本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 4 5
6 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
(08/12)
無題(返信済)
(08/05)
会田氏(返信済)
(07/30)
(07/20)
お疲れ様です(返信済)
(07/12)
最新記事
(08/14)
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[1167] [1166] [1165] [1164] [1163] [1162] [1161] [1160] [1159] [1158] [1157]

郡山の図書館でコピーしてきた資料が、さきほどやっと残り100枚ほどになりました。
現在までにまとめたファイルは15冊なので約600枚分。
このため従来の保管場所専用棚を整理する必要がでできました。

今回の資料複写で、意外に面白かったものは「郡山の歴史」(新版2014年刊行)、「大槻町の歴史」(2009年刊行)ならびに「富田ふるさと町史」(2004年刊行)の3冊。
とくに「富田ふるさと町史」はかなりマイナーな「向館」をメインに富田氏について掘り下げ、さらには「向館」の絵図(複郭、小規模な町屋も記載)も示し「富田八館」にも言及されています。
冷徹な見方をしてしまえば、やや時代が下った「文禄3年の蒲生氏高目録」では「富田村630石余り」との生産高が記されているように、その当時においては多数の人口を維持できたかどうかについては疑問の余地もありそうです。
その多くは「平地や低丘陵に所在した有力階層の家屋敷のようなもの」として捉えるべきなのかもしれません。
それでもこうした「魅力的な物語としての歴史が伝わっている」という事情に感動を覚えます。

拍手[1回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass