本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
5
7 8 11 12 13
14 15 16 17 19 20
22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
(05/08)
無題(返信済)
(04/25)
ご愁傷様です(返信済)
(04/22)
お大事に(返信済)
(03/26)
大築城の石積(返信済)
(03/19)
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[543] [542] [541] [540] [539] [538] [537] [536] [535] [534] [533]

「副業」の植物図鑑の整理をしていて気づいたことが。
お蔵入りの植物の画像をチェックしていると、不思議とどの場所で撮影したかを明確に記憶。
最近めっきりと記憶力が低下する中、まだまだ捨てたものではないとも。

ところが逆にどのフォルダーに入っているかということになると、途端に記憶の糸が途切れる始末。
これに対して「本業?」の中世城館の場合となると、これが両方ともに記憶が曖昧に(汗)

ハルジオン
ハルジオン

拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
胎児してしまいました(笑)
貧乏草・・・一昨日庭の草むしりをして全て抜き取ってしまいました(笑)
しかしあらためてこのようにして見ると
なかなか健気で愛らしい姿ですね。
現在、我が家では桃色タンポポ、矢車菊、トマトの花、菖蒲が咲いております。

本日、秩父のアクセスは私です。
来シーズンのためにいろいろ参考にさせていただきました~
やはり、室山城と要害山、塩沢城は避けて通れないところまできてしまったようです(笑)
史進 2008/05/06(Tue)21:43:57 編集
Re:胎児してしまいました(笑)
今晩は。

「ハルジオン」は繁殖力旺盛なので、抜いても来年の今頃には復活いたしまする。
いざという時の非常食糧にもなりまする故、我が家では大切に放置しておりまする(笑)

丁寧に育てられた季節の花が色とりどりに咲き乱れている光景が目に浮かびまする。

アクセスアップにご協力いただき感謝申し上げます(嬉)
因みに4連休中のアクセス累計は現時点で1584件にございました。
あくまでも、この時期が年間のピークに相当する故の数値かと存じまする。

「小鹿野要害山」は「鷹谷砦」とセットがよろしいようです。
「塩沢城」は1ヶ所だけ離れていることもありまして組み合わせが難しく。
「室山城」は頗る体調が好調な時にでも...しかし、これでは一生行けない様な(大汗)
【2008/05/06 22:11】
誤字でした(汗)
退治が胎児に・・・(汗)
失礼致しました。
史進 2008/05/06(Tue)21:45:21 編集
Re:誤字でした(汗)
ふたたび、今晩は。

一瞬、もしや2世のご〇〇かとも..
「草むしり」にございましたようで..
某もあちこちの掲示板やブログのコメントでよく失敗いたしまする(汗)
【2008/05/06 21:58】
植物図鑑作成、順調で何よりです
季節感の無い私は「あ、花が咲いた」って程度で流してしまうので、皆様の様な風流さを持ち合わせていないのが欠点とも思えます。

室山城は和平様の足でもたどり着けます。
何しろあの妹ヶ谷城を行ったのですから、何も恐れる事はありません。登り口などは当方2回程行って覚えましたので、恐れながら道案内をさせていただけたらと存じます。

和平様と行った小鹿野要害山・・・あれはいい思い出ですね。
儀一 URL 2008/05/07(Wed)20:46:48 編集
Re:植物図鑑作成、順調で何よりです
今晩は。

城館を1件編集するのに比較いたしますると、1/3未満の労力で済むところが癖になりそうで...(汗)
正直に申しますと、植物の名前が多少分かるようになって参りましたのはこの4年ほどのことにてございまする。
このため、「ノゲシ」と「オニノゲシ」の違いについて、この目で明確に判別できましたのは実を申せばこの連休の最中にて。
たまたま自宅の玄関脇にこの2種類が仲良く並んでおりました故のことにございまする。
また「植物図鑑」の目次をご覧いただけば一目瞭然でございまするが、春物に比べますと秋物はやたらに弱く..(笑)

仰せの如く某が足手まといにさえならなければ、室山城は「妹ヶ谷城」の面々等にて攻略いたしたいものにございまする。
そろそろ貧血症状の回復具合を確認するためにも平地の城館を彷徨したいところにございまするが、「馬廻り」ならぬ「足回りども」が性懲りもなく謀叛の企てを繰り返し...(苦笑)

「小鹿野要害山」は、「もしもの時」が脳裏をよぎった初めての山城にございました。
上武国境の山々の見事な景色を含め貴重な体験をさせていただきました。
【2008/05/07 22:08】
Trackback
この記事にトラックバックする: