本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
3
5 7 8 9 10
12 13 14 17
18 19 21 23 24
25 26 28 29 30
最新CM
災難でした(返信済)
(06/17)
(06/13)
おじいちゃん(返信済)
(06/03)
(05/08)
無題(返信済)
(04/25)
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[1162] [1161] [1160] [1159] [1158] [1157] [1156] [1155] [1154] [1153] [1152]

この日は次第に疲れてきたこともあり、城館探訪の方は一休みとした。
時間がもったいないので昼飯抜きでそのまま一日中郡山市中央図書館の郷土資料室に在室して資料の渉猟と複写作業に明け暮れてしまった。

公共図書館などでよく見かけるも午前9時半の開館と同時に入館し、そのまま午後3時半過ぎまで黙々と複写作業に励む一見目的不明の人物のひとりと化していた。
というのも、周辺の人間観察をしていると、実に膨大な量の「電話帳の複写」あるいは「住宅地図の複写」に勤しむ方々もおいでになり、もはや親近感さえ湧く事態に。
かつての在職中にはしばしばこうした光景を目にしていたものだが、自らから利用者としてこうした作業に勤しんでいると実に不思議な感覚にとらわれた。

主なターゲットは郡山市史通史編と資料編、これに白沢村史が加わり全部でA3サイズにして500枚を超えて用意していた500円玉をすべて使い切ってしまった。
相当のスピードで拡大コピーをしていたので、途中から左肩にいつもの痛みが走りはじめたが、このブログを実際に記載している10日後の10月末日に至ってもその痛みが残っているような次第であった。

なお、この日の夕食は経費節約のため松屋へ。
夕食には未だ早い時間帯ではあったがいわゆるワンオペであった。
注文したのは「牛カレー390円」で、早い話がカレーライスに牛丼用の牛肉を添えたものである。
ちなみに店名は奇しくも「郡山市 清水店」であった(笑)
しかし確認されている中世城館跡はこのあたりには存在しないことから謎の地名ではある。
逢瀬町方面の低山を水源とした五百渕ともいわれている南川の水路が流れ、地図で調べてみるとその河岸には「清水内」という小字名も確認できることから「清水」の地名についてはなんとなくわかるような気もする。では「城」は何に由来するのかとなると、「はて..」という按配となってしまうのであった。
※追記
しかし、その後上記のコピーしてきた資料を整理していると「荒井猫田遺跡」に関するものが見つかり、ビックパレットの建設に伴う大規模な発掘調査により、複郭からなる中世城館跡と町屋の存在が明らかとなったという旨が記されていた。
この成果から類推すると「城清水」との地名に何らかの関係があったのではないかと考える事ができるのかも知れない。
 

拍手[1回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
お疲れ様です
たしかコピー機が2台あったような気がします
つまり2人で複写機を占領していたのですね^^
あそこの資料の多さは毒ですね
目移りしまくりです(笑)
ししん 2015/11/01(Sun)00:32:23 編集
Re:お疲れ様です
コメントありがとうございます。

新しいのと少し年季の入ったのが一台ずつありました。
ほぼ丸一日以上滞在していたのですが、関係資料すべてに目を通すのは困難でありました。
そのうち20冊ほどを選んで机に山積みを(笑)
【2015/11/01 01:25】