本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコ(※2019年11月末に天国へ)などの話題に終始しております (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新CM
(03/22)
(02/19)
無題(返信済)
(11/18)
お大事に(返信済)
(09/26)
ご無沙汰です(返信済)
(06/19)
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
母ネコ/ポミの食欲が落ちている。
昨晩の夕食の折、何時もならば直ぐに食べようとするのだが、なかなか食べずにいたので暫く様子を観察。
それでも数分後には食べ始めたのだが、何時ものような食欲は無いらしい。
ちなみに昨晩の分は殆ど残していた。
本日の朝食は半分ほどは食べてはいるが、カリカリの分は殆ど手を付けていない。
朝食からはより食べやすい方のものに変えているので暫くはカリカリを中止してみようと思う。

自分のこのブログを検索してみると昨年の12月にもほぼ同様のことが起きていたが、のべ3日ほどで回復したのだが果たして今回はどうなのだろうか。
動物病院の受診はポミ自身が大の苦手であり、仮に薬を処方されたとしても勘のいいネコであることから好きな餌に混ぜたとしても、まず口にすることはないというのが今までの体験である。
このため今のところは様子を見る以外にないのかも知れないのであろう。
推定でもう満15歳を超えており、息子のイチゴの方が2年半前に虹の橋を渡ってしまっている。
無論、そろそろ・・・などと考えたくはないのだが、万事が手につかない状況が続いている。

拍手[0回]

先週末に体調不良だつた「ポミ」の容態が持ち直したようだ。
ネコ部屋のエアコンを作動させていることを除けば、行動、食欲、排尿、鳴き声、目脂などは元に戻っているように思える。

とはいえ年齢が満14歳と4か月くらいなので、「いつ何時」という覚悟と準備だけはしておこう。
またここ1年くらいは明らかに過食気味でもあった。
基本は年齢相応の分量に抑えておき、食事の様子を観察しながら、少しだけ追加をするという方法にしてみようと思う。
自分の年齢が古稀まで約2年ほどとなった。
「ポミ」にも、あと少なくとも2年は元気にしていてもらおうと思うのであった。

拍手[2回]

今日は夕食給餌の際には、些か弱弱しくも感じられたが、久しぶりに鳴き声を聞くことができた。
給餌の前から、ネコ部屋のガラス越しにしきりに動き回りその存在をアピールしていた。
2日間以上絶食状態の時に比べれば、まさしく天と地の差のようだ。
とはいえ、あれだけ絶不調でぐったりとしていたということもあるので、いま暫くは給餌量は控えめにして小分けにして与えてみようと思う。

拍手[2回]

今月8日の土曜日と比べると、どうやら「最悪の体調」からは抜け出たらしい。
昨晩遅くには食欲も回復傾向を見せ始めてきた。
今朝は大好きなネコ缶を35グラムほど完食した。
あわせて大きめの粒タイプのカリカリも4粒ほど食べている。

自分が起きている間は、概ね約2時間おきに様子を見に行っている。
様子を観察している限りでは、弱いながらも鳴き声を出し始めている。
そうはいっても、一昨年の「いちご」のこともある。
むろん未だ予断は許されない。

それでも僅かずつではあるが、快方に向かっている様子が窺える。
今日は最も好物と思われる「金の出汁カップ」を買増ししておこう。
もう14年以上も一緒である。
何とかこの冬を乗り越えて、痛みや苦しみの少ない日々を一日でも多く過ごしてもらいたい。

拍手[1回]

久しぶりの「猫ネタ」である。

母ネコであるポミの具合が思わしくない。
8日の土曜日に嘔吐して以降、丸2日間はほぼ絶食。
食べやすそうな少量の猫えさも全く口をつけず。
水分だけは摂取している模様で尿も出てはいる。

本日は大好きなネコ缶から何度かに小分けにして与えてみた。
せいぜい20グラムほどであろうか。
完食はできないものの、一部は食べている。

絶食していた時よりも、多少は具合が良さそうにも思える。
ネコ部屋は寒いので月曜日の晩からエアコンを入れてある。
この数日間は、2年前の息子である「いちご」(享年12歳)の臨終時の光景が思わず頭の中を過る。
満にして14歳と3か月くらいではあるが、近年の家ネコとしては取り立てて長命という訳ではない。

あと少なくとも2年くらいは長生きして欲しいところなのだが。
「大の病院嫌い」「クスリ嫌い」で「ひと嫌い」でもあり、飼主である自分にも懐いているとは言えないが、何分にも14年以上下僕を務めている。
何にせよ拠りどころの無い落ち着きのない日々が続いている。

  5年くらい前の画像

拍手[1回]