本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新CM
ご無沙汰です(返信済)
(06/19)
その後の今井(返信済)
(03/03)
(01/07)
(01/05)
無題(返信済)
(01/03)
最新記事
(08/15)
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[1340] [1339] [1338] [1337] [1336] [1335] [1334] [1333] [1332] [1331] [1330]

現地を訪れる前にざっと目を通しておけばよいものの近年の視力の減退は如何ともしがたいものがある
このため現在探訪中の太田市内に関してはその所在地などを除けば事前学習ゼロ

そろそろ纏めに入る準備もしなくてはと、蔵書を調べてみると新田氏関連の資料はなんのかんので10冊ほど出てきた
今回危うく2冊目を発注しそうになったので、このようにして備忘録にしておくこととした

加えてあちこちに分散していたので書架にコーナーを作り纏めてみた
ボリュームも書棚1段に収まっている程度なのでちょうど良い具合である
これで一日中本探しを行わなくて済むのかもしれない(苦笑)

・「新田一族の中世」(田中大喜/2015/吉川弘文館)現在通読中
・「新田岩松氏」(峰岸純夫/2011/戎光祥)時々見ていた
・「新田一族の戦国史」(戎光祥出版)現在通読中
・「新田義重」(戎光祥出版)
・「新田義貞」(吉川弘文館)大分以前に読了(しかしほとんど失念している)
・「新田三兄弟と南朝」(戎光祥出版)ざっと拾い読み
・「上野岩松氏」(戎光祥出版)パラパラと見ていた
・「太平記の里 新田・足利を歩く」(峰岸純夫/2011/吉川弘文館)
 読了、ただし一部に史跡等の所在地錯誤あり
・「新田町誌第4巻特集編 新田荘と新田氏」断続的に通読中
 以前古書入手済みを失念、当時の領収書もあり1600円と廉価

・「武蔵新田縁起―新田義興をめぐる時代背景」(2003/今日の話題社)
 
これ以外に「太平記」とこれに関連する書籍数冊、ほかに鎌倉期前後の東国の武士団などの動向、南北朝期の東国の情勢に関する資料が十数点所蔵していた
さらに新田図書館にて複写した「太田市史」「新田町誌」「尾島町誌」などもある
これなら資料群としてはそこそこ使えそうかも知れない
こうなってくるとやはりエクセルなどで所蔵目録を作成すべきなのか迷い始める (^^ゞ

拍手[5回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass