本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 5 6 8
9 11 13 15
16 18 21
28 29
30
最新CM
無題(返信済)
(04/25)
ご愁傷様です(返信済)
(04/22)
お大事に(返信済)
(03/26)
大築城の石積(返信済)
(03/19)
(03/11)
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[213] [212] [211] [210] [209] [208] [207] [206] [205] [204] [203]
お城ML関係の総員11名にて秩父山城ミニオフ開催。
寄居駅に午前9時30分集合予定。
交通渋滞などのため些か集合時間が遅れたものの、最終的に花園城の本郭にて全員集合。

当初のコースは「花園城」⇒「金尾要害山」(昼食)⇒「天神山城」の予定。
天候にも恵まれ、気温も暖かくほぼ無風状態。
花園城では何時もの諏訪神社裏から西へ山道を進み竪堀を這い上がって石積みの小口を見学。
そのあと本郭、二の郭、三の郭と移動し最後は竪堀ルートを滑りながら下山。

金尾要害山では主郭の展望台の上にて昼食。
移動ルートの途中にコンビニが見つからず、途中の些か形容が難しい食料品店で昼食を購入した方も。

天神山城は廃屋の模擬天守と東側の出郭に参加者の関心が集中。
二の郭東側の急斜面を下る際、予め用意しておいた30mロープ(耐加重740kg)を設営。
案内係として多少の役には立ったのはこのときぐらいにて(汗)

帰りがけに「饅頭の店」に立ち寄ったところ、案外皆さん結構気に入ってお買い物の様子。
続いて本日は夕刻になっても雲がなく時間に余裕があったので、鉢形城の三の郭(諏訪曲輪)周辺を散策。

その後、鉢形城笹曲輪近くの蕎麦屋にて「城跡」談義に花を咲かせて打ち上げ。
本日は寄居町にて推定総額2万円以上という多大な経済貢献を..

かくて、「ゆっくり歩こう秩父山城」の陽だまりハイキングを無事終了。
参加者の皆様、お疲れ様でございました。
案内係が不慣れなもので大変失礼をいたしました。



天神山城二の郭にて
「天神山城」の二の郭にて
2007/02/03 撮影

拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
ミニオフお疲れ様でございます。
先陣の役を受け持ちながらも和平様も楽しまれたご様子ですね。今までずっとソロで城館探訪を楽しんでいる私としては11名で城館探訪なんて考えられない状況であったりします(笑

天神山城は白鳥神社裏より廃屋となった天守を見に行ったのみでありまして・・・後日周囲の曲輪も見なくてはと思いつつ、全然行っていなかったりします。
武蔵国入間郡の住人 儀一 URL 2007/02/06(Tue)15:25:16 編集
Re:ミニオフお疲れ様でございます。
いつもコメントありがとうございます。

当方も総勢11名もの人数になるとは予想だにせず...当初は関係資料を6部ほどしか用意していなかったので急遽増刷いたしました。
「新編武蔵風土記稿」「武蔵国郡村史」「武蔵志」「秩父志」などの該当個所のコピーにはじまり、町史の該当個所のコピー、「浅野文庫絵図の写し」のコピー、発掘調査報告書の該当箇所のコピーなどを透明フォルダー付にて無償配布。

多少仕事の要素もないことはないのですが、ここは敢えて公私を明確に区分したのでコピー代だけで5千円ほどかかりましたけど(笑)

参加者は30歳台から古希間近の方までと年代層が広く、「蕎麦屋」での打上げの際の「城跡めぐりの話題」のなかでは、人生にとって大切なものを持ち帰っていただいた方もいらっしゃった模様でした。

先日も100人ほどの高齢者の方を対象に「埼玉の中世城館と戦国合戦の実像」などと題して、何と75分間も公演?をしてしまった次第です(大汗)
というようなわけで誠に恥ずかしながら、最近は趣味と仕事が徐々にボーダレスになってきたような状況です。

なお、「天神山城」は「二の郭の石積み」「東側の広大な出郭」は必見ですので機会がありましたらご一緒に如何でしょうか。
なお、「出郭」は二の郭から滑り降りるルートと東側の水田跡辺りから這い上がるルートがありますが、両方とも結構変化があって楽しいです(笑)
【2007/02/06 20:30】
Trackback
この記事にトラックバックする: