本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコ(※2019年11月末に天国へ)などの話題に終始しております (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 5 6 7 8
9 11 12 13 14 15
16 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新CM
(02/19)
無題(返信済)
(11/18)
お大事に(返信済)
(09/26)
ご無沙汰です(返信済)
(06/19)
その後の今井(返信済)
(03/03)
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[218] [217] [216] [215] [214] [213] [212] [211] [210] [209] [208]
職場から車で帰宅する際に、毎日信号のある国道を横断。
然し対向車が物凄い勢いで右折してくる合間を縫って、おそるおそる直進するという本末転倒の交通ルールが存在しているという実に危険な交差点にて。
そうしたなか、本日、今年に入って2度目の急停車。
こちらの進路を塞ぐ形で10トン車が速度を緩めずにそのまま右折。
事故の発生状況を埼玉県警のHPで調べてみると、余りにも危険なため注意が行き届いていることによるものか意外に少ない...

仮にそのまま進んでいたら、9分通り今頃はあの世行きのはずにて。
右折専用信号を設置すれば強引な右折はある程度減少するものと思われるものの、今までの経験上から地元の警察署や県警本部では殆ど埒が明かないことも事実。
何れこのままでは犠牲者が発生することはまず間違いのないところ。
さて、何から手をつけるべきか..

拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
Trackback
この記事にトラックバックする: