本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
2
3 5 7 8 9
10 11 12 15 16
17 18 19 20 21 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
(09/24)
謹祝再開(返信済)
(09/19)
元気ハツラツ(返信済)
(09/01)
(08/31)
(08/30)
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[784] [783] [782] [781] [780] [779] [778] [777] [776] [775] [773]
本日は確実な雨模様の予報。
このため意志薄弱な管理人は出陣中止と思いこみ、集合時間から遅れること1時間15分(大汗)
史進さん、Mさん、どうかこの年寄りをお許しくだされ~


三増峠(神奈川県愛川町) 午前10時20分頃
説明する必要もない武田氏と後北条氏による著名な古戦場

生土城(静岡県小山町) 正午から13時40分頃まで
「駿河記」によると、管領一族上杉禅秀の叛乱により足利持氏が一時的に難を避けたとされる相模境の山城。
登り口とされる個所に佇み、この斜面を、この雨の中を、掴まるものとてこれ無く...下山の場合に訪れる悲劇(斜面での滑落+打撲+捻挫+擦過傷などなど)を想像して途方に暮れる3人組。

とはいえ、無類のお城好きの集まり故、申し合わせたように各人いそいそと登り支度を開始。
ここで健脚の史進さんの大活躍により安全確実な登攀ルートを確保。

しかし本日の気象条件の制約は大きく、縄張りの全容を確認するまでには至らずじまい。
限られた範囲の踏査とその地表上の残存遺構から観察する限りでは、後北条氏が台頭する戦国時代以前の削平地と切岸を中核とし堀切、腰郭群などから構成される比較的小規模な山城であったようにも思われたのでありました。


雨脚は終始止むことは無く、遅い昼食ののちに小山町立図書館にて資料漁り。
推定開架蔵書冊数約5万冊の図書館とは思えないほどに郷土誌関係が充実。
これも資料収集の拠点確保という意味では大きな成果に。
図書館を退館した時点では辺りには物凄い霧が発生し、信号機が識別できる視界は50m未満。
これもこの地方独特の気象条件のひとつなのかも。

拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
Trackback
この記事にトラックバックする: