へ赴くことに。
すると何故かこのような大サービスのポーズと相成りました。


「ポミ」と「いちご」
じゃれ合うポミといちご
2007/11/07 撮影

拍手[0回]

今年の3月末に娘からネコを預けられてから早くも半年以上が経過。
1日2回の給餌およびトイレ片付けが日課となった毎日。
昨年亡くなった「あんみつ」とは正反対で、以前に比べれば警戒心は大分薄れてきたものの元々用心深い性格の2匹。
べったりと懐くでもなく、毛嫌いされるでもなく飼い主としては微妙な立場。

娘が飼っていた時には2匹のネコはよく布団にもぐりこんでいたとの由。
ネコたちの反応を試しに、遅めの朝食後に毛布を持ってネコ部屋へと移動。
ぐるぐると不思議そうに某の周りを移動したり、階段を下りて玄関の方で鳴いてみたり案外こまめに運動している模様。
薄目を開けてその様子を窺っているうち本当に熟睡。

ふと目覚めると、なにやら右足の先がくすぐったく。
格別臆病で人見知りの激しい「いちご」が、毛布に頭を突っ込んで某の足先を舐めていたのでありました。
また少しだけネコたちとの距離が縮まったような幸せな気持ちに。

拍手[0回]

寿能城址で最初に出会ったネコさん。
昨日の2匹目の子ネコとは違い、視線を合わせ懐かれることもなくのんびりとその場から去って行きました。
大分以前に桶川で出会ったネコさんは50mほど手前でUターンされたことも。
それに比べれば行儀よくお座りをしている画像が撮れただけましというものかと。

さてこのブログを打ち込んでいると、タイミングを見計らったように何処からか猫の鳴き声が..


寿能城のネコさん その2
寿能城のネコさん その2
2007/10/25 撮影

拍手[0回]

2週間ほど前に勤務先の裏庭で、その短い一生を終えてしまった野良の黒ネコ(生後推定4週間前後)
夕方から降りだした冷たい雨に材木の切れ端で拵えた墓標が、落葉を始めた桜の古木の下で濡れそぼっておりました。
あまりにも短い命だったので享年を記すことさえもできず。
せめて40日間は生存していたことに。



黒ネコさんの墓標

拍手[0回]

特売のネコ缶。
これ幸いと購入したものの。
2匹の飼い猫には全くの不人気。
先日勤務先にて夭逝した黒猫さんの話を聞かせて、何とか食べさせようと試みるも効果なし。
朝方の残りはほとんどそのまま手つかずの状態。
止む無く「ねっこ大好き♪」のネコ缶を与えると、打って変って貪り食うという有様にて。
3缶セットで80円のネコ缶の価格差は、彼らにとって予想以上のものがあるようで。


コスモス
金井家館近くのコスモス
2007/10/15 撮影

拍手[0回]

今朝ネコ缶の在庫があとひとつに(小さい方の一食分)
本職の方のPC環境が回復し、クモの巣のごときリンクを整理しつつ分かりやすいかどうかは別として暫定的なサイトマップを構築。
ついついのめり込んでしまい、勤務先を引き上げたのはすでに午後9時過ぎ。

このためホームセンターに立ち寄ることコロッとを失念。
帰宅後にエサをあげようして、やっと思い出すというありさま。

すまぬ、「今晩だけはカリカリ80%で我慢しておくれ」などと語りかけたものの、2匹ともいつになく気落ちした様子がありあり。

このためこのところ炎症気味の首筋と背筋に鞭打って、12時まで営業しているスーパーまで買出し出かける羽目に。
「3缶148円の特売品」と「3缶248円のねっこ大好き♪」並びに「4缶228円」のものを購入し漸く先ほど帰宅。

拍手[0回]

自宅の2匹の飼いネコ。
本来の飼い主は現在大阪にいる娘。
母親ネコは推定3歳2か月で、その子どもは2歳半。
最近はネコの寿命も長くなっているらしく。
あと10数年は存命の可能性。

計算上は、こちらの寿命と絶妙な按配かと。
しかも配偶者はネコ嫌い。
先に逝かれても悲しいし、こっちが先に逝くと面倒を見る人間がいない訳で。

昨日は職場にて朝から子ネコの遺骸を埋葬。
金曜日の時点でやや衰弱していた生後1か月未満の黒猫。
膝の上で綿棒に水を含ませて水を吸わせたのが最初で最後。
そのままずっとネコの側にいるわけにもいかず。
夜10時前に帰るときにはその姿はなく。

日曜日朝方の冷え込み。
外傷はなくその僅かな体力を消耗したのかもしれず。
通用口の近くで静かに横たわっておりました。
小さな木材の切れ端にマジックで日付と享年を記した墓碑を作成。
桜の古木の陰にそっと立てておくことに。

拍手[0回]

ここしばらく呼吸器系等(特に気管支)が絶不調状態。
このため本日は行きつけのクリニックに立ち寄り1時間遅れの出勤。
しかし、どうも何かを忘れていたような気が。

勤務先に到着して1時間ほどが経過。
漸く2匹のネコたちに朝食の給餌をし忘れたことに気づく始末。
既に全員が出かけており、自宅には給餌できる人間は不在。

つい先ほど、すまぬ、すまぬと語りかけつつ朝食兼夕食の給餌。
ネコたちは手にした餌トレイを何度も覗き込み、中身のあることに安堵の表情。
よほど空腹のようで、モンプチの七面鳥のテリーヌ2缶+ドライタイプの混ぜ合わせをただひたすら貪っておりました。
昨日の夕食時に何時もより幾分多めに与えたとはいえ、実に気の毒な事をしでかしたのであります。

最近は自分の食事さえも失念することが珍しくなく。
ふとじっと右手の甲を見つめていると、加齢に伴うシミのあることを発見。
改めて確実に歳を重ねつつあることを実感。

拍手[0回]

本日は久しぶりにネコ部屋を大掃除。

生来掃除機のモーター音が苦手な2匹。
スイッチを入れた途端に猛スピードで階下の玄関まで緊急退避。

ひととおり掃除を終えて階下の2匹に終了の旨を通告。
すると今度は階段を駆け上がり、忽ち元の位置へ戻り朝食のおねだり態勢に。

確か一昨日はパッ缶を、二つにするか尋ねたところ、実にタイミングよく「みゃ~」との返答。
言葉そのものは理解できなくとも、その場の雰囲気で何となく分かるらしいのであります。

拍手[0回]

本日も最高気温は摂氏33度。
このため飼い主以上に昨日に続いて元気とはいえない母ネコのポミ。
階段を駆け上がるのも一段ずつゆっくりと。

夕食の餌はいつものように、子どもの「いちご」が先にムシャムシャ。
珍しくポミが食べたそうに反対側から餌トレイに接近。
その気配に気づいたらしく、遥かに大柄な「いちご」が餌トレイから少しだけ後退。
母ネコと向き合いながら仲良く食餌。

何時ものように猫トイレの片付けを済まして階段を下りかけると、珍しく2匹揃って餌トレイから顔をあげ真ん丸な眼をしてこちらを凝視。
本日のパッ缶は夏バテ対策用の幾分値段の高い「舌平目のテリーヌ」(米国製)
彼らなりの感謝の表現なのでありました。

拍手[0回]