本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 5 6 8
9 11 13 15
16 18 21
28 29
30
最新CM
無題(返信済)
(04/25)
ご愁傷様です(返信済)
(04/22)
お大事に(返信済)
(03/26)
大築城の石積(返信済)
(03/19)
(03/11)
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
現在のネコ部屋からイチゴが失踪したようです。
天井裏に通じる点検口を塞ぐ作業をしていた最中には確かに押入れの下段に置いてあるソファーベッドの上に蹲っていたのですが...
今日は少し蒸し暑い陽気なので3センチほど窓を開けておいたせいでしょうか、全くその影さえも見当たりません。
現在のネコ部屋を含む築34年の旧宅は7月の始め頃から解体作業が始まる予定です。
改築中のネコ部屋はやや狭いこともあり、自分なりに思案して失踪を試みたのでしょうか。
画像手前が7歳と2ヶ月(♂去勢済み)のイチゴです(より正しくはいちごみるく)
今年の4月18日に撮影をしたものです。
ネコ2匹

拍手[0回]

ボクとお母さんの引越しは取りやめになりました。
向こうでは半家ネコとして暮らす予定でしたが、そういった環境に馴染めそうもないということになったようです。
このため取壊さない方の家の一角にボクたちの部屋を改築することとなりました。
けっして以前のように広くは無いのですが、夏の強い西日が差し込まないように壁や断熱材を工夫し、専用のエアコンも付けてくれるそうです(嬉)
という訳で、みなさん大変お騒がせをいたしました。

拍手[0回]

もうすぐボク(いちご)とおかあさん(ポミ)は、比企丘陵の山裾の他所のおうちの方へ引っ越す(養子縁組)こととなりそうです。
今までは古い2階の6畳(エアコン付き)に住んでいたのですが、建物の老朽化(築35年目)がすすんだために6月の下旬には取壊されることになりました。
ずっといつまでも今の飼い主さんと一緒にいたかったのですが、取り壊し後には今までのようにほかにボクたちのいられるような部屋もありません。
家の片づけなどの事情もあるらしく、そんなこんなで少し早いのですが今度の連休明けには飼い主さんたちとお別れすることになりそうです。
また中城が近いので時々は散歩がてらに遊びに行こうと思っています。
生まれてから7年1カ月、長いようで短い年月でしたが皆様には大変お世話になりました。

まずはご挨拶まで。
-いちご♂より-

拍手[0回]

近々老朽化の著しい築34年となる木造家屋を取り壊すことと相成りました。
この間に転居案などの検討を含む様々の事情があり、最終的にその取り壊し自体を決めたのは3月の上旬頃。
さて問題はその2階に居住している家ネコ2匹の居場所。
増築部分の一角にネコ部屋を確保することも考えましたが、日当たりが良すぎることもあり日中40度を超える暑さ対策が最大の課題。
同時に二男のネコアレルギーと家内のネコ嫌いも課題。
ネコたちの寿命と比較すると当方の寿命もこれまた微妙な情勢で(苦笑)

拍手[0回]

先月末以来、およそ10日ぶりにいちごが帰還しました。
部屋飼いでしたのでそれほどテリトリーが広い訳ではなく自宅の周辺にいた模様です。
最終的には餌でつって部屋におびき入れて一件落着(苦笑)

拍手[0回]

いちご(オス猫約7歳)が昨日より脱走中。
帰ってこれるように窓を細く開けているのですが、なかなか入ってはくれません。
一方、ポミ(メス猫約7歳半)は夜には戻ってきて、ねこベッドでスヤスヤと就寝を。

拍手[0回]

7歳2ヶ月と6歳8ヶ月の飼い猫二匹。
ここのところ、新しく購入したカリカリタイプの餌が、お気に召さないようで殆ど食事に口をつけず。
以前のキャラットミックスネオ(高齢ネコタイプ)時とは、まさに雲泥の違い。
双方の値段・内容ににさほどの違いは無いはず。
あと二、三日様子を見てから切り替えてみるか。

拍手[0回]

つい先日またネコたちが屋根裏へと脱出。
一度は塞いだ個所を破って侵入。
現在は重い障害物を設置してあるので侵入は不可能に。
折角の遊び場を取り上げられたためか、現在食欲が激減中。

拍手[0回]

キャットウォーク設営のついでに、屋根裏の小屋組みのボルト締め、金物付設などの耐震補強対策を実施。
窮屈な姿勢のために、連続して作業する訳にもいかないので休憩を取りながらの作業。

その時にちょっとした事件が発生。
天井裏へと続く僅かな隙間から2匹のネコが冒険へと出立。

翌日の餌やりで身柄を確保するも、再び障害物を頭を利用して押しのけて天井裏へ。
3度目の脱出のやりとりの後、可動式の天井板に5Kgほどの重量物を載せて決着。

天井裏は色々な道筋が、恰も迷路のように連続。
ネコの本性から考えても楽しいことこの上なく。
運動神経の良い「いちご」(雄6歳)の方は兎も角も、まず上がれそうもないと思っていたポミ(雌、6歳半)でさえも垂直の壁を登攀し冒険に成功したのでありました。

拍手[0回]

現在少しずつですが、=^_^=部屋にてあり合わせの材料を用いてキャットウォークを整備しております。
比高約1.85m、総延長約2m、有効幅約0.12mの規模であります。
ただし現在は材料不足のために、そこまでのルートを確保できておりません。
従って、ネコたちに指で指し示すも、全く無視されております。
合わせて耐震対策も兼ねておりますが、果たして実効性を伴うものとなるのかは全く不明です。
作業の実施に当たり、天井裏の小屋組みに付近まで這い上がれればよいのですが、体の柔軟性と敏捷性を欠くためにこれを断念(汗)

拍手[0回]