本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3 4
9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
(11/11)
(09/24)
謹祝再開(返信済)
(09/19)
元気ハツラツ(返信済)
(09/01)
(08/31)
最新記事
(11/08)
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[964] [963] [962] [961] [960] [959] [958] [957] [956] [955] [954]
昨日訪れた大手住宅メーカーでのイベントでふと気付いたことが。
気になり始めたのは新郭の照明器具。
LED関係の照明器具の普及は予想以上のスピード。
コストダウンもこれまた予想以上。

現在のところ一応LEDをメインとしたものを設置する予定にはなっております。
問題は約4万時間という寿命。
ランプ交換型のものもありますが、諸情報を集約すると器具自体の寿命も同程度の年限とのこと。
とすれば価格の安い器具一体型の方が好ましいようにも。
また、それぞれの器具の交換時期にはある程度のコストダウンが見込まれそうにも。

一方単純に価格面などで比較すると、未だに蛍光灯タイプのものがより安価であることは明白。
しかし10年後に約2倍の消費電力を要するとされる蛍光灯タイプの照明器具が生き残っているかどうか。
さらに交換用の蛍光管の生産が継続されているかも、今のところでは予測不可能。
器具そのものが健在でも、稀土類などのレアアースを使用しているとされる交換用のランプが入手できなければ、単なる家電ゴミとなる公算もありそうな。

拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass