本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
3
5 7 8 9 10
12 13 14 17
18 19 21 23 24
25 26 27 28 29 30
最新CM
災難でした(返信済)
(06/17)
(06/13)
おじいちゃん(返信済)
(06/03)
(05/08)
無題(返信済)
(04/25)
最新記事
(06/22)
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[997] [996] [995] [994] [993] [992] [991] [990] [989] [988] [987]
久しぶりに家内と近所のワーナーマイカルで映画鑑賞。
2人の年齢をあわせると110歳なので、一人あたり1000円で鑑賞(嬉)
タイトルは稀代の名優大滝秀治氏の死去により話題となっている高倉健主演の「あなたへ」
詳しいストーリーはメディアに譲るとして、納得が出来なかった展開がひとつ。
漁船の海難事故で死亡した筈の佐藤浩市の正体を、どうして主人公が見抜いたかについて説明不足の感が無きにしも非ず。
散骨の旅の途中で、兵庫県朝来市竹田城跡での回想シーンが数分間だけ登場しますので、城郭愛好者としては美味しい部分もあります。

閑話休題。

さて来るべきその時に備えて我が家でも散骨の方向で、概ね夫婦間の見解は一致しております。
しかしその実行に当たり大きな問題がひとつ。
もしも仮に家内に先立たれた場合には小生が散骨の任に当たることに。
然し、小生は現在、昨年4月頃よりの持病の再発と眩暈などにより、新幹線、電車、バス、タクシーなどの公共交通機関を利用することができませぬ。
無論、飛行機、船舶の搭乗、乗船は120%の確率で不可能という事態。
さらに子どもたちも諸事情により、余り当てには出来そうもなく(苦笑)

拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass