本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコ(※2019年11月末に天国へ)などの話題に終始しております (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新CM
(03/22)
(02/19)
無題(返信済)
(11/18)
お大事に(返信済)
(09/26)
ご無沙汰です(返信済)
(06/19)
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[249] [248] [247] [246] [245] [244] [243] [242] [241] [240] [239]
この4月から漸く二男も某セキュリティ関連企業に就職が決定し社会人に。
このため、就職祝いを兼ねて「紳士服の青山」にてスーツを2着ほかを購入。
特別セールの関係もあり、〆て10万弱の出費で収まることに。

最近は少子化社会の危機が叫ばれ医療費、教育費、養育費など多岐に渡るさまざまな子育て支援対策が浮上。
思えば当家の場合は児童手当が支給されたのは3人目からで然も小学校入学前まで。

子どもは4人いるので、食費から教育費・医療費の負担額を含む一切の経費は軽く1億円を超えているのではないかと。
ちなみに今年度の授業料だけでも年間450万円ほどと可処分所得の大半を占める金額なのでありました。

子育てに莫大な経費が必要なことは常識の範疇。
子どもを安心して生み育てることのできる社会的背景の崩壊に目を向けないことには少子化に歯止めがかかるはずもなく。
地球的なスケールで考えれば、限られた資源という現実を前提にすれば人口の増加はやがて人類の滅亡へと繋がることは必定。
そういう意味で少子化は人類の滅亡を先延ばしする程度の効果はあるやも知れず。

拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
Trackback
この記事にトラックバックする: